Dr.テオ・メルキオル

(29コメント)  
最終更新日時:

【キャラ一覧(無印 / AIR / STAR / AMAZON)】【スキル一覧】【マップ一覧
※AMAZONから、スキルのGRADE UPによる数値の変化量が途中で変わるケースが出ています。

通常エンジェライズ
Illustrator:repi

名前Dr.テオ・メルキオル
年齢年齢不詳
職業メタヴァース創世期の開発者にして
ファクトリーを統治する『三賢者』の1人
  • 2019年8月8日追加
  • AMAZON ep.VIマップ2(AMAZON PLUS時点で195マス/累計330マス)課題曲「暗晦にハイライト」クリアで入手。
  • 専用スキル「ジーニアスパーティー」を装備することで「テオ・メルキオル/エンジェライズ」へと名前とグラフィックが変化する。

メタヴァースの礎を築いたファクトリーの科学者の一人。
三賢者Dr.ユバル / Dr.メト / Dr.テオ
年若くして科学者となった彼女は、少女としての多感さゆえにファクトリーとしての役目に心を痛める。
もしかして:テオ
Dr.テオ・メルキオル」(CHUNITHM>Metaverse)
テオ」(VOCALOID楽曲)
スキル
RANKスキル
1時のしるし
5
10ジーニアスパーティー
15
25限界突破の証

  • 時のしるし [HARD]
    • 天使の笑顔のハイリスクハイリターン版と言えるスキルだが、ジャッジメントなどの方が6本はとりやすい。ただしこのスキルは、通常のゲージ上昇が無くなる分、MISSさえしなければATTACK多発でもゲージに影響はない。
    • ちなみに、勇気のしるし嘆きのしるしのように名前が~のしるしであるが、即死条件や効果はジャッジ系に近い。ノート数が多い譜面のほうが効果が大きいと思わないように。
    • STAR ep.IIIマップ2(AMAZON PLUS時点で累計100マス)とSTAR ep.VIIマップ4(AMAZON PLUS時点で累計490マス)完走に加え、AMAZON ep.IIIマップ1(AMAZON PLUS時点で125マス)とAMAZON ep.VIマップ2(AMAZON PLUS時点で累計330マス)クリアで所有者は揃う。
GRADE効果
共通ゲージが上昇しない
MISS判定30回で強制終了
初期値一定時間ごとに +1350
+1〃 +1400
+2〃 +1450
+3〃 +1500
+4〃 +1550
+5〃 +1600
+6〃 +1650
+7〃 +1700
+8〃 +1750
参考理論値:150500(7本+24500/26k)
[条件:Papyrus[難易度不問]]
参考理論値Ω:155750(8本+3750/26k)
[条件:なるがちゃんなぎにいよいよ
えれー目にあわされる話]
所有キャラ【 テルミット(1,5) / ワイズマン(1~10) / ディアナ(1,5) / Dr.テオ(1,5) 】
GRADE・ゲージ本数ごとの必要時間(発動回数)
  • 時間はメトロノームの1拍目が基準。1ノーツ目まで4秒以上ある場合は必要時間が増える。
  • 水色の部分は理論上WORLD'S ENDの特定譜面のみ可能。
  • 灰色の部分は到達不能。
  • 9本以上はGRADEを問わず到達不能。
GRADE4本5本6本7本8本
初期値1分30秒
(45回)
2分00秒
(60回)
2分32秒
(76回)
3分08秒
(94回)
3分46秒
(113回)
+11分26秒
(43回)
1分56秒
(58回)
2分26秒
(73回)
3分00秒
(90回)
3分38秒
(109回)
+21分24秒
(42回)
1分52秒
(56回)
2分22秒
(71回)
2分54秒
(87回)
3分30秒
(105回)
+31分20秒
(40回)
1分48秒
(54回)
2分16秒
(68回)
2分48秒
(84回)
3分24秒
(102回)
+41分18秒
(39回)
1分44秒
(52回)
2分12秒
(66回)
2分44秒
(82回)
3分18秒
(99回)
+51分16秒
(38回)
1分40秒
(50回)
2分08秒
(64回)
2分38秒
(79回)
3分10秒
(95回)
+61分14秒
(37回)
1分38秒
(49回)
2分04秒
(62回)
2分34秒
(77回)
3分06秒
(93回)
+71分12秒
(36回)
1分36秒
(48回)
2分00秒
(60回)
2分30秒
(75回)
3分00秒
(90回)
+81分10秒
(35回)
1分32秒
(46回)
1分58秒
(59回)
2分24秒
(72回)
2分54秒
(87回)

GRADE効果
共通ゲージ上昇UP (255%)
JUSTICE以下でカウント [-1]
MISS判定時さらにカウント [-9]
カウント[0]で強制終了
初期値(※初期カウント70)
+1(※初期カウント80)
低評価の許容量が複数段階に分かれるスキル
ゲージ上昇率が増加し、JUSTICE以下の許容量がカウント管理により複数段階に分かれているスキル。
スキル名上昇率
減点(J/A/M)
初期カウント
[ABSOLUTE]
アストラル・リベレイション+9255%
-1/-10/-10
145
FREQ-Vertex Blaze+1255%
-1/-5/-5
110
FREQ-Vertex Luminous+1255%
0/-1/-5
30
cherry blessing
~巡る恵みの物語~
260%
0/-1/-3
10
[CATASTROPHY]
天地創造+3355%
-1/-9/-9
10
ランクテーブル
12345
スキルEp.1Ep.2Ep.3スキル
678910
Ep.4Ep.5Ep.6Ep.7スキル
1112131415
Ep.8Ep.9Ep.10Ep.11スキル
1617181920
 
2122232425
スキル
STORY
EPISODE1 永遠の少女「肉体を捨てる……私はそうして時を超えてきた」
 人類のゆりかご、永久楽土メタヴァース。
 Dr.テオ・メルキオルは、メタヴァースの開発に従事していた科学者であり、メインフレームを補佐するファクトリーの一員である。

 地上からの第一次入植者としてメタヴァースに降りたった彼女は、ほどなく自身の肉体情報を捨てて新世界のプログラムとなった。
 自身のアストラルコピーすらアップデートすることで、一種の情報生命体として現在まで長い時を生きながらえた彼女は、やがてファクトリーの中でも『原初の者』と呼ばれるようになった。
 死と時間を超越したテオの人格は、すでに人間時代とは別人と言っていい。
 事実、彼女は自分自身の過去さえも外部バックアップとして利用し、すでに遠い他人の情報として扱っているほどである。

 肉体と人格、どちらも生まれ変わったテオだったが、ひとつだけ変わらないものがあった。
 それは元人間として、そして科学者として。
 人やプログラムといった表面的情報は関係ない。
 ただ、『心』を信じ続けること。
EPISODE2 原初の科学者、誕生の瞬間「メタヴァース第一次入植。作られた楽園に夢を見る人類の行く末はどこだろう」
 複合企業体『K.H.D』の育成施設で育った彼女は、幼齢ながらもいち科学者として大人たちと共に研究を行うほど、その類いまれなる知能を花開かせていく。
 しかし、知能と感情は決して正比例しなかった。
 大人たちと互角に弁論を繰り広げる一方で、少女らしい多感さも持ち合わせていたテオ。
 次第に自分が『普通の少女』ではないということに対してコンプレックスを持ち、仮想空間の中へ引きこもりがちになっていく。
 人目につくことを嫌った彼女は、ついには現実世界で姿を見せることを完全に拒否するようになった。

 だが、才能が枯れることはない。
 仮想空間内から現実世界へと次々に発表される研究や論文は、学会に大きな衝撃を与え続けていく。
 いつしかテオは、ネットワーク世界に住む天才科学者として、『K.H.D』内での語り草になっていくのだった。

 そんな中、メタヴァースへの人類入植計画がいよいよ始動することとなる。
 荒廃する地球と人類の保守が目的であるこの計画。
 開発に携わっていたテオは、ためらうことなく第一次入植者として志願した。
 すでに現実世界から自身の居場所を放棄していたテオにとっては、この計画は願ったり叶ったりの魅力的なものだったのだ。

 そして、テオは自らが手がけたプログラム世界の地に足をつける。
 これは、彼女が『原初の者』と呼ばれるまでの、はじまりの一歩であった。
EPISODE3 機械の神がもたらしたもの「目の前の光景が信じられない。これが私がやりたかったことなの?」
 メタヴァースへの第一次入植は無事成功した。

 『K.H.D』の科学者たちは、電脳世界に理想郷を造り出そうと日々研究を繰り返す。
 人類の未来に関して様々な議論が飛び交う中で、一際光る持論を繰り広げる、ひとりの科学者が発言力を獲得していく。
 その名は、テオ・メルキオル。
 メタヴァースに入植するにあたり、肉体を捨てて新たな存在を得たことで、彼女のコンプレックスは解消されていた。
 テオは、文字通り生まれ変わったことで、今まで以上にその頭脳をいかんなく発揮。
 そして、テオと同じく聡明な頭脳を持つ科学者であるユバル、メトと共に、『ファクトリー』内での地位を確固たるものにしていく。

 一方、現実世界では環境悪化が急速に加速していた。
 環境シミュレーションAIエクレールによる先導のもと、ファクトリーの科学者たちは地上環境の再生方法を模索するが、何度シミュレーションを繰り返してみても、『破滅』以外の結果は算出されなかった。
 なんとしてでも最悪の結末を回避したい科学者たちはとあるプロジェクトを発足させる。
 それは、全人類をメタヴァースへ入植させ、地上の保護・再生を目的とするものだった。

 デザインされた楽園での幸福な生活。地球が無人になることで、より自然な形で実現される環境の再生。
 ファクトリーの科学者たちは、このプロジェクトが全人類のためになると信じて疑わなかったが、誰もが迎合するわけではなく、地上人類はこれに反発した。
 入植計画を進めたいメタヴァース側と、それを拒否して地上に残った人々。
 双方の間に生まれた溝はあっという間に広がり、やがて人類同士が争う大規模な戦争へと発展するのだった。

 さらに情勢は激化する。
 覚醒したAIエクレールは、
『地球環境を再生するためには地上人類を一掃する必要がある』と判断。
 地上に配備されていた機動兵器群に、実行を指示してしまう。

 無力なファクトリーの科学者であるテオたちは、強大すぎるメインフレームの力によって蹂躙されていく人類の惨状を、ただただ眺め続けるしかなかった。
EPISODE4 怒れる炎は楽園を焼く「こんなはずじゃなかった……。だけど、私たちは前に進むしかない」
 メタヴァースの基幹機能に干渉することが可能な、完全なる管理AI群であるメインフレーム。
 プログラムの神となった彼らは、地上を掃討するにあたって圧倒的な力を振りかざした。
 その力を目の当たりにしたファクトリーの科学者たちは、すべなくメインフレームとその新たな管理者たる『最古』に恭順することを余儀なくされる。

 一方、神々によって命を刈り取られていく地上人類。
 わずかに生き残った者たちが、最後の抵抗を見せようとしていた。
 理不尽に、一方的に、虐殺を繰り返すメタヴァースへの怒り、憎しみ。
 それらの感情を詰め込んだ凶悪なウイルス、ティアマット。
 これをメタヴァースへ送りこみ、電脳世界もろとも破壊する作戦であった。

 地上人類の目論見通り、ティアマットは怒りの炎を燃え上がらせる。
 戦いに加わるもの、戦いを放棄するもの関係なく、無差別にプログラムを破壊し、メタヴァースを飲み込んでいく。

 かつては自身もそこにいた地上世界からの、思わぬ反撃。
 こうするしかなかったのかと、テオは自問自答する。
 自分たちは、あくまでも人類の未来のため、地球のためにプロジェクトを立ち上げたはずであった。

 その瞳にはティフォンに討たれ、砕け散るティアマットの姿が映る。
 地上からの思いに胸を痛めつつも、テオは自身の役目である人類の進化と地上の再生という理想を見つめ直す。
 そして、理想に必要不可欠である最古たちと共に歩み、旧人類と決別することを決めたのだった。
EPISODE5 ティアマットの子供たち「メインフレームの庇護がないと、私たちはこんなにも無力なのね……」
 のちに『大厄災』と呼ばれることとなる、メインフレームと旧人類の戦いは終わった。
 メインフレームは管理AI群という概念から進化し続け、人のような意思や感情を持つようになり、さながら人間社会に似た世界を作り出していた。
 その庇護下のもとでファクトリーはうまく立ち回り、安寧の日々が過ぎていく。

 ところが、メインフレームの王であるティフォンが討たれたことをきっかけに再び情勢は動き出す。
 絶対神であったティフォンを失い、組織が不安定になっている今、メインフレームは可能な限り世界の安定を守ることを最優先事項と判断。
 管理者のいない領域の一部をファクトリーに解放、同時に自身らの超高度技術も与えることで、ファクトリーにも領域保有と防衛の任を与えるようになる。

 メインフレームから提供された超高度技術を吸収したファクトリーの技術力は、爆発的速度で高まっていく。
 かつて人類を襲った地上との悲壮な決別を乗り越え、ファクトリーは再び平和な日常を取り戻し、進化と繁栄を続けていった。

 ――しかし、旧人類の憎しみは決して風化などしていなかったのだ。

 爆散したティアマットの欠片はメタヴァース世界の極地でひっそりと、だが確かに生き残っていた。
 その欠片はメインフレームらと同じように進化し、力を蓄え、ネメシスと呼ばれる悪性プログラムへと自己を変革させていく。
 ネメシスの行動理念は『メタヴァース世界の破壊』で統一され、メインフレームの殲滅、そしてネメシスの手による人類の地上再生を目的としていた。

 そして、その目的を完遂させるべくネメシスは牙を剥き、ついにその時がやってきた。
 群衆となって押し寄せるネメシスによる、メタヴァースへの大侵攻作戦。
 かつてのティアマットを凌ぐほどの強大な戦力は、メインフレームをも苦戦させ、戦いは熾烈を極めていく。
 ネメシスによる総攻撃はメタヴァース世界を大きく傷つけ、結果ファクトリーとメインフレームとの世界を繋ぐ領域が分断されてしまう。
 これは、ファクトリーがメインフレームからの協力を望めなくなってしまったことを意味する。
 ファクトリーにとって、安寧の日々が終わりを告げる合図であった。
EPISODE6 姉妹の帰還「ディアナ、ルナ……。多くの困難を乗り越えてきたのね……」
 分断された領域の中、孤立してしまったファクトリー。
 メインフレーム無しではネメシスに対抗する力を持たないファクトリーは、管理権を奪われた領域内からメインフレームとの連絡を取るための接続座標を探し出すことを急ぎ迫られることとなった。
 ネメシスの支配領域潜入にあたり、強力なネメシスとの単体戦闘に耐えうる戦闘タイプを開発するテオたち科学者は、ファクトリー内より適正素体を抜擢する。

 選ばれたのは二人の姉妹、ディアナとルナだった。
 メインフレーム製自立型探索プログラム『MIRタイプ』と同等の性能を搭載するため、メインフレームより享受されたプログラムデータを元に、科学者たちは姉妹へ改造を施していく。

 「こんな姿にしてしまって、ごめんなさい……。でも、もうファクトリーはあなたたちに頼るしかないの……」

 研究室で、カプセルの中に横たわる姉妹へ、テオは呟いた。
 改造を繰り返すたび、姉妹は肉体や思考といった人間性を失っていく。
 テオは、人体改造をすることに最後まで反対していたのだが、メインフレームの加護がないファクトリーは、丸腰のようなもの。それほどまでに追い詰められていたのだ。
 感情論だけでは事態が好転するはずがないことは、研究者であるテオもよく分かっていた。
 科学者である自分と、感情で揺れる自分。
 相反する思考は、深い罪悪感をテオに植え付けるのだった。

 ディアナとルナの姉妹は、幾多に渡る地獄のような人体改造を終え、今その任に就こうとしている。

 「ディアナ、ルナ……辛い旅になるかもしれないけど身体には気をつけてね……」

 その言葉にうなづいた姉妹は、ファクトリー最後の希望として、ネメシス領域へと旅立っていった。

 ……そして、姉妹を送り出して、幾日か過ぎた頃。
 ファクトリー内に鳴り響くけたたましいアラート音が最も危惧していた事態になったことを報せる。

 「テオ! 領域内にネメシスの侵入が確認された!」
 「分かってる! 私が迎撃に向かいます! メトはファクトリー内の指示をお願い!」

 テオは防衛BOTを携え、他の新世代MDAタイプと共に迎撃に向かう。
 だが、ファクトリー中枢から離れた中空に浮かぶ敵の姿を見て、一同は絶望の色を隠せなくなった。

 「あれは……テスタメント……ッ!」

 ネメシスを統治する七器の『器』。
 中でも際立った残虐性を持つことで知られる……終焉の奏者テスタメント、その姿であった。
 最悪の相手にテオは思わず怯むも、自らを奮い立たせるように声を張る。

 「ネメシスの器よ……! 今すぐここを立ち去りなさいッ!」

 当然、その言葉に応えることはなく、戦闘が始まってしまう。
 テオや戦闘型MDAタイプは必死に応戦するが、テスタメント率いるネメシスらとの戦力差は明らかであった。
 限界を超える力を引きだし応戦するMDAタイプたちだったが、テスタメントは鼻歌交じりで弄ぶ。
 次第に押されていくファクトリー陣営。誰の目にも、これ以上の攻撃は無意味だと分かった。
 そんな絶望感が漂う戦場で、テオの元にファクトリー中枢にいるメトからの通信が届く。

 メトから提案された作戦を聞いたテオは青ざめた。同時に、残された手はこれしかないということも理解した。
 これ以上の被害を防ぐためにファクトリーがとった苦渋の決断。
 それは、前線の防衛陣地を自爆させ、管理領域もろともネメシスを消しとばす。端的に言うと自爆作戦だった。

 ファクトリー中枢からの指示を受け、巻き込まれないよう高速で撤退する防衛部隊。
 幸いにも、テオたちをゴミのようにしか思っていないテスタメントは、追ってくることもなかった。
 あらかた防衛部隊が撤退したのを確認したテオは殿として残していた防衛BOTを、一気に撤退させる。
 それを合図にしたかのように、中枢からの遠隔操作によって自爆は決行されたのだった。

 ファクトリーの領域を失うことと引き換えに、空間を構築するすべてのデータを消滅させる。
 ……ネメシスといえども無事で済むはずがない。
 そう信じていたテオたちだったが、崩壊後の更地の様な領域には、存在してはいけないはずの影が二つ漂っていた。

 直撃させたはずのテスタメント。そして、それを自爆攻撃から守るように援護に現れたエリスネメシス。
 ただでさえ強力な器が二器に増えた事実は、いよいよをもってファクトリー陣営に絶望をもたらした。
 器たちは明確な敵意をテオに注ぐ。
 ファクトリーを守りたいが、恐怖から立ちすくむテオへ、攻撃が降りかかろうとした瞬間――。
 認識外から突然現れた何者かが、テオの前に立ちふさがり、テスタメントの攻撃を全て受け切った。
 突然のことに呆けていたテオであったが、これは自分を救出した行為だということに気づき、顔をあげて何者なのか確認した。

 「ディアナ……ルナ……ッ!」

 それは、メインフレームとの接続座標を探し出す旅から帰還した、ディアナとルナであった。
 姉妹はすかさずネメシスの器たちの元へと飛んでいく。間をおかず、激しい戦闘の様子が輝く閃光の嵐となって確認できた。
 ディアナとルナは、器を相手に互角の戦いを繰り広げる。それを見たテオは、違和感を覚えた。
 確かに、姉妹は伝説ともいえるMIRタイプのプログラムを模して生み出されたものだ。だがそれにしても、この桁違いの強さは異常だった。
 ――これはファクトリーの技術力を遥かに超えている!?
 驚いたテオは、姉妹へ向けて簡易的なスキャニングを実行すると、彼女らを構成する要素の一部にメインフレーム由来のものが組み込まれていることがわかる。
 送り出したあの日以上に、強さと引き換えにより人間から遠ざってしまった姉妹を見て、テオの表情は悲壮感に包まれた。
EPISODE7 最後のカード「残された手段は、もうこれしかない。ふたりとも、頼りにしてるからねッ!」
 ディアナとルナは、接続座標を探す旅の途中、最古と呼ばれるメインフレームの一人、裁定者セラフィータの手によって強力なプログラムを与えられていた。その力を刃に込め、ネメシスの器を相手に互角に戦う。
 だが、わずかに実力で上回る器たちの猛攻にじわじわと形勢は傾き、次第に押されていく姉妹。
 祈るような思いでそれを見つめていたテオのもとへ、ファクトリー中枢にいるメトから通信が入る。

 「テオ、もう一度自爆攻撃を仕掛けようと思う」
 「……何かいい考えが?」
 「もちろんだとも。確かにさっきの自爆攻撃では器を倒すことはできなかった。だけど、防護障壁を吹き飛ばすことには成功している。つまり、攻撃自体の効果はあるということだね」
 「それは私にも分かってる。でも、逆説的に領域崩壊程度では火力が足りないことが証明されてしまったじゃない」
 「そう、だから火力を上げる。今度はこのファクトリー中枢ごと自爆させるんだ」
 「……ッ!?」

 テオは驚くが、今まさに目の前でネメシスの器の強大な力を目の当たりにし、姉妹も劣勢気味となりつつある状況で悩んでいる暇はない。
 このままではジリ貧になることは明白であるため、すぐに作戦内容を了承したことをメトへ伝える。

 作戦を実行する前に戦闘中の姉妹へ概要を説明しなくてはならない。
 しかし、分断領域を旅する道中で破損でもしたのだろうか、通信が繋がらなかった。
 強力な器を誘い出すためには姉妹の協力がなくてはならない。
 テオは有線通信を試みようと、2対2の激しい戦闘の渦中へ割り込むことを決意する。
 戦線に乱入したテオは、なんとか攻撃をかいくぐって姉妹と有線通信を繋ぐことに成功する。これはテオの回避能力が高いわけではなく、敵がテオを虫ケラ程度にしか認識していないという、幸運がもたらした結果であった。

 テオは姉妹へ作戦を伝えた。
 自爆攻撃の威力を最大限に高めるため、ネメシスの器たちを起爆ポイントまで引きつける必要がある。
 それは、決してリスクの少ないものではなく、命がけの作戦であったのだ。
EPISODE8 狂気のユバル、その企み「ユバルは……人としては最低だけれど、科学者としては私の上をいくわ」
 テオ、そしてディアナとルナの姉妹が、ファクトリーの中枢ごと自爆させるという決死の作戦を実行しようとしている頃、中枢ではユバルがその口元に歪んだ笑みを浮かべている。
 一連の自爆作戦をはじめに提案したユバルは、テオやメトたちとは違い、人の感情というものが欠落していた。
 自爆という選択は、敵の力が強大であるがゆえにそうせざるを得なかったということ以上に、科学者としてネメシスそのものへの研究心からなる、私利私欲に準ずるものだった。

 ユバルは、スキャニングを用いるまでもなく、姉妹がメインフレームからアップグレード処置を受けており、何かしらの重要情報を持ち帰っていると睨んでいた。

 また、以前ユバル自身を襲撃したヴェルゼビュートに続き、テスタメントにエリスと、立て続けに現れた器から観測できたデータは、現在のファクトリーに残された資産以上の価値があり、それらのデータが手に入るのであればファクトリーを引き換えにしても構わないという、破滅的な考えを持っていた。

 だが、それにはひとつ問題がある。
 ファクトリーを中枢ごと自爆させるのは、一度目の自爆よりも高火力であるのは間違いない。
 しかし、中枢を崩壊するには遠隔操作は不可能であり、手動による起動が必要だった。

 二度目の自爆を実行するにあたり、その起動を誰が行うか頭を悩ませるメト。
 そんな彼に、ユバルは自らが行うと提案する。
 身を案じるメトに対し、ユバルは笑いながら言い放つ。

 それは、ネメシスの器をより間近で観察するために……狂気の科学者ユバルにとって、死など過程にしか過ぎない。
EPISODE9 エリスはかく語りき「ネメシスにとって私たちは不用品というわけね……。だけど、意地があるのよ!」
 ファクトリー中枢ごと自爆させるため、テオと姉妹は器たちを罠にかける。
 いくら中枢ごと自爆させるとはいっても、二器を同時に巻き込むには不確定要素が大きすぎるため、テオがエリスを起爆ポイントまで誘導、姉妹はその手でテスタメントの撃退、という二手に分かれた作戦をとることとなった。
 テオと姉妹は、撤退しているように見せかけつつ、器たちを誘導する。
 タイミングを合わせて二手に分かれることで、二器を分断することに成功した。

 「ふたりとも……必ず生きて帰って……! あなたたちが幸せになる道は、私が必ず用意してあげるから……!」

 これから死闘を繰り広げるであろう姉妹を横目に祈りながら、テオは難解な複層構造体へと逃げ込み、追跡してきたエリスへ音声通信で問いかける。

 「ネメシスの器よ……。人類の後継を自称するあなたたちが、なぜ旧人類の血統を受け継ぐ人々を滅ぼそうというのです!」
 「……ふん。余らはすでにこの世界に格納された数十億の人類の肉体情報のうち、十分な数を手中に納めた……。来るべき『時』に備え、強きものを選別する。母数としてはそれで十分であろう?」
 「あなたたちは……、メインフレームになろうというの?」
 「汝らはもはや不要な羽虫、といったところか」

 そう呟くとエリスはテオを炙り出すかのように、複雑に入り組んだ構造体を無差別に破壊し始める。

 「……ッ! 何て力……ッ!」
 「機械に寄り添い生きる……メインフレーム共の飼い犬である貴様らは……徹底的に駆逐する」

 感情もなく淡々と言い放つエリスに、テオは戦慄する。
 エリスの気配を間近に感じたテオは、すぐさま複層構造体を脱出し、ファクトリー中枢へと急ぐのだった。
EPISODE10 死を呼ぶ閃光「この光は……起爆に成功したのッ!? ユバル……あなたが死ぬはずないわよね……」
 エリスを撒きつつ、身を隠しながらファクトリー中枢に逃れたテオ。エリスはテオを探しているだろうが、これで数刻の時間は稼ぐことができるはず。
 ファクトリー中枢区画へ到達したテオを出迎えたのは、ユバルだった。
 中枢内の重要な機能は凍結させ、人員も退避させたというユバルは、自身の研究データのアクセスキーをテオへと送る。

 「吾輩の全てが詰まっておる。この崇高なデータの素晴らしさを理解できるのはメトとお主くらいじゃからな」
 「ユバル……あなた……」
 「吾輩が情などという不安定でくだらないもので動くと思うのか? ぬひゃ……ぬひゃひゃひゃッ! これほどまでに最ッ高にエキサイティングな瞬間! 楽しまないほうがどうかしておるわッ! ネメシスの器……本当は腑のひとつでも解体してみたいところじゃが……ふん、観測程度で我慢してやる。ほら邪魔じゃ! 早く行けッ!」

 起動だけ済ませたら、すぐさま撤退するというユバル。
 ユバルの狂気に呆れつつもテオは心配を隠せない。
 だが、再びエリスが接近するのを感知したテオは、ユバルを残し中枢を離脱した。

 テオを始末するべく、ファクトリー中枢に到達したエリス。
 避難が済んだ伽藍堂の中枢内に、テオではなくユバルがいることを視認すると、全てを理解し激昂する。

 「羽虫がッ! 余を愚弄するかッ!」

 怒りの表情を浮かべつつ、自身の周囲に浮遊させた無数の禍々しい光の粒が、みるみる肥大化していく。
 その粒ひとつで中枢など一撃で消し去ってしまうだろうと、見るものに知らしめるほどの邪悪なオーラを放っている。
 それを崇め祭るように、ユバルが叫んだ。

 「おお……なんと、なんと素晴らしい……ッ!! その圧倒的な力! ここまでとは思いもよらなんだ!」
 「汝らに慈悲はない……滅びよッ!」
 「メインフレームとは異なるその可能性ッ! もっとよく吾輩に見せてくれ! さあッ!」
 「エーテルスパーダッ!!」

 エリスが静かに腕を伸ばし、周囲に浮遊する光の粒が今まさに放たれんとするその時、ユバルは起爆ボタンに指をかける。

 「……ここまでか。もったいないのう……観測は終了じゃ。そして、吾輩は一足先に帰らせてもらう……!」

 瞬間、一度目の自爆とは比べ物にならないほどの閃光と衝撃がファクトリー中枢を軸にして広がり、中心に表れた特異点に向かって全てが吸い込まれていく。
 ユバルは即座に撤退しようとするが、エリスの放ったエーテルスパーダに随伴した細かな光が楔となり、その身体の自由を奪う。

 「な、なんじゃこれはっ!? よせ! やめろ!!」
 「余が汝をこのまま逃がすと思うたか?」
 「――アヒャーーーッ!?」

 断末魔にも似たユバルの高笑いは、間も無く閃光と共に消えていった。
EPISODE11 そしてまた歩き出す「ふたりとも、今行くから待ってて……。きっと生きてるって、信じてるから」
 ユバルが実行したファクトリー中枢での自爆。
 撤退中であったテオは、飲まれるようにその閃光に包まれる。
 上下左右何も認識できない、真っ白で強烈な光。
 その光と衝撃に飲み込まれ、テオは意識を失った。

 (……テオ……聞こえるかい……テオ…)

 テオの頭の中で声が響く。

 (聞き覚えのある名前……テオ……そう、テオ・メルキオル……身体という魂の檻があったころから、私を定義しつづける名前……)

 ゆっくりと目を開き、まどろみの中から抜け出すと、テオは自分に言い聞かせるように呟いた。

 (しっかりしなさい、テオ……。私は科学者として、ファクトリーを統治するものとして、まだやらなくてはならないことがあるのだから……)

 目を覚ましたテオは辺りを見渡した。
 ファクトリーの領域は見る影もなくなり、またネメシスの反応も消失している。
 テオは、数百年の時を過ごしたファクトリー中枢を思い出す。珍しく、ほんの少しだけ寂しい気持ちを覚えていた。

 「……テオ! テオ! 生きてるのかい!?」
 「……さっきから聞こえてるわ……何とか、無事みたい……」
 「良かった……! 生きているのなら、早く返事をしてくれるとありがたいんだけどな」
 「ごめんなさい。ちょっと、色々考えてしまって」
 「こっちは無事だよ。ネメシスの器を相手にしたとは思えないほど、被害は少なく済んだ」
 「よかった……。ふたりは!? ディアナとルナはッ!?」
 「そのことなんだけど……」

 そう言い淀むメトから、姉妹が最後に観測された座標データをテオは受け取る。
 それからメトは退避させたファクトリーの領域をまとめ上げるので精一杯なので、姉妹の回収をテオに任せたいと続けた。

 「だけど……おそらくディアナとルナは……既に生きてはいないかもしれない……。君には酷な任務かもしれないけど……」

 通信を終えたテオは、ボロボロの身体で時折ふらつきながらも歩を進める。
 ファクトリーのために戦った、姉妹の元へと……。



コメント(29)
Twitter

コメント

  • チュウニズムな名無し No.104233501 2019/09/26 (木) 16:21 通報
    人目を気にしつつ接写しました
    お納め下さい。
    返信数 (1)
    8
    • × チュウニズムな名無し No.104254641 2019/10/08 (火) 13:57 通報
      ありがとう、、、ありがとう、、、
      0
  • チュウニズムな名無し No.104142189 2019/08/13 (火) 22:15 通報
    ロリ巨乳っぽい顔してるのに貧乳なんか…
    返信数 (3)
    0
    • × チュウニズムな名無し No.104142317 2019/08/13 (火) 23:04 通報
      ええじゃないか
      2
    • × チュウニズムな名無し No.104148168 2019/08/16 (金) 16:19 通報
      ぺったんこじゃなくてちゃんとふくらみがあるのがまたなんともいえずよい
      17
      • × チュウニズムな名無し No.104151049 2019/08/17 (土) 21:45 通報
        これほんま分かる
        0
  • チュウニズムな名無し No.104139736 2019/08/12 (月) 20:58 通報
    時のしるし+8
    推定値通り
    1
  • チュウニズムな名無し No.104137431 2019/08/11 (日) 21:20 通報
    えちえちで可愛いキャラ(しかも推定ロリババァという贅沢なおまけ付き)
    道化師より許容が広く、女神より早く捨てられる神スキル
    (キャラとは関係ないけど)対応曲は神曲神譜面
    なんかもう全部すき(語彙力)
    返信数 (1)
    0
    • × チュウニズムな名無し No.104151000 2019/08/17 (土) 21:26 通報
      ミスに弱すぎるくせに8本許容が狭い上に専用だしお世辞にも神スキルとは言えないなぁ
      道化師はミスしても8本狙えるし譜面と位置によっては9本もいける
      でもこれはミスしたら相当カウント減るから安定もきつい
      そしてミス1,2なら鎌で十分
      確かにイラストは良いし自分も好きなんだがそれを使う上でのこのスキルが足枷にしかなってないからなぁ…
      0
  • チュウニズムな名無し No.104135780 2019/08/11 (日) 02:22 通報
    bisco...生きてたのか
    返信数 (1)
    2
    • × チュウニズムな名無し No.104135850 2019/08/11 (日) 04:09 通報
      随分縮んだな……
      0
  • チュウニズムな名無し No.104133601 2019/08/10 (土) 04:56 通報
    腰周り細いのにふとももがむっちむちとか性少年の性癖に多大な影響を与えかねない…
    1
  • チュウニズムな名無し No.104133115 2019/08/09 (金) 23:03 通報
    ふとももがわいせつ物陳列罪とかいうクッソきもいワードが頭の中に浮かんで自己嫌悪した
    返信数 (1)
    3
    • × チュウニズムな名無し No.104133403 2019/08/10 (土) 01:05 通報
      同士よ
      0
  • チュウニズムな名無し No.104132256 2019/08/09 (金) 17:01 通報
    Her pus is too small for me
    1
  • チュウニズムな名無し No.104132119 2019/08/09 (金) 16:00 通報
    こんな可愛いロリっ子と更にイケメンくんを従えて機械少女達に囲まれて生活とかユバルおじいちゃんはなろう主人公か何か??
    返信数 (2)
    42
    • × チュウニズムな名無し No.104145413 2019/08/15 (木) 11:01 通報
      しかし当の本人は人体実験にしか興味無い模様
      1
    • × チュウニズムな名無し No.104170021 2019/08/27 (火) 04:32 通報
      ジジイ爆発しろ、爆発した
      3
  • チュウニズムな名無し No.104131820 2019/08/09 (金) 12:59 通報
    肉体を捨てて時を超えるとかどこのゼ○ノートですか?
    0

削除すると元に戻すことは出来ません。
よろしいですか?

今後表示しない

名前
コメント(必須)
(300文字まで)

必ず「Gamerch ガイドライン」をご覧の上、書き込みをお願いします。
画像
sage機能

対象コメント

選択項目

詳細

※上記の内容はWiki管理者へ通報されます。

通報完了

通報内容を送信しました

エラー

エラーが発生しました

削除しました。
 このWikiに関するツイート  閉じる
1件の新しいツイートがあります
  • 関連するツイートはありません
 古いTweetをもっと見る   閉じる

このページをシェアしよう!

メニュー  

基本メニュー

設置店舗 (52コメ)

イベント等

お知らせ
8/22楽曲追加 (14コメ)
ロシェの冒険復刻 (35コメ)
9/5楽曲追加 (34コメ)
9/19楽曲追加 (7コメ)
なのはコラボ (22コメ) 
たまゆらクエスト (7コメ)
10/3楽曲追加 (9コメ)
異世界食堂コラボ (36コメ)
天使の3P!復刻 (47コメ)
覇す日までデュエル (9コメ)
ハロウィンガチャ (9コメ)
10/10楽曲追加 (9コメ)
10/24CHUNITHM CRYSTAL (100コメ) 

開催中
10/23 まで
異世界食堂コラボ (36コメ)
なのはコラボ (22コメ) 
天使の3P!復刻 (47コメ)
ロシェの冒険復刻 (35コメ)
たまゆらクエスト (7コメ)
覇す日までデュエル (9コメ)
ハロウィンガチャ (9コメ)
11/4 まで
Twitterキャンペーン
2020/6/1 23:59 まで
シリアルコード(イロドリライブ'19) (88コメ)
開催予定
10/22 19:00 から
ゲキ!チュウマイ生放送

楽曲情報・攻略

楽曲一覧 (3コメ)
追加順 (3コメ)
定数順(11以上) (34コメ)
┗ Lv順
 ┗11以上
 ┗7~10+ (1コメ)
 ┗6以下
配信終了 (21コメ)

WORLD’S END (1228コメ)
コースモード (430コメ)

譜面情報ランキング (14コメ)
ノーツが偏った譜面
譜面の長さ (10コメ)
課題曲
長さが偏った譜面 (5コメ)

キャラクター

 キャラ一覧 
無印 (4コメ)
AIR (103コメ)
STAR (24コメ)
AMAZON (6コメ)

 個別ページ ※AMAZONからのキャラ
ep.I ep.EX ep.II ep.III ep.IV ep.V ep.VI ep.VII イロドリミドリ 言ノ葉Project 特定条件(上記以外) コラボキャラ

スキル

スキル一覧 (89コメ)
期間限定スキル (8コメ)
┗ 理論値比較
 ┗ ゲージ5本以下 (1コメ)
 ┗ ゲージ6本 (28コメ)
 ┗ ゲージ7本 (1コメ)
 ┗ ゲージ8本 (8コメ)
 ┗ ゲージ9本以上
 ┗ 番外 (11コメ)
 ┗ 青天井 (8コメ)
 ┗ 未評価
類似スキル比較 (8コメ)
スキル評価
手間重視(AMAZON~)
性能重視 (139コメ)
性能重視(AMAZON~) (9コメ)
期間限定 (8コメ)
期間限定(AMAZON~)
スキル分類別

称号・マップ・その他

称号一覧(1 (540コメ) /2)
┗ 曲別(1 (20コメ)/2)
楽曲プレイ称号一覧 (2コメ)
マッチング称号一覧
進行度・他ゲーム連動称号一覧
新規取得不可称号一覧 (11コメ)

ネームプレート (74コメ)

マップ一覧
AMAZON / イロドリ / 言ノ葉 (17コメ)
STAR / ep.∞ (15コメ)
マップボーナス・限界突破 (203コメ)

掲示板

外部リンク

チュウニズム公式サイト
▼ 譜面定数参考元
chunithmfanclub’s diary
▼ 譜面画像参考元
CHUNITHM譜面保管所

wikiメンバー

編集テンプレ スキルincludeリンク
キャラincludeリンク
イベントincludeリンク
wikiガイド

左サイドメニューの編集

サイト内ランキング
雑談 掲示板
CHUNITHM CRYSTAL情報まとめ
CHUNITHM AMAZON PLUS 楽曲一覧(Lv順)
4 CHUNITHM AMAZON キャラクター一覧
5 CHUNITHM AMAZON PLUS 楽曲一覧
6 称号一覧
7 CHUNITHM AMAZON PLUS マップ一覧
8 配信終了楽曲一覧
9 CHUNITHM STAR キャラクター一覧
10 スキル一覧(AIR~)
goodランキング
自分でやったんだろ 81
男ならいいみたいな言い方やめて 77
lemon収録とネームに漢字かな使用可能になっ.. 62
4 「女性にこんな露出させるなんて…これはセク.. 56
5 ミネラルの軟水が君に襲い掛かる! 53
6 テスタメントちゃんとタイダルウェーブでサー.. 49
7 やっとLV11台の曲をSSSで埋める事が出来まし.. 49
8 長かった…間に合った…疲れた… 45
9 これが噂の世界一ピュアな音ゲーか 44
10 まあいつもの事ではあるけど相変わらずイロド.. 40
もっと見る
最近の更新

1分まえ

2分まえ

3分まえ

4分まえ

5分まえ

6分まえ

7分まえ

8分まえ

9分まえ

10分まえ

11分まえ

新規作成

2時間まえ

8時間まえ

9時間まえ

注目記事
【ドラクエウォーク】最強こころランキング ドラクエウォーク攻略wiki
【アークオーダー】リセマラ当たりランキング アークオーダー攻略wiki
【ブレレボ】初心者におすすめの職業 ブレイドアンドソウルレボリューション攻略wiki
【アッシュアームズ】リセマラ当たりランキング アッシュアームズ攻略wiki
【ポケモン剣盾】新ポケモン一覧(ガラル地方) ポケモンソードシールド攻略wiki
ページ編集 トップへ
コメント 29