黒原 きずな

(20)  
最終更新日時:

【キャラ一覧(無印 / AIR / STAR)】【スキル一覧】【マップ一覧


Illustrator:赤賀博隆

名前黒原きずな(くろはら きずな)
年齢18歳
職業大学生(ヒメ)
特技あまいささやき/あまいうた/おしおき

いわゆる「オタサーの姫」的なキャラクター。
ストーリーを読むとそんなに悪い子ではなさそうに見える。

スキル
RANKスキル
1天使の笑顔
5
10
15
25限界突破の証

  • 天使の笑顔 [SUPPORT]
    • 演奏中一定時間毎にボーナスを得る(最初のノーツがラインに重なってから2秒毎)。ボーナスの合計値は曲の時間によって細かく変動するため、安定しない。とはいえ、演奏中常に保険をもらっているようなものなので、ゲージ4本クリア目的なら十分使っていける。
      +3ではボーナス53回(=1分46秒)、+5ではボーナス40回(=1分20秒)以上獲得することでゲージ5本に到達する。+5で長めの曲なら比較的安定して達成できるだろう。
    • ORIGIN Fablesマップ10(STAR時点で累計200マス)の完走とAIR ep.Iマップ6(AIR PLUS時点で累計390マス)完走で所有者が揃う。ゲージ5本を狙う場合はまず両名を揃えたいが、若干手間がかかる。
    • AIRバージョンで仕様変更はされていない。所有者は増加した。
GRADE効果
初期値一定時間ごとにボーナス +200
+1〃 +260
+2〃 +320
+3〃 +380
+4〃 +440
+5〃 +500
参考理論値:102500(6本+500/24k)
[条件:こころここから[MASTER]]
所有キャラ【 黒原きずな / 天野あい(1,5) 】
GRADE・ゲージ本数ごとの必要時間(発動回数)
  • 時間はメトロノームの1拍目が基準。1ノーツ目まで4秒以上ある場合は必要時間が増える。
  • 灰色の部分は到達不能。
  • 7本以上はGRADEを問わず到達不能。
GRADE5本6本
初期値3分20秒
(100回)
7分00秒
(210回)
+12分34秒
(77回)
5分24秒
(162回)
+22分06秒
(63回)
4分24秒
(132回)
+31分46秒
(53回)
3分42秒
(111回)
+41分32秒
(46回)
3分12秒
(96回)
+51分20秒
(40回)
2分48秒
(84回)

ランクテーブル
12345
スキルEp.1Ep.2Ep.3スキル
678910
Ep.4Ep.5Ep.6Ep.7スキル
1112131415
Ep.8Ep.9Ep.10Ep.11スキル
1617181920
 
2122232425
スキル
STORY
EPISODE1 ヒメ:黒原 きずな「今日もわたしが、キミ達をメロメロにしちゃうよ♪」(みんな必死すぎ♪ でもそれがサイコー!)
カワイイのが好きー! カラオケだーい好き! みんなに大事にされるのは、最高に好き好き!

男ばかりの現代視覚研究サークルに、正直なんだか、悪意があるのかわからない娘が入ってきた。
果たして彼女は大成功し、またたく間にサークル内でアイドル級の人気者になった。

「みんな一緒に楽しもうよ! 楽しいは正義♪」(モテるってきもちいいー♪)
彼女は自分の幼い見た目や声質の魅力をよく理解している。そしてアピールにも余念がない。
EPISODE2 ヒメの朝「おっはよー♪ みんなINしてるー?」(もう~☆ これは、内緒にしておくから☆)
「おっはよー♪ みんなINしてるー?」
 我らがヒメの朝は早い。
 起床一番にスマホのチャットソフトを立ち上げ、サークルの男たち全員と、点呼がてらにあいさつ。
 
「わたしはまだねむねむだよー。朝はにがてなのー」
 身だしなみを整えつつ、ヒメは本日のスケジュールを確認していく。
 ヒメは多忙である。日程には、一分の隙もない。
 
「朝はひかえめにして、お昼においしいもの食べよ♪」
 サークルの誰といつ食事に行くかは重要だ。
 全員と、平等に接する。それがヒメの役目なのだ。
 
「あせあせ☆ 背中のホックがなかなかとまんない☆」
 ときどき自分の着替えの模様をチャットの文面のみで実況して伝えるのが、我らがヒメオリジナルの、ワンポイントである。
 無論、この実況に男たちが興奮し、喜ぶことを知ってのことである。

   × × ×

 ……だがその時、ヒメは異変に気付いた。
 サークルの一員であるFが、いつの間にかチャットから消えているのである。
 そして、鳴らされる玄関のチャイム。
 ヒメの予想どおり、そこにはFが突っ立っていた。
「ちょっと~☆ 部屋に来るのはご法度でしょ~?」
 あくまで優しく、Fを諌めるヒメ。
 ヒメの部屋への単騎突撃など、サークルでは死を宣告されてもおかしくない、重罪。
 しかしヒメは、誰ひとりとして見捨てない。
 
 ……いや。顔を紅潮させて、ヒメと目も合わすこともできずにいる、Fに冷たくできないのである。
「もう~☆ これは、内緒にしておくから☆」
 内緒。その甘美な響きに満足したFは、胸を高鳴らせ去って行った。
 そしてヒメは、どうにか背中のホックを止めて大学へと向かった。
EPISODE3 ヒメのご出勤「今日の服いいでしょー! こことか超ひらひら~☆」(もう☆ 照準、きちんと定めようね!)
「リアルでおはよーございまーす♪」
 皆が揃った頃を見計らい、ヒメはゆっくりと、大学の部室長屋へと出勤する。皆より先に着くなど論外だが、待たせすぎては興醒めだ。
 
「Aくんおはよー♪ 今日も一番のり? Cくんまた朝から筋トレ!? すごーい! Gくん宿題おわったのーさすがー♪ Tくん眠そうだねー、あたしもだよー☆」
 下々の者の様子を窺うのが、ヒメのつとめ。
 平等に接し、平等に寵愛せねばならない。
 ヒメの世界は、厳しいのだ。
 
「今日の服いいでしょー! こことか超ひらひら~☆」
 スカートをひるがえし、くるりと回ってみせる。
 さわやかなフローラルの香りを漂わせるのがコツ。
 
「素材の肌触りもサイコーだし♪ ちょっとフリルの、このへん触ってみる? 触ってみなよ~ほら~☆」
 彼らにささやかな興奮を与えることも忘れない。
 もちろん、男たちにヒメの服に触れる勇気などない。
「ほらほら、Gくん? 触ってみてよ☆」
 
   × × ×
 
 ……だが、この時ばかりは挑発が過ぎたらしい。
 Gは勇気を振り絞り、ヒメの服に触れる決意をした。
 しかし、緊張で震えが止まらず、照準が定まらないGの手は、あろうことかヒメのヒップに触れてしまう。
「きゃっ……!」
 思わず、声をあげるヒメ。
 Gの顔色はもはや、蒼白どころか土色になっている。
 ヒメのヒップに触れるなど、サークルでは地球外へと追放されてもおかしくない、超重罪。
 もはやGの体は、不自然なほどに震えている。
 だが幸いなことに、この事態に誰も気づいていない。
「もう☆ 照準、きちんと定めようね!」
 その一言に救われたGは、その場にへたり込み、寛大なヒメにさらなる服従を誓った。
 
 ……一方のヒメは、初めて男性にお尻を触られるという思いがけぬ事態に、赤面していることに気づく。
 そして、そそくさと部屋を出て行った。
EPISODE4 ヒメのカラオケ「よーし♪ 次はいよいよ、わたしの歌う番だよー☆」(みんなー☆ もっと声出していこー♪)
 正午を過ぎ、ヒメは下々の者と戯れるお時間。
 カラオケルームでの席次は、男たちのヒエラルキーをセンシティブに示している。
「今日はわたしは、GくんとTくんのお隣にしよう♪」
 あぶれ者を出してはコミュニティの危機。
 下克上が起こらない程度に、ヒメはケアをする。
 
「Aくん準備早ーい☆ Cくん新曲? すてきー☆」
 一旦男たちが持ち回りで歌い出してしまえば、各人のマニアックな歌唱に対し、通りいっぺんの褒め言葉を並べてケアするヒメであった。
 だが無論、場の主役はヒメ本人。彼らは、前座だ。
 
「よーし♪ 次はいよいよ、わたしの歌う番だよー☆」
 ヒメの宣言に、雄叫びを上げる男たち。そしてヒメは彼らのためだけの、門外不出のアイドルとなる……
 
 ヒメの歌に合わせ、的確に合いの手を入れる男たち。
 ヒメの幼く高い声、微妙に外れた音程。
 そのすべてが、彼らにとっては至高のもの。
 
 もちろん、ヒメにとっても、彼らの羨望のまなざしを一身に浴びるこの瞬間が、たまらない。
 
 男たちはますますヒートアップし、喉も枯れよとばかりに声を張り上げ、ヒメに声援を送る。
 ヒメのカラオケライブは、熱狂のさなかにあった。
 
   × × ×
 
 ……だがヒメは、気付いてしまった。
 ヒメたちのルームを覗く、好奇心と悪意ある視線に。
 そう。大声を張り上げる男どもの声は部屋の外にまで響き渡り、人を集めてしまったのだ。
 
 一瞬、恥ずかしくなってしまうヒメ。
 しかし男たちは、外からの視線など意に介さず一体となっている。
 冷静に考えれば、異様な光景だろう。
 気持ち悪い連中。そう思われているかも。
 でも……
「みんな~☆ もっと声出していこー♪」
 さらに熱狂する男たち。
 だって、この空間はわたしたちだけのものだから。
EPISODE5 ヒメのお買い物「わたし、お買い物にいきたいよー☆」(ごめんね☆ わたしも手伝いたいけど、無理なんだ)
「わたし、お買い物にいきたいよー☆」
 ヒメがこう言った時、男たちはローテーションを確認する。買い物の荷物持ちは、当番制だ。
 が、今日はサークル全員で出動することになった。
 今回のヒメの買い物が、大きいのである。
 
「自分のお部屋用に新しいテレビを買うんだ♪ んーとおっきいのがいい! おっきくてくろいの欲しい☆」
 サークル一同はヒメを中心とした大名行列を形成。
 家電量販店に大挙して乗り込んだ。
 
「ついでにおふとんも買う♪ 電気毛布でぬくぬく☆」
 ヒメはヒメなればこそ、買う時は、派手に購入する。
 財布の限界などは気に留めない。ヒメだから。
 そして男たちは配送や配線などこまごまとした雑務を店舗に頼まず、彼ら自ら、買って出る。
 
「そうやってわたしの部屋に来たいんでしょーみんな☆でもそんなにいっぱい入んないよ☆ やさしくして☆」
 大荷物を抱えた男たちは、一様に幸せそうであった。
 
   × × ×
 
 ……だが、案の定というべきか。
 サークル内でも一際、巨漢であるHが隊列を乱し始める。
 大汗をかき、息も絶え絶えのH。
 彼の汗の量と、筋量は比例していないようだ。
 筋トレが趣味のCに手伝わせたいところだが、生憎、彼は大型テレビを運ぶという重責を担っている。
「ごめんね☆ 手伝いたいけど、無理なんだ~」
 両手が空いているヒメだが、手伝おうとはしない。
 理由もいらない。
 だって、ヒメだから。
 
 歯を食いしばり、鬼神の如き形相で荷物を運ぶH。
 その膝は笑い、一歩ごとに変な呼吸音を発している。
「がんばって、Hくん☆ もうちょっとだよ☆」
 やはりヒメは手伝わない。
 だって、ヒメだから。
 荷物なんて、運ばない。運ぶのは、下々の者の役目。
 
 ……そう自分に言い聞かせながら、ヒメはそっと荷物を片手で支えた。
EPISODE6 ヒメのご行幸「町中にこういうのがあると、癒されるよねー♪」(ちょっと~☆ みんな、暗くならないで!)
「今日はみんなでスポーツ☆ リフレッシュしよう☆」
 ヒメのひと声で、男たち皆が一斉に立ち上がった。
 しかし、彼らに運動能力の優劣を競わせてはならぬ。
 勝敗が明確になるとサークルのバランスが崩れる。
 ヒメはゲーセンでのエアホッケーを選択した。
 
「ああーん♪ そんなとこ打ち返せないよいじわる☆」
 男全員と交代でペアを組みつつ、ヒメはプレイ。
 男たちはめちゃくちゃ発奮し、結束し、張り切った。
 
 程良くくたびれたところで、ヒメとサークル一行は、近くの大公園での散策へ移行した。
「町中にこういうのがあると、癒されるよねー♪」
 のんびりと沿道を歩き、途中、池の鯉やアヒルに和むヒメの様子は、客観的に見てもかわいいはずだ。
 近づいてきたアヒルの頭を、なでようとするヒメ。
 その姿に、男たちは世間の世知辛さをしばし忘れて、顔をほころばせていた。
 
   × × ×
 
 ……だがその時、悲劇は起こる。
 あろうことか、ヒメがアヒルをなでようとした瞬間。
 アヒルは遠ざかり、ヒメの手は虚空を掴む。
 池に落下しそうになるヒメ。
 こういった時、とっさにヒメを助ける敏捷性も、判断力も彼らにはない。
 ――ヒメの体に、触れていいのか?
 自問自答する彼らは、誰ひとりとして動けない。
 結局、ヒメは自力で体勢を立て直し、事なきを得た。
 
 その日の帰り道。男たちは、沈黙していた。
 己の不甲斐なさに。勇気のなさに。
 Cにいたっては、目に涙すら浮かべていた。
「ちょっと~☆ みんな、暗くならないで!」
 なぜ、自分が男たちを励まさなくてはならないのか。
 危険な目にあったのは、自分ではないか。
 しかしヒメは、意気消沈した男たちが気になってしかたない。どうしようもなく。
EPISODE7 ヒメのお色直し「わたしのお洋服強化作戦!」(もう……秘密なんて、共有したくないんだけどな)
「わたしのお洋服強化作戦!」
 ヒメのひと声で、男たち皆はざわついた。
 ヒメが新しい可愛い服を買いに行くのだ。自分たちも相応のおしゃれをする覚悟を、せねばなるまい。
 
「それじゃ、試着してみるから待っててね~……」
 ヒメは日頃より、明るく甘やかなフリフリのついた、ロリータスタイルのドレスを好んでいる。
 その筋では有名な高級ブランド品である。
 売り場へと同伴した、全身黒ずくめのサークル一同は(また全員で来た)整列し、かしこまって待機する。
 
「じゃじゃん☆ どうかな? かっこいいでしょ♪」
 見事なお色直しを試着室で果たしたヒメ。
 男たちは『いいよね……』『いい……』としか言えない。試着したヒメ当人が、既に満面の笑みなのだ。
 ヒメの喜びに逆らう気持ちなど、湧くはずもない。
 
   × × ×
 
 ……だが、その時。
 びりり、とヒメの腰元で不吉な音が。
 ――大丈夫、誰も気づいていない。
 ヒメがそう確信した、その刹那。
 驚いた顔をしたAと、ヒメは目が合う。
 
「ふ、ふたりだけの秘密ができたね☆」
 Aにささやくヒメ。
 秘密というワードに、有頂天となるA。
 もはやAにとって、ヒメがドレスを破いたことなどは忘却の彼方である。
 
「もう……秘密なんて、共有したくないんだけどな」
 ……そしてヒメは、ワンサイズ上のドレスを注文し、帰宅した。
EPISODE8 ヒメの家庭訪問「風邪かな~? 熱が出たみたい。たすけて~」(わたしを世話する人が倒れてどうすんの~!)
「風邪かな~? 熱が出たみたい。たすけて~」
 ヒメからの緊急メールに、男Cは立ち上がった。
 きっと俺だけに対して助けを呼んでいるのだ!
 待っていてくれ! 我がヒメよ!
 
 だがいざヒメのアパートの自室前に到着するとそこには既にAとTが床座りで待機していた。呆然とするCだが、そこへGも決死の形相で薬を持って駆けつける。
 どういうことなのか。
 何故か、ヒメとは電話もメールも、一切通じない。
 そしてアパートの玄関前には、さわやかな石鹸の香りと、湯気が漂う。
 悶々としながら、男たちが待たされること1時間――
 
「ん? あっ、全員来ちゃったのね。ごめんごめーん☆今、着替えるから~。もう少しだけ待ってて~☆」
 玄関口に一瞬だけ現れたヒメは、ほんのりと湯気をまとった、バスタオル一枚の姿だった。
 どうやら風邪は、シャワーを浴びたら治ったらしい。
 思わぬ至福に、狂喜乱舞する男たち。
 彼らはさらにそこで、2時間もヒメを待ったという。
 
   × × ×
 
 ……だが。
 興奮しすぎたか、3時間以上に及ぶ玄関前待機がその身を蝕んだか。
 Tが突如、高熱を発して突っ伏す。
 
「ちょっと~☆ わたしを世話する人が倒れてどうすんの~!」
 
 仕方なく、Tを部屋に上げて薬を与えるヒメ。
 ヒメの部屋でふたりきり。
 高熱により薄れゆく意識の中で、Tはこのまま死んでもいいとさえ思った。
 そんな笑顔のTを見ながら、ヒメはため息をつきつつ自分もまた、微笑んでいることに気づいた。
EPISODE9 ヒメの危機「ひとりだと、つまんない……」(みんながいないと、つまんない……)
「おっはよー♪ ……あれれ?」
 ヒメがいつものように大学の部室長屋へ出勤すると、どういうわけか男たちが誰もいなかった。
「ああ、そっか。理工学部はテスト期間かー」
 
 ヒメは、サークルの彼らと同じ学部ではなかった。
 それどころか、この大学の学生ですらなかった。
 もっとも別の学校からサークル参加すること自体は、別段、珍しくもないのだが。
 承知の上で、一番女っ気が少なそうなサークルを選んだのが、ヒメの作戦であった。
「ひとりだと、つまんない……」
 そう。下々の者の支持あっての、ヒメである。
 
   × × ×
 
 ……だが、ヒメの本音は違う。
 ひとりきりなのが、イヤなのではない。
「みんながいないと、つまんない……」
 そう。ヒメもまた、彼らを必要としていた。
 
 その時、部屋をノックする音が。
「誰かな? Aくん? Cくん?」
 しかし現れたのは、サークルのメンバーではない。
 明らかにサークルの男たちとは違う、ひとりの紳士。
 そして彼はおもむろに、自らの名刺を差し出した。
「え? わたしをスカウト? 何の?」
 
「アイドル……?」
EPISODE10 ヒメの反抗「じゃあわたし、みんなのアイドルになっていい?」(でも、わたしの気持ちは、決まってる)
「ちょっと考えさせてください」
 一瞬戸惑ったが、ヒメは毅然として紳士に言った。
 紳士は会釈をして、帰っていった。
 
「わたしって、フツーに可愛いかな……?」
 テスト期間が無事終わって、結集したサークル一同へとヒメは訊ねる。だが、愚問であろう。
 たとえ部外者が何をなんと言おうとも。
 我らのヒメだ。可愛いに決まっている。
 ヒメ最高! ヒメ素敵! ヒメは、俺たちの天使!
 
「じゃあわたし、みんなのアイドルになっていい?」
 ヒメは、先日あの紳士からもらった芸能事務所の名刺を、皆に提示する。
 男たちの声と心が、ざわつく。
 我らのヒメは、そこまで素晴らしかったのか。
 俺たちではなく、世界の皆の財産だったか。
 
「みんなは正直、どう思う?」
 男たちは、迂闊に口を開けない。
 いや。答えなど、誰も持ってはいないのだ。
 
   × × ×
 
 ……だが。ヒメの心は、すでに決まっていた。
 自分にとって、本当に大事なもの。それは――
EPISODE11 ヒメの日常「わたしはみんなと、楽しく過ごせればいいんだよ☆」(だってここが、わたしの居場所だから♪)
「でもわたし、これはいらないかなーって☆」
 言うが早いか、ヒメは紳士の名刺を破り捨てた!
 うおおおおお……男たちがどよめく。
 拳を振り上げ、歓声をあげる。
 
「わたしはみんなと、楽しく過ごせればいいんだよ☆」
 サークル一同は、ヒメの心遣いに涙した。
 やはりヒメあっての下僕。下僕あってのヒメの国。
 この国は、ここから永久に広がっていかない。
 だがそれゆえに、永遠に美しく存在するのだ。
 
「それじゃ、今日はどこにお買い物にいこうかな☆」
 我こそはと男たちは挙手する。
 だが男たちは、他人を蹴落とすことはない。
 彼らはヒメと共に歩むのだ。
 誰もが等しく愛され、等しく蔑まされる。
 抜け駆けは決して、許されない。
 
「行くよー♪ みんな必死に頑張ろうね☆」
 
   × × ×
 
 ……そして、ヒメも彼らと共に歩む。
 そう、ここがヒメの居場所なのだから。


コメント(20)
Twitter

コメント

  • チュウニズムな名無し No.96607257 2016/06/14 (火) 18:49 通報
    「いいよね…」「いい…」
    としあきかよ
    返信数 (2)
    0
    • × チュウニズムな名無し No.96607960 2016/06/14 (火) 19:35 通報
      いいよね……
      8
      • × チュウニズムな名無し No.96610178 2016/06/14 (火) 21:58 通報
        いい……
        8
  • チュウニズムな名無し No.95529811 2016/04/11 (月) 18:31 通報
    マニアは多くは語らない
    0
  • チュウニズムな名無し No.95223641 2016/04/04 (月) 14:49 通報
    三十路過ぎてから欲求満たせなくて鬱になりそうな娘だなと妄想してみる
    返信数 (1)
    0
    • × チュウニズムな名無し No.95224500 2016/04/04 (月) 15:11 通報
      いやもしかしたら大学卒業後にそうなるかも…
      0
  • チュウニズムな名無し No.95164040 2016/04/02 (土) 17:54 通報
    なぜ最後ENDじゃなくEMDなのだ…
    1
  • チュウニズムな名無し No.94686733 2016/03/18 (金) 17:39 通報
    きずなちゃんやりおる
    1
  • チュウニズムな名無し No.93807496 2016/02/17 (水) 18:19 通報
    武内Pが負けるとはこの娘やりおる
    2
  • チュウニズムな名無し No.90703229 2015/11/22 (日) 19:55 通報
    阿良良木が強かった…
    0
  • チュウニズムな名無し No.90589786 2015/11/19 (木) 14:27 通報
    本人的にはいいかも知れないけれど…やはり狭い範囲内での絆ってなんかこう…病んでいる感じがするような。
    例えば、カラオケボックスでのエピソードだとか…。
    返信数 (1)
    1
    • × チュウニズムな名無し No.99137239 2017/01/02 (月) 16:32 通報
      広い範囲の絆ってのもそれはそれで病んでいるような・・・
      0
  • チュウニズムな名無し No.90398377 2015/11/12 (木) 20:29 通報
    涙なしには語れない
    0
  • チュウニズムな名無し No.90107557 2015/11/03 (火) 11:44 通報
    オタサーの姫かな?
    0
 1 2 次へ ≫ 

削除すると元に戻すことは出来ません。
よろしいですか?

今後表示しない

名前
コメント(必須)
(300文字まで)

必ず「Gamerch ガイドライン」をご覧の上、書き込みをお願いします。
画像
sage機能

対象コメント

選択項目

詳細

※上記の内容はWiki管理者へ通報されます。

通報完了

通報内容を送信しました

エラー

エラーが発生しました

削除しました。
 このWikiに関するツイート  閉じる
1件の新しいツイートがあります
  • 関連するツイートはありません
 古いTweetをもっと見る   閉じる

このページをシェアしよう!

メニュー  

基本メニュー

設置店舗 (33)

イベント等

お知らせ
12/21楽曲+課題曲追加 (67)
1/11楽曲追加 (11)
うたわれ偽面コラボ (53)
AB!コラボ復刻 (96)
1/18人気投票 結果発表 (86)

開催中
今月 最終抽選
銅像抽選キャンペーン
(関連サイトへ移動)
2/7 まで
AB!コラボ復刻 (96)
クエスト「ラストバトル」
2/10 全国頂上決戦(JAEPO)
第四回 天下一音ゲ祭 (125)
3/7 まで
うたわれ偽面コラボ (53)
11/5 23:59まで
シリアルコード(イロドリライブ) (70)
開催予定

楽曲情報・攻略

楽曲一覧 (3)
追加順 (13)
┗ Lv順
 ┗11以上 (27)
 ┗7~10+ (2)
 ┗6以下 (0)

WORLD’S END (1087)
コースモード (229)

譜面情報ランキング (11)
┗ノーツが偏った譜面譜面の長さ (9)
課題曲 (0)
長さが偏った譜面 (1)

キャラクター

 キャラ一覧 
無印 (4)
AIR (103)
STAR (9)

 個別ページ ※STARからのキャラ
ep.I ep.II ep.III イロドリミドリ (0) 言ノ葉Project (0) 特定条件(上記以外) コラボキャラ

スキル

スキル一覧 (66)
期間限定スキル (5)
┗ 理論値比較
 ┗ ゲージ4~5本 (0)
 ┗ ゲージ6~7本 (25)
 ┗ ゲージ8~10本 (2)
 ┗ 番外 (9)
 ┗ 青天井 (7)
 ┗ 未評価 (0)
類似スキル比較 (6)
スキル評価
性能重視 (131)
手間重視 (4)
期間限定 (1)
スキル分類別

称号・マップ・その他

称号一覧 (402)
曲別 (18)
ネームプレート (68)

マップ一覧 (73)
マップボーナス・限界突破 (149)


掲示板

外部リンク

チュウニズム公式サイト
▼ 譜面定数参考元
chunithmfanclub’s diary
▼ 譜面画像参考元
CHUNITHM譜面保管所

wikiメンバー

編集テンプレ スキルincludeリンク (0)
キャラincludeリンク (0)
イベントincludeリンク (0)
wikiガイド
左サイドメニューの編集

サイト内ランキング
雑談 掲示板
CHUNITHM STAR 楽曲一覧(Lv順)
キャラクター人気投票
4 CHUNITHM STAR マップ一覧
5 CHUNITHM STAR キャラクター一覧
6 CHUNITHM STAR 楽曲一覧
7 ゲームシステム
8 スキル一覧(AIR~)
9 八咫烏 鋼太郎
10 うたわれるもの 偽りの仮面コラボイベント
goodランキング
恐らく初めて紫譜面を体験をしたんであろう少.. 58
あくまでレートは自分の力を目で見れる形で分.. 54
最近のコラボ曲→やった!新しいやつだ!少し.. 50
4 何も考えずにプレイ中僕「えいえい、起こった.. 49
5 ECHOもうあるじゃん 46
6 時間の無駄 44
7 芹菜「カレー食えよ…‪カ゛レ゛ー〝食゛え゛よ.. 43
8 妖怪1マス足りない 43
9 下の方の木にある「デンジャー許容値を同時に.. 37
10 あと1プレイしたい時に限って財布に残る銀色.. 34
もっと見る
最近の更新

2時間まえ

5時間まえ

6時間まえ

7時間まえ

新規作成

2018/01/20 (土) 21:53

2018/01/12 (金) 01:33

2018/01/12 (金) 01:18

2018/01/12 (金) 01:07

2018/01/12 (金) 00:56

2018/01/12 (金) 00:01

2018/01/11 (木) 23:52

2018/01/11 (木) 22:51

2018/01/11 (木) 19:28

2018/01/10 (水) 17:03

Wikiランキング
【速報】ミラクルニキ攻略アンテナ
DBZ ドッカンバトル攻略Wikiまとめ【ドラゴンボールZドカバト】
アイマス デレステ攻略まとめwiki【アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ】
4 白猫プロジェクトwiki【白猫攻略wiki】
5 ブレソル攻略Wikiまとめ【BLEACH Brave Souls】
6 パワプロアプリ攻略Wikiまとめ
7 チェインクロニクル攻略・交流Wiki チェンクロ3
8 ドラクエモンスターズ スーパーライト非公式wiki【DQMSL攻略】
9 ジョジョの奇妙な冒険 スターダストシューターズ攻略Wiki【ジョジョSS】
10 消滅都市2 攻略まとめWiki
注目記事
パワプロアプリ にゃんこ大戦争コラボ SG高校育成論 パワプロアプリ
DQMSL 4周年 らいなま情報 ダークドレアム ドラクエモンスターズ スーパーライト
モンハンワールド 1/19開催 ネルギガンテ討伐 モンハンワールド
ドッカンバトル 3周年イベントまとめ ドラゴンボールZドッカンバトル
白猫 名星会1周年 イベント キャラ 白猫プロジェクト
妖怪ウォッチ 国盗りウォーズ リセマラランキング 妖怪三国志 国盗りウォーズ
D2メガテンR リセマラランキング D×2 真・女神転生 リベレーション
とうらぶ 3周年イラストまとめ 刀剣乱舞
アズレン おすすめ装備ランキング アズールレーン
FGO おすすめストーリーサーヴァント Fate/Grand Order
ページ編集 トップへ