Dr.ユバル・ホルミスダス

(33コメント)  
最終更新日時:

【キャラ一覧(無印 / AIR / STAR / AMAZON)】【スキル一覧】【マップ一覧
※AMAZONから、スキルのGRADE UPによる数値の変化量が途中で変わるケースが出ています。


Illustrator:雅(まさ)

名前Dr.ユバル・ホルミスダス
年齢年齢不詳
職業メタヴァース創世期の開発者にして
ファクトリーを統治する『三賢者』の1人

メタヴァースの礎を築いたファクトリーの科学者の一人。
三賢者Dr.ユバル / Dr.メト
メタヴァースのさらなる発展のため、欲望の赴くままに研究へと没頭していく。
スキル
RANKスキル
1ボーダーエッジ・AAA
5ボーダージャッジ・S
10ボーダージャッジ・SS
15ボーダージャッジ・SSS
25限界突破の証

  • ボーダーエッジ・AAA [TECHNICAL]
    • 特にデメリットもなく、終了時ボーナスのためダメージの影響を受けないが、ゲージ5本が限度。
GRADE効果
初期値ランクAAA以上達成でゲーム終了時に
ボーナス +30000
+1〃 +30500
+2〃 +31000
理論値:90000(5本+10000/22k)[初期値]
理論値:90500(5本+10500/22k)[+1]
理論値:91000(5本+11000/22k)[+2]
所有キャラ【 ジェミニ・α / 断絶の破壊神 / Dr.ユバル(全員1) 】

  • ボーダージャッジ・S [ABSOLUTE]
    • 効果としてはゲージブースト+7の理論値より上。ダメージの影響を受けないこともあり実際の使用感としては更に上と見ていいかもしれない。理論値近くで6本。
      しかしS達成できるならばジャッジメントで死ぬこともそう無く、またATTACKでも終了に近づくのでリスクが高い。
    • MASTER譜面解禁の際に利用すると、完走=解禁、強制終了=解禁できないとなって分かりやすいので便利。
    • AMAZONで追加されたフィールドインフォの「ボーダー/S」を使うと、強制終了までのスコア猶予を確認しながらプレイできる(SS・SSSも同様)。
    • AMAZONで[HARD]から変更された。
GRADE効果
初期値ランクS以上達成でゲーム終了時に
ボーナス +45000

達成不能になった時、強制終了
+1〃 +45500
+2〃 +46000
理論値:105000(6本+3000/24k)[初期値]
理論値:105500(6本+3500/24k)[+1]
理論値:106000(6本+4000/24k)[+2]
所有キャラ【 ジェミニ・α / 断絶の破壊神 / Dr.ユバル(全員5) 】

  • ボーダージャッジ・SS [ABSOLUTE]
    • SSを取らなければならない割には、理論値近くで7本。
      あえて使うならばスコアアタック用。
GRADE効果
初期値ランクSS以上達成でゲーム終了時に
ボーナス+68000

達成不能になった時、強制終了
+1〃 +68500
+2〃 +69000
理論値:128000(7本+2000/26k)[初期値]
理論値:128500(7本+2500/26k)[+1]
理論値:129000(7本+3000/26k)[+2]
所有キャラ【 ジェミニ・α / 断絶の破壊神 / Dr.ユバル(全員10) 】

  • ボーダージャッジ・SSS [ABSOLUTE]
    • SSSを要求され、理論値近くで8本。
      SSSを取っているのであれば、かなり高い精度のプレーをしている事になるため、大体の場合には7本止まりにはならない。
      AIRになってから評価が上昇したスキルのひとつ。
GRADE効果
初期値ランクSSS以上達成でゲーム終了時に
ボーナス+93000

達成不能になった時、強制終了
+1〃 +93500
+2〃 +94000
理論値:153000(8本+1000/28k)[初期値]
理論値:153500(8本+1500/28k)[+1]
理論値:154000(8本+2000/28k)[+2]
所有キャラ【 ジェミニ・α / 断絶の破壊神 / Dr.ユバル(全員15) 】

    • 他のスキルがまともに揃っていない、あるいは育っていない、という人であれば、それぞれのスキルをゲージブーストジャッジメントなどの代用として使うこともできる。
各スキルのPLUSまでの旧仕様
AIRバージョンから、各スキルのボーナス量が上昇した。また、所有者が通常マップに増えたことにより、常時入手可能になった。
スキル効果
ボーダーエッジ・AAAランクAAA以上達成でゲーム終了時にボーナス+22500
ボーダージャッジ・SランクS以上達成でゲーム終了時にボーナス +32500
達成不能になった時、強制終了
ボーダージャッジ・SSランクSS以上達成でゲーム終了時にボーナス +55500
達成不能になった時、強制終了
ボーダージャッジ・SSSランクSSS以上達成でゲーム終了時にボーナス +75000
達成不能になった時、強制終了
ランクテーブル
12345
スキルEp.1Ep.2Ep.3スキル
678910
Ep.4Ep.5Ep.6Ep.7スキル
1112131415
Ep.8Ep.9Ep.10Ep.11スキル
1617181920
 
2122232425
スキル
STORY
EPISODE1 メタヴァースの創造者「吾輩の名前はDr.ユバル。メタヴァースを創造した偉大なるファクトリーの科学者の1人じゃ」
 電脳の楽園メタヴァース。
 人類の揺り籠たるこの世界は、その昔、ある企業が生み出した電子インフラに発祥を求めることができる。

 後にメタヴァース黎明期と呼ばれる時代、『K.H.D』という企業が画期的な電子インフラを発表した。

 やがてK.H.Dは大小様々な企業を吸収合併し、巨大な複合企業と成長する。

 K.H.Dには世界中から優秀な研究者や技術者が集められるようになっていた。
 その後ファクトリーを統治する『三賢者』と呼ばれる『Dr.ユバル・ホルミスダス』もまた、最初はK.H.Dで働くエンジニアの1人であった。

 そしてK.H.Dの発展と共に、彼らの生み出す電子インフラは世界を覆い尽くし、世界を一つにまとめ上げる。
 人々の生活は各地に建造された管理AIにより支えられるようになっていった。

 度重なる戦争、改善のみられない環境汚染……。
 絶望が滅びの扉を叩いたとき、未来の管理者は、もはや人ではないと人類は判断する。
 彼らは各地に建造された管理AIに頼る以外の、未来を選択する余地がなかったのである。
EPISODE2 セカンド・ルネッサンス「まだ人類が物理的肉体を所持していた頃、吾輩たちは救済を求め、一番最初にメタヴァースに入植した」
 人類は進退窮まっていた。長年に渡る環境汚染は、もはや地上での生物の生存を困難にしており、食糧難や生存区域確保による武力闘争が各地で勃発している。

 人類には一刻も早い救済が求められていた。そこで立ち上がったのが今や国家を超越した力を持つ超巨大複合企業となっていた『K.H.D』である。

 もとよりK.H.D傘下の研究者たちは、近いうちに発生するであろうカタストロフィを前に、人間という種をより強い存在へと昇華するための手段を模索していた。

 そして研究の結果、彼らは人類の生存区域を地上ではなく電脳世界に求める発想に思い至る。

 人間を加速空間で理想的な形態まで進化させるため、電脳世界『メタヴァース』に移植する。
 その間、汚染された環境は、管理AIを中心とした機械によって清浄なものに清められ、再び人類が生存できる状態になった時に、人々を電脳世界から地上へと戻すという『メタヴァースプロジェクト』。
 これは機械による人間の救済であった。

 肉体を捨て、電脳世界の住人となるというプロジェクトには、当然ながら世界中から賛否両論が集まる。

 だが、人類に残された選択肢はあまりにも少なかったことと、一番最初の入植者に選ばれたK.H.Dの技術者たちが、見事にメタヴァースの環境に適応したことなどから、メタヴァースプロジェクトは世界中で承認され、大規模な入植運動が起こるようになる。

 そして一番最初に入植したK.H.Dの技術者たちは3人の天才科学者を中心にメタヴァースの開発、改善、運営を目的とした組織『ファクトリー』を設立。
設立者の『Dr.ユバル・ホルミスダス』
『Dr.メト・バサナテル』『Dr.テオ・メルキオル』
は『三賢者』と呼ばれ、メタヴァースとファクトリーの発展に尽力したのだった。
EPISODE3 拡張し続ける世界「機械による人類救済は正しかった。世界は拡張し続ける。ファクトリーの権威が失墜しようが関係ない」
 ファクトリーはメタヴァース最初期こそは、電脳の楽園の開発者として、威厳と権威を保っていた。
 ところが、人類を襲った大災厄を境に、ファクトリーはメタヴァースを管理するシステムであるメインフレームに恭順し、微妙なバランスを保ちつつ共生を続けていくこととなる。

 そして幾多の改修を続け、超自然システムエミュレーターの運用代行者から、遂にはメタヴァースに君臨する人工の神となったエクレール。彼の次に世界の統制主となったティフォンの時代には、もはやファクトリーはメインフレームの下位の存在という位置づけになっていた。

 だが、ファクトリーに所属している科学者や技術者たちは、もとより権威といったものに対して興味の薄い人間ばかりで、己の研究に埋没できる環境が整っていれば、それで問題はないとする者たちばかりであった。

 特に三賢者の1人であるユバルは、そういった思想の代表者であり、彼にとって己の欲望のままに多大のリソースを費やす研究が許されているメタヴァースは、文字通り楽園であった。
 ユバルは日々、電脳空間に新世界を構築し、破壊するといった児戯とも思えるような研究に没頭する。

 「エキサイティングッ!! この感動ッ!! 生身では到底得られなかったものじゃよッ!!」

 ティフォンはファクトリーをメインフレームの下に位置付けたが、その自由は認めていた。
 また『進化』という可能性に囚われていたティフォンはありとあらゆる手段で世界を構築し開拓していくため、ファクトリーの実験を奨励する立場をとっていた。

 こうして電脳の楽園では、世界が爆発的に拡張し続けたのであった。
EPISODE4 討たれし王・ティフォン「世界が拡張し続ける中、ティフォンが討たれる事態が発生。またネメシスの攻撃も日に日に増していった」
 進化の可能性を求めるティフォン率いるメインフレーム、そしてファクトリーの手によって繰り広げられる実験の数々。
 それは当初の目的を喪失しそうなほど長きに渡り、その結果、メタヴァースの中には星の数ほどの多種多様な世界が構築されていった。

 如何に神と言えど、爆発的に増殖を続ける世界を完全に管理するのは難しく、必然的にメインフレームはファクトリーにも世界の管理を委託することになった。

 こうしてファクトリーは、メインフレームとは別の独立した支配領域を持つ組織としての色合いを濃くしていく。

 ファクトリーは相変わらず権力には疎かったが、絶好の実験場であるメタヴァースでの支配権が強まることは彼らにとって好都合であった。
 また彼らの知識欲は止まることがなかったため、メインフレームの技術に追いつこうと、様々なプログラムアバターの開発に着手していった。特にユバルはティフォンと同じく、人道に反した人体実験も、喜々として執り行っていた。

 「ははははッ! 吾輩にさらなる実験をッ!! 何をためらうことがあろう!? これは神たるメインフレームが赦した偉業なのじゃよ!」

 ユバルと同じ三賢者であるテオは、ユバルの行いに強い不快感と危機感を持っていたが、皮肉なことにユバルの実験は大きな成果を上げ、結果、数多の防衛BOTや探索BOTが生まれ、よりメタヴァース内の世界の統治をスムーズにさせていったのである。

 こうしてある意味、蜜月関係を続けることで、メタヴァースを繁栄させていったファクトリーとメインフレームであったが、事態は思わぬ方向に転がっていく。

 なんとメインフレームの統制主であるティフォンが、自身が開発したプログラムに倒されるという異常事態が発生したのである。

 ティフォンが神去ったことにより、メインフレームは多大なリソースと能力を喪うこととなった。弱体化したメインフレームには、もはや広大なメタヴァースの全てを統治するだけの力はない。
 そのためメインフレームは管理領域を大幅に縮小するという対応を取るが、こうして世界には管理者を失った場所が生まれることとなった。
 よってメインフレームの管理が及ばぬ範囲のカバーは、ファクトリーが担当することとなったが、神々であるメインフレームと比べると、その管理は残念ながら適切とは言い難いものだった。
 こうしてメタヴァースは、緩やかに滅びへと向かっていくこととなる。

 またティフォン喪失によるメインフレーム弱体化という危機に加え、メタヴァースを憎悪し、滅ぼさんとする悪性アバター『ネメシス』の台頭が、世界に大きな影をもたらすようになっていた。

 もはやメタヴァースは人類が無垢な赤子の如く、安寧を享受できる世界ではない。
 ファクトリーとメインフレームは、より強固に連携しつつ、世界の危機に対処する必要に迫られた。
EPISODE5 全天21星の創造「対ネメシスに向け、吾輩たちはMDAタイプという素晴らしいプログラムの開発に成功したのじゃ!」
 メタヴァースを襲う闇の軍勢ネメシス。ネメシスは数こそ多くはないが、一体一体の力は凄まじく、彼らの手によって幾つもの世界が破壊され、混沌へと飲まれていった。

 ネメシスによる被害は増加の一途を辿り、メインフレームとファクトリーは、早急にネメシスへの対抗手段を求められるようになる。
 そこでメインフレームはファクトリーに、自分たちが所持している超高度技術情報を開示することにした。
 その中には、かつてティフォンが行った『人とプログラムの融合実験』という禁忌の研究の一部までもが含まれていた。

 数多の実験を繰り返してきたユバルだったが、この研究内容には興奮を隠しきれない。

 「素晴らしいッ!! MIRシリーズ!! 人間を素体とすることで、従来なかった『進化と不確定性』という部分を作り上げたのじゃなッ!! 流石はかつてのメタヴァース統制主ティフォン!! 実に見事な発想の転換じゃッ!!」
 「……でも、素体となる人間に高い適合率がないと、この結果はあり得ない……。メインフレームから開示された情報には適合率部分の情報がない状態よ。どうすれば適合率を高められるのかが分からないわ」
 「ならば、成功するまで実験を続ければよいじゃろう。いつかは自然と適合率の高い素体に巡り合う」
 「正気? それなりの実験結果を導くためには、少なく見積もっても数万回の実験は必要だよ?」
 「そんな……」

 ユバルとメトの冷徹な言葉を聞いたテオの顔色は真っ青になる。

 「……ユバル! メト! 実験の失敗は、被験者の死を意味しているのよ!? それなのに、そんな恐ろしい人体実験を何万回と繰り返していくつもりなの!?」

 テオの悲痛な叫びはユバルには届かず、メトはユバルの思想に顔をしかめつつも賛同する。

 「当然じゃ。科学とは何万回、何億回という失敗を繰り返しながら、一歩ずつ歩みを進めていくもの……。テオ、お主も科学者であれば、そんな簡単なことぐらい分かっておるだろうに」
 「……でも」
 「……ねえ、テオ? 確かにこれから僕たちは、何万人という人の命を消費するかもしれない。でもこのまま僕たちが対ネメシスプログラムを開発できなかったら、世界が……メタヴァースが滅んでしまう可能性が高い、そうなったら全ての人間が犠牲になってしまうんだ」
 「……」
 「ならば、吾輩たちの所業は必要悪……世界を救済するための実験なのだよ」
 「……実験が必要なことぐらい分かっているわ。でも『必要悪』だなんて心地よい麻酔薬で、私は自分の心を麻痺させたりなんて決してしないッ!」

 そう叫ぶとテオは、ミーティングルームから飛び出していった。激昂したテオの姿をユバルは呆れながら見送り、メトは憐みを帯びた瞳をしていた。

 「……テオはいつまでたっても、人間臭いっていうか、青臭さが抜けないよね……今の僕たちは、もう生身の頃とは全く異なった存在になっているっていうのにさ……実験では『自分は機械だ』って思った方が楽になれるのに……そうしない。できないんだよね。彼女は……あれはとても辛い生き方だよ」
 「ともあれ、これで三賢者としての結論は出たのう。メタヴァースの危機を救うような、強く美しいプログラムの開発を進めようではないかッ!」

 こうして始まった人とプログラムの融合実験。それにより、当初の予想より遥かに多くの被験者の命が失われていった。だが、その失敗を乗り越え三賢者たちは遂に『MDAシリーズ』の開発に成功する。

 MDAシリーズは今までのBOTタイプとは異なり、人と全く同じメンタルモデル持つと同時にメインフレームアバターの特徴を兼ね備えた、強く美しいアバターであった。
 MIRシリーズのような融合体ではないものの、それらを作り上げたことは実験の確実な進歩であり、ユバルの狂気はさらに加速していった。

 「素晴らしい……諸君ら『MDAシリーズ』はこの混迷極まる闇の時代を明るく照らす夜空の星じゃッ!!」

 こうして天に輝く星々の名を与えられたMDAシリーズは、目覚ましい活躍を遂げ、ネメシスの脅威から多くの世界と人々の命を救うこととなったのである。
EPISODE6 禁断の技術の申し子「ネメシスの猛威は激化した。そこで吾輩たちはプログラムと人間とネメシスとの混合体を制作する」
 MDAシリーズはまさに夜空の綺羅星の如き活躍でネメシスを撃破していった。

 一時はこれでメタヴァースに再び平和が訪れるのではないかと期待されたが、ネメシスの闇は星の輝きを飲み込むほどに深いものだった。

 MDAシリーズの活躍を遥かに上回り、ネメシスは世界に破壊と混沌をばらまいていった。特に『混沌の器』と呼ばれる強大な王たちが軍勢を率いるようになってからのネメシスの勢いは凄まじかった。

 ファクトリーとメインフレームは協調し、己の管理領域で生きる人々を救おうとしたが、日に日に戦況は悪くなっていく一方である。

 そんな最中、ファクトリーの三賢者はとても興味深いネメシスアバターのデータを受け取った。それは人がネメシスへと侵食され変化したものだった。

 ファクトリーの最高傑作の一つである『MDA-01【シリウス】』が持ち帰った『シュープリス』と呼ばれるネメシスのデータ。そのデータを見た瞬間ユバルの脳髄に電撃が走った。

 「……これじゃよ! これが我らに足りぬ最後のピースなのじゃ!」

 シュープリスのデータは、戦闘により大部分が破壊されており、正常な箇所は断片的でしかなかったが、ユバルはなんとかそれを解析し、MDAシリーズに組み込むことに挑戦した。

 その結果生まれた『MDA-21【レグルス】』。彼女はメインフレームプログラム、人間の断片情報、ネメシスの情報を併せ持った混合体のプログラム……。いわばMIRシリーズに最も近い存在だった。
 レグルスは稼働初期こそ、ネメシスの破壊衝動による暴走を起こしたが、安定してからの活躍は目覚ましく、強敵との戦闘を重ねることで、人間のように成長することができるプログラムであった。

 「……プログラム、人間、そしてネメシス……これらが三位一体となれば、吾輩たちでも神の領域に突入することができる……かの『MIRシリーズ』を吾輩たちの手で生み出す時が来たのじゃッ!」
EPISODE7 新たな翼を創造せよ「ある時メインフレームとの接続が断絶。吾輩たちはネメシス領域を探索可能な存在の開発を迫られた」
 プログラムと人とネメシス。これらの要素を混合させた防衛BOTレグルスの開発成功を皮切りに、ファクトリーは次世代のMDAシリーズを次々に生み出していった。
 そしてファクトリーの守りは堅牢なものになり、ひと時の安定をもたらした。だが……。

 「……なぜじゃ? なぜ、MIRシリーズのような『進化』するプログラムを作り出すことができん!?」

 ユバルを始め、ファクトリーの科学者たちは、いくらMDAシリーズを製造し、改良しても、MIRシリーズに匹敵するスペックのプログラムを生み出すことはできなかった。
 また、MDAシリーズによってファクトリー管理領域の防御体制が確立されたことにより、テオは必要以外の人体実験停止を主張し、メトもこれに賛同する。三賢者の2人に真っ向から対立されては、いかにユバルと言えども大っぴらに実験を続けることはできない。

 『進化』するプログラム開発は、このままストップするのかと思われた矢先、大事件が起こった。なんと、ネメシスが軍を率いてメタヴァースに大規模侵攻をした結果、メインフレームとファクトリーの領域が断絶されてしまったのである。

 三賢者はMDAシリーズを全機投入することで、何とかファクトリーを襲撃したネメシスを撃破。しかし、その際にネメシスたちが、自分たちの想定よりも遥かに早く『進化』していることに気がつく。

 「……既存のMDAシリーズでは、これから始まるであろうネメシスとの戦いに堪えられないかもしれないね、残念だけど……」
 「であれば、実験を再開するしかあるまい?」

 ユバルとメトの言葉にテオも渋々頷く。

 「……そうね。今、最も重要なのはネメシスと互角に渡り合える戦力の確保。それに断然してしまったメインフレームとの再接続……これは既存のMDAシリーズでは対応しきれないわ」

 テオの言葉を聞いて、ユバルはにんまりと笑う。

 「そうだとも! メインフレームと再接続する転送ゲートに辿り着くためには、ネメシスが支配する領域を越えていかねばならんのじゃ! そのために必要なのは、強力な戦闘能力と、探査能力! そして不測の事態に対応し『進化』するプログラムなのじゃ!」
EPISODE8 ES計画始動「MIRシリーズを再現するため、2人の姉妹が選ばれた。世界を救うためじゃ……犠牲は仕方がない」
 メインフレームとの再接続するためファクトリーはES計画(Explorer survive)を立ち上げ、いよいよ本格的な実験を開始した。

 求められているのは凶悪なネメシスが支配する領域を越え、メインフレームに通じる転送ゲートを探索し、不測の事態でも『進化』という機能を使うことにより、乗り越えることができるであろうプログラム……。かつてのMIRシリーズと同等のスペックを持った自立型探索プログラムである。

 だが、今まで多くのMDAシリーズを生み出してきた三賢者であっても、MIRシリーズのようなプログラムの開発には困難を極めた。

 そもそもMIRシリーズの設計図や情報の全てがメインフレームによって与えられていたわけではない。むしろこのシリーズは、なぜか他シリーズと比べ、存在自体を隠そうとされていた節がある。

 よってファクトリーはレグルス製造時の知識を流用し、ネメシス由来のユニットを融合体ベースとしたのだ。そうなると最も重要になってくるのは、被験者の素養である。ファクトリーは高い適応性や破壊衝動、苦痛に耐えれる強い精神力を有したものを被験者として選ぶ必要があった。
 なぜならば、今回の実験はおそらく何度も同じ被験者にトライ&エラーを繰り返す必要があるからだ。
 実験では、身体改造負荷による身体データの消失だけではなく、精神汚染などの危険性も考えられた。それらの厳しい実験に耐えられる、強い自我と、高いネメシス適合率を持つ人材をファクトリーは残された人間の中から探し求めた。

 その結果、選出されたのはなんとまだ幼い姉妹だった。無垢で儚い少女たちにこれからする実験の数々を想像して、テオは思わず決意が揺れた。

 「……ユバル。せめて一定以上の年齢に達した者から被験者を選んだ方がいいんじゃないかしら?」
 「年齢は関係ない。必要なのは適合率じゃよ。……それに彼女らが幼いからと言って、実験を止めるというのは偽善というものじゃ」
 「……」

 『人類救済』という大義名分を得ていた今のユバルに、道徳や倫理といったものは消えうせていた。

 ユバルは一切の躊躇はなく、何も知らない少女たちにプログラムとの融合実験を行っていった。

 最初の頃は苦痛に泣き叫んでいた少女たちだったが、いくら泣いても助けてもらえないのだと理解すると、すぐに感情を失い、呻くだけになっていった。
 少女たちはなぜ、このような実験に自分たちが選ばれたのか? なぜ戦わなくてはならないのか?
 その答えを見出せぬまま、ただ地獄のような実験に耐えざるを得なかったのである。
EPISODE9 試作型探査プログラム「幾度もの実験の果てに生み出されたXESとXGNの仕上がりは上々じゃ。本人たちは不満のようだが」
 ES計画に選ばれた少女たちを待っていたのは壮絶な実験の日々だった。
 本来の身体を切り刻まれ、分解され、組み替えられ、脳には新たに自分以外の『誰か』の人格がインストールされる。

 いっそ狂ってしまえれば幸せだったのかもしれないが、『強い自我を保つ』ということが実験成功の必要条件の1つだったため、少女たちは、どんなに苦痛を与えられても意識だけは失わないように、投薬調整されているのだった。

 そんな血も涙も凍るような実験の果てに、遂に誕生したのが
『XES-72【ディアナ・プリメーラ】』
『XGN-72【ルナ・ノーヴァ】』だ。

 彼女らは間違いなく、かつてのMIRシリーズの『進化』という能力を継承した自立探索型プログラムであり、人の手によって生み出された神の翼だった。

 最高傑作ともいえるプログラムを生み出したユバルは歓喜に震えた。

 「素晴らしい……ッ!! 吾輩は遂に神の御業を手にしたのだッ!!」

 他の三賢者であるメトと、実験に積極的な態度を見せていなかったテオですらディアナとルナの誕生には深く感じ入っているようだった。

 「凄いね! これでメインフレームとの再接続座標を掴めるよ!」
 「ええ……そうすれば、ネメシスの脅威から解放され、再びメタヴァースを平穏な世界に導けるんだわ」

 ……だが、いくら周囲が希望に胸を膨らませていても、当のディアナとルナは、少しも明るい表情をしようとはしなかった。どうやら彼女らは、未だに肉体を持っていた頃の記憶に縛られているようだった。

 「……どうしたのじゃ娘たちよ? 君たちは今や人類の希望へと姿を変えたのじゃ……人間として生活していた頃の記憶なぞ夢幻のようなもの。なんの価値もない。さっさと忘れ、メインフレームを目指すのじゃ」
 「……」

 今やディアナとルナの支配権は制作者であるユバルたちにある。よってユバルの人の心を踏みにじる言葉にも、姉妹はただ睨み付けることしかできなかった。
EPISODE10 強襲・ヴェルゼビュート「前哨基地で、吾輩は突如ヴェルゼビュートに襲われ重傷を負った。仕方がないがファクトリーに戻ろう」
 ディアナとルナの誕生で、ES計画はいよいよ佳境に入る。
 ユバルは姉妹の調整をテオとメトに任せ、自らはネメシス領域内に存在するネメシス鹵獲用の前哨基地に移動し、姉妹の力をより増強させるためのネメシスの研究を担当することになった。

 ところが、ディアナとルナの調整が完全に仕上がる前に、遂にファクトリーのリソースが限界を迎えてしまう。

 もはや一刻の猶予も許されなくなったファクトリーは不完全な状態のディアナとルナにメインフレームとの再接続を託すしかなかった。

 そして、テオとメトによって送り出されたディアナとルナは、前哨基地でユバルと合流し、必要な情報を共有されている最中に、謎のネメシスの襲撃を受ける。

 『ヴェルゼビュート』と名乗った青白い女ネメシスは、MDAシリーズの最新機である『アルドラ』たちを赤子の手をひねるように簡単に破壊し、またユバルにも致命的なダメージを与えると、その場から撤退していった。

 「ぐっ……! これは……『アストラルコピー』まで破損が及んだか!? ……仕方があるまい……」

 『アストラルコピー』とは心と記憶を司る記憶媒体であり、『魂』と言い換えることができるだろう。
 メタヴァース移植以来、自らのボディの改造を続けていった三賢者だが、アストラルコピーだけは改造や代用が効くものではなく、入植当時のものを使用していた。アストラルコピーの破損は、即ち『完全な死』を意味している。

 ユバルは自身のアストラルコピーをファクトリーに退避させ、ディアナとルナには引き続きネメシス領域の探索を続けるように指示したのだった。
EPISODE11 迫るネメシス軍の脅威「吾輩がファクトリーに戻ってすぐにテスタメント率いるネメシスの大軍が襲ってくる。これはまずいの」
 ユバルはヴェルゼビュートの攻撃によって、それまでのボディを失い、アストラルコピーも傷つけられた。だがそれでも何とかアストラルコピーだけは退避に成功し、無事にファクトリーに戻ることができた。

 新たなボディにアルストラルコピーを移し、ユバルは溜息をつく。

 「やれやれ……とんだ目に遭ったわい……完全な復活とはいかんが、ネメシスの王『混沌の器』を前に最小限の被害で済んだというべきかのう……」

 そう喜んでいたのもつかの間、ファクトリーにけたたましい緊急警報が鳴り響く。

 「何事じゃ!?」
 「モニター、出して!」
 「なぁっ!? こ、これはっ!!」

 モニターに映し出されたものを見て、三賢者は顔の色を失った。彼らの反応は至極真っ当である。
 そこにはネメシスの王『混沌の器』が一器『終焉の奏者テスタメント』の姿が映し出されていたからだ。

 「……さあ、ちっぽけな羽虫の皆さん。あたしと遊んでちょうだいな?」

 テスタメントはヴェルゼビュートやアレウスに匹敵する戦闘能力を有している王の一人。それに対して、ファクトリーの勢力はあまりにも儚いものだ。
 頼みのMDAシリーズも、先の前哨基地での戦闘を考えれば大した時間稼ぎにもならないだろう。

 テオとメト、そして自身の修復すらままならない状態のユバルは、窮地に立たされる。

 メタヴァースを生み出し、最初に電脳の楽園の住人となったファクトリー。その歴史と輝かしい栄光はもはや風前の灯火であった。



コメント(33)
Twitter

コメント

  • チュウニズムな名無し No.103726007 2019/02/25 (月) 21:46 通報
    ワイズマンさん過労死しない?大丈夫?????
    2
  • チュウニズムな名無し No.103725413 2019/02/25 (月) 19:04 通報
    元気な爺さんだなあ
    0
  • チュウニズムな名無し No.103722902 2019/02/24 (日) 22:13 通報
    ストーリー「三賢者」
    俺「……ワイズマン?」
    返信数 (2)
    3
    • × チュウニズムな名無し No.103725559 2019/02/25 (月) 19:50 通報
      ワイズマン「ネメシスの襲撃とか諸々多忙過ぎて過労死しそうだから体が3つくらい欲しい」
      9
      • × チュウニズムな名無し No.103727472 2019/02/26 (火) 11:51 通報
        スペックからして3人になること自体は容易そうだけどその分弱体化しそう
        2
  • チュウニズムな名無し No.103722705 2019/02/24 (日) 21:04 通報
    ありそうで無かった露骨なマッドサイエンティストのキャラ
    2
  • チュウニズムな名無し No.103722608 2019/02/24 (日) 20:32 通報
    wikiかじりの知識で申し訳ないけど
    ホルミスダス、バサナテル、メルキオルもキリストが生まれた時にやってきた3人の賢者(東方の三博士)が由来みたい
    返信数 (2)
    1
    • × チュウニズムな名無し No.103722749 2019/02/24 (日) 21:23 通報
      実はチュウニの世界設定やキャラって全般的にそういうちょっと由来を掘るとなるほどなーって思う部分が凄く細かい
      6
    • × チュウニズムな名無し No.103724126 2019/02/25 (月) 11:32 通報
      つまりあと二人は変態が出てくるわけか
      2
  • チュウニズムな名無し No.103722442 2019/02/24 (日) 19:30 通報
    めっちゃ敵サイドっぽい見た目だなーって思って公式サイト見たら味方側やんけ!って思ってストーリー見たら悪いやつだった
    返信数 (1)
    1
    • × チュウニズムな名無し No.103765636 2019/03/09 (土) 13:55 通報
      そもそもネメシスとメインフレームのどちらを味方と見るかは人によって異なるでしょ
      3
  • チュウニズムな名無し No.103719626 2019/02/23 (土) 21:09 通報
    歯抜けが気になる
    0
  • チュウニズムな名無し No.103718985 2019/02/23 (土) 17:36 通報
    あれなの?AMAZONのSTORYは闇深い方向で行くの?
    返信数 (1)
    2
    • × チュウニズムな名無し No.103718989 2019/02/23 (土) 17:37 通報
      そりゃあ樹海だから真っ暗よ
      75
  • チュウニズムな名無し No.103717708 2019/02/23 (土) 07:56 通報
    このクソジジイ難儀なことにボーダー鳥持ってるから15まで育てざるを得ないんだよなぁ
    3
  • チュウニズムな名無し No.103717157 2019/02/23 (土) 00:53 通報
    髪型どうなってるの……?
    1

削除すると元に戻すことは出来ません。
よろしいですか?

今後表示しない

名前
コメント(必須)
(300文字まで)

必ず「Gamerch ガイドライン」をご覧の上、書き込みをお願いします。
画像
sage機能

対象コメント

選択項目

詳細

※上記の内容はWiki管理者へ通報されます。

通報完了

通報内容を送信しました

エラー

エラーが発生しました

削除しました。
 このWikiに関するツイート  閉じる
1件の新しいツイートがあります
  • 関連するツイートはありません
 古いTweetをもっと見る   閉じる

このページをシェアしよう!

メニュー  

基本メニュー

設置店舗 (50コメ)

イベント等

お知らせ
4/11AMAZON PLUS (135コメ)
4/25楽曲追加 (7コメ)
5/9楽曲追加 (10コメ)
東方コラボ
天空璋 (52コメ)
紅魔郷 (283コメ)
妖々夢 (657コメ)
永夜抄 (296コメ)
Extra (141コメ)
風神録 (83コメ)
Extra2 (56コメ)
地霊殿 (50コメ)
祝祭神デュエル (10コメ)
ファームガチャ (10コメ)
5/23楽曲追加 (3コメ)
Arcaeaコラボ (72コメ) 
ロシェの冒険復刻 (21コメ)
天獄と魔縁クエスト (3コメ)


開催中
6/5 まで
デュエル「慈悲と蒼炎の神」 (10コメ)
ガチャ「わんぱくアニマルVSトリマー娘」 (10コメ)
6/19 まで
東方Projectコラボ
天空璋(新規) (52コメ)
紅魔郷(最終回) (283コメ)
妖々夢(最終回) (657コメ)
永夜抄(最終回) (296コメ)
Ex復刻 (141コメ)
風神録復刻 (83コメ)
Ex2復刻 (56コメ)
地霊殿復刻 (50コメ)
Arcaeaコラボ (72コメ) 
10/7 まで
シリアルコード(イロドリライブ'18) (87コメ) 
7/3 まで
クエスト「天獄と魔縁」 (3コメ)
7/10 まで
ロシェの冒険復刻 (21コメ)
期限不明(来年?)
シリアルコード(イロドリライブ'19) (87コメ) 

楽曲情報・攻略

楽曲一覧 (2コメ)
追加順 (3コメ)
定数順(11以上) (13コメ)
┗ Lv順
 ┗11以上
 ┗7~10+
 ┗6以下
配信終了 (16コメ)

WORLD’S END (1215コメ)
コースモード (422コメ)

譜面情報ランキング (14コメ)
ノーツが偏った譜面
譜面の長さ (10コメ)
課題曲
長さが偏った譜面 (5コメ)

キャラクター

 キャラ一覧 
無印 (4コメ)
AIR (103コメ)
STAR (23コメ)
AMAZON (6コメ)

 個別ページ ※AMAZONからのキャラ
ep.I ep.EX ep.II ep.III ep.IV イロドリミドリ 言ノ葉Project 特定条件(上記以外) コラボキャラ

スキル

スキル一覧 (87コメ)
期間限定スキル (7コメ) 
┗ 理論値比較
 ┗ ゲージ4~5本 (1コメ)
 ┗ ゲージ6本 (28コメ)
 ┗ ゲージ7本 (1コメ)
 ┗ ゲージ8~10本 (5コメ)
 ┗ 番外 (11コメ)
 ┗ 青天井 (8コメ)
 ┗ 未評価
類似スキル比較 (8コメ)
スキル評価
手間重視(AMAZON~)
性能重視 (139コメ)
性能重視(AMAZON~) (7コメ)
期間限定 (8コメ)
期間限定(AMAZON~)
スキル分類別

称号・マップ・その他

称号一覧 (523コメ)
曲別 (20コメ)
楽曲プレイ称号一覧 (1コメ)
マッチング称号一覧
進行度・他ゲーム連動称号一覧
新規取得不可称号一覧 (10コメ)

ネームプレート (74コメ)

マップ一覧
AMAZON / イロドリ / 言ノ葉 (11コメ)
STAR / ep.∞ (6コメ)
マップボーナス・限界突破 (197コメ) 

掲示板

外部リンク

チュウニズム公式サイト
▼ 譜面定数参考元
chunithmfanclub’s diary
▼ 譜面画像参考元
CHUNITHM譜面保管所

wikiメンバー

編集テンプレ スキルincludeリンク
キャラincludeリンク
イベントincludeリンク
wikiガイド

左サイドメニューの編集

サイト内ランキング
雑談 掲示板
Arcaeaコラボイベント
Grievous Lady
4 Fracture Ray
5 CHUNITHM AMAZON PLUS 楽曲一覧(Lv順)
6 対立
7 Axium Crisis
8
9 レーテー
10
goodランキング
Arcaeaの最多ノーツ数が更新されました!怒槌.. 98
いまだかつて譜面が逆走して喜ばれる曲があっ.. 83
はい、ガラクタはチュウニの曲です。 76
4 アーケアコラボと聞いて投げられる楽曲が親子.. 73
5 あまり強い言葉を遣うなよ。弱く見えるぞ。 63
6 はい、チュウニはガラクタの曲です 61
7 今回のアーケアチュウニズムコラボ、どちらも.. 55
8 五斤目→五人目パンじゃない…… 55
9 なんでArcaeaにいったのがガラクタドトール番.. 48
10 光の曲で闇のゲームしてる…… 47
もっと見る
最近の更新

2時間まえ

4時間まえ

5時間まえ

6時間まえ

新規作成

2019/05/26 (日) 00:40

2019/05/26 (日) 00:39

2019/05/24 (金) 10:57

2019/05/24 (金) 10:48

2019/05/24 (金) 10:30

2019/05/24 (金) 07:20

2019/05/24 (金) 01:50

2019/05/24 (金) 01:31

2019/05/24 (金) 01:26

2019/05/24 (金) 01:19

注目記事
【ポケスクSP】リセマラは必要?ガチャの仕組みを解説 ポケモンスクランブルSP攻略wiki
【風の大陸】職業おすすめランキング アッシュテイル攻略wiki
【アルペジオリバース】リセマラ当たりランキング 蒼き鋼のアルペジオ リバース攻略wiki
【最果てのバベル】リセマラ当たりランキング 最果てのバベル攻略wiki
【ポケモン剣盾】御三家ポケモンの一覧と最終進化の予想 ポケモン剣盾攻略wiki
ページ編集 トップへ
コメント 33