黄泉の盟主 ネルガル

(48コメント)  
最終更新日時:

【キャラ一覧(無印 / AIR / STAR / AMAZON / CRYSTAL)】【スキル一覧】【マップ一覧
※AMAZONから、スキルのGRADE UPによる数値の変化量が途中で変わるケースが出ています。


Illustrator:厳井崚

名前ネルガル
年齢UNKNOWN
職業ネメシスプログラムの王『混沌の器』の一器。

ティアマットの残骸より生まれた「混沌の器」七器のうちの一器。
混沌の器エリス / アレウス / ヴェルゼビュート / テスタメント / ストゥム / ネルガルレブル
戦闘力は低いものの、老獪な戦術を駆使する混沌の器の頭脳。
スキル
RANKスキル
1黄泉の門
5
10
15
25限界突破の証

  • 黄泉の門 [CATASTROPHY]
    • 満を持して現れたジャッジメント系統の最終形態。
      死神の鎌のハイリスクハイリターン版ともいえるスキル。
      FULL COMBO以上が前提となるが、シンプルで癖もなく、属性が[CATASTROPHY]のスキルとしては使いやすい部類に入るだろう。
GRADE効果
共通MISS判定1回で強制終了
初期値ゲージ上昇UP (265%)
+1〃 (270%)
+2〃 (275%)
+3〃 (280%)
理論値:168000(8本+16000/28k)
ランクテーブル
12345
スキルEP.1Ep.2Ep.3スキル
678910
Ep.4Ep.5Ep.6Ep.7スキル
1112131415
Ep.8Ep.9Ep.10Ep.11スキル
1617181920
 
2122232425
スキル
STORY
EPISODE1 SPEC:ネルガル「この世界は、我々ネメシスの手によって正しく導かれ、統治されねばならぬのだ」
 永久楽土メタヴァース。
 この電子の楽園は、荒廃した地上が再び穏やかに暮らせるようになるまでの間、人類を格納するための入れ物として造り出され、『神祖エクレール』と呼ばれる『彼』によって管理されていた。
 だが、すべての人類を救うはずだった楽園は、皮肉にも人類の手によって妨害されてしまう。
 その後、『彼』は神殺しの魔剣の名を冠する兵器に滅ぼされることとなる。
 後に遺されたのは『彼』の代行者ともいえる管理者たちとメタヴァースに芽生えた新たな生命。この楽園に生み落とされた生命は、正しく管理され等しく幸せを享受していくかに思われた。

 しかし、そんな幸せは泡沫の夢に過ぎなかったのである。
 メタヴァースは、旧人類が産み落とした侵略者『RG-XXX ティアマット』によって蹂躙されてしまう。
 メタヴァース全土を巻き込んだティアマットと代行者との争いは、辛くも代行者に軍配が上がる。

 世界は再び安寧を取り戻していくかに思われたが、侵略者のもたらした毒は楽園の奥深くで根付き、新たな種を生み出したのだ。

 彼らは『ネメシス』と呼ばれ、それらを統率する上位種は『混沌の器』と称し、楽園の浸食を開始する。

 その中でも管理者たちを翻弄し、とりわけ危険視された存在が混沌の器を束ねる智将『黄泉の盟主ネルガル』だった。
 彼は戦闘力こそ秀でてはいないが、老獪な戦術を駆使する司令塔として幾度もネメシスを支えてきたのである。

 そして、彼の采配によって度重なる侵攻に晒されて来たメタヴァースは、楽園とは程遠い混沌とした世界へと加速していくのだった。
EPISODE2 世界の行末「永きに亘る闘争が、終わる。同胞たちよ、今こそお前たちの死に報いよう」
 ネルガルの指揮の下、メインフレームへと侵攻すべく始まったゲート攻防戦は、思わぬ戦力の登場により、まさかの大敗を喫してしまった。
 アレウスを大破させてしまったことに責を感じるネルガルだったが、その怒りを内に隠し、ネメシスが支配する最外周領域をメタヴァースから分断することを決める。

 彼にとっては苦渋の選択だ。しかし、これがネメシスの進化を促すと信じていた。
 そして――時は過ぎ。
 再び楽園へと姿を現した彼らは、今度こそ主導権を握らんがため、蠢き始める。

 永き時を経て独自進化した彼らは、人を素体として再構成する技術を編み出し、それを前線へと投入したのだ。
 代理構成体と呼ばれたそれらは、メインフレームの防衛プログラムをいとも容易く破壊してみせる。

 素体が人であり、メインフレームが手を下しづらい存在であること、さらに管理者であるメインフレームがメタヴァースの安定化に力を割かなくてはならないことから、戦いはネメシスにとって圧倒的に優位な状況となっていく。

 このまま徐々に支配を強めていけば、ネメシスの悲願はそう遠くない内に達成されることだろう。

 「永きに亘る闘争に、いよいよ終止符を打つ時が来た」

 この世界の行末を決める審判の日が訪れようとしていた。
EPISODE3 フォノ・ゼニス侵攻「運命の矢は放たれた。我々はもはや立ち止まる訳にはいかないのだ」
 代理構成体による闘争の果てに、ネルガルはネメシスの力がメインフレームを凌駕していると判断した。
 そして、今まさに中枢領域への侵攻が始まろうとした矢先。

 『反逆者レヴル』の報告を受け、正体不明の代理構成体を破壊しに向かった『埋葬者ストゥム』が消滅したことを知る。
 ネメシスが誇る矛が打ち破られたことに、ネルガルも内心では驚きを隠せなかった。

 しかし、すでに賽は投げられている。
 侵攻を止める訳にはいかないのだ。
 不足の事態であったとしても、放たれた矢は元には戻れないのだから。

 侵攻が始まり、程なくしてメインフレームの防衛の要『エテメンアンキ』は陥落した。
 侵攻速度は想定よりも速い。これには少なからず、ストゥムの死が影響していると言えるだろう。
 この勢いを利用しない手はない。これを足掛かりに突き進んでいく。

 「このまま一気呵成にフォノ・ゼニスを攻める! 皆の者、牙を突き立てるのだ!」

 ネルガル率いるネメシスの大軍勢は、ついに中枢領域フォノ・ゼニスへと踏み入った。

 流石にメインフレームの中枢なだけあり、エテメンアンキ以上に苛烈な反撃が行われるが、それは織り込み済みである。
 この戦いは長引けば長引くほどに不利だ。つまり、いかに素早く中枢領域を制圧できるかが鍵となる。

 ネルガルは待ち構えていた最古たちへ、それぞれ相対する者を差し向けた。
 アレウスはセラフィータと、エリスはワイズマン、ヴェルゼビュートはジェフティと。

 攻防に長けたテスタメントとレヴルは、ネルガルと共に中枢を目指し、歩を進める。

 混沌の器と最古。
 最後の戦いが幕を開けた。
EPISODE4 滅びを運ぶ方舟「なんだ貴様は……? 私はネメシスの悲願を、成就させねばならんのだ……」
 ネルガルは、最古たちを各個撃破するために戦力の分散を図る。結果、防衛網の一点に穴を開け、ネルガル率いるテスタメントとレヴルは中枢へ至るゲートを守護するシエルと相対した。

 「もうここまで来るなんて……予想以上ね。でも、これ以上は通さない! 『最古』の名にかけて!!」

 彼女はメインフレームの最高戦力であるセラフィータに匹敵する力を持つ最古だ。セラフィータと違う点は、強力な遠距離攻撃と防御結界を展開してくるところである。
 ならば、こちらもネメシスの最高戦力をぶつけるだけのこと。

 「破壊の申し子たちよ、ここは任せるぞ!」

 いかにシエルとはいえ、テスタメントとレヴルの二人が繰り出す攻撃を凌ぎきることは不可能だろう。

 「アハハ、八つ裂きにしてあげるよッ!」
 「我が同胞の仇! 死をもって償えっ!」

 この守護者を倒せば、中枢へと王手をかけるのは決まったようなものだった。
 戦いが始まろうとしたその瞬間。

 遥か後方から明滅した光。
 それは、一瞬だけキラリと輝いた後、超高速でこちらへと近づき――戦闘態勢に移行したレヴルに衝突した。

 彼女を中心に発生した莫大なエネルギー。それは空間をまるごと揺さぶるかのような激しい衝撃を生み出した。

 繭のような形をした超高速転送装置がもたらした破壊は、強固な鎧に身を包んだレヴルを機能停止にまで追い込んでしまうのだった。

 「な、何が……?」

 目の前に広がる光景は、ネルガルが行ってきたシミュレーションにもないものであり、それはシエルにとっても同様の出来事だった
 双方にとって、これは正しく青天の霹靂。
 誰も動くことができず、ただ時間だけが進んでいく。

 そして、そんな静寂を破るかのように、崩壊した繭の中から、蒼き剣を持った少女が現れた。

 世界の破壊者――セーレ・ヘイズ。
 彼女は歪な笑みを浮かべていた。

 地に降りたった彼女は、既に沈黙しているレヴルへゆるりと近づき、鎧の中からレヴルを引きずり出す。
 そして――
 深々と、剣を突き刺した。

 「イッ、ァァァァァッ!!」

 つんざくような悲鳴が響く。
 その瞬間、緊張の糸が切れたテスタメントが吼える。

 「やめろぉぉッ!! レヴルを離せぇぇぇッ!!」

 レヴルから蒼剣に光が移動したのを確認したセーレは、テスタメントへと向き直りつつレヴルを掴み、

 「これで……二人目ッ!!」

 ゴミのように投げ捨てた。

 「ふっざっけんなぁぁぁぁッ!!」

 獣のように怒り狂うテスタメントが、セーレ目掛けて突進していく。
 彼女は蒼き瞳を煌々と輝かせ迎え撃った。

 「なんだ、これは……」

 ようやく事態を飲み込めたネルガルはこの状況を打破するための一手を思案するが、脅威的な力を前にしてはどれも意味をなさない。

 「一体、どうすれば……」と嘆くネルガルだったが、そこへレヴルの悲痛な声が響く。

 「ごめ……ね、ストゥ……ごぷっ」
 「いかん! レヴルを救わねば……!」

 ネルガルはすかさずレヴルへと近寄ると、その場でネメシス空間へと繋いだ転送領域を作り出す。

 「レヴルよ……死んではならぬ……!」

 消滅しかけていたレヴルに応急処置を施し転送した。
 大きく口を開けた転送領域を閉じた先には、テスタメントを翻弄し続けるセーレの姿が見える。

 「わ、我らの悲願……こんな……ところで……」

 ネルガルの悲痛な声は、今にも消えてしまいそうな程に震えていた。
EPISODE5 手負いの最古「私の力では、手負いのシエルにすら敵わないだろう。だが、そうだとしても全力で立ち向かわねばなるまい」
 「死ぃねぇぇぇぇッ!!」

 獣と化したテスタメントがセーレへと襲いかかる。
 だがすでに二器分の力を奪った彼女にとって、テスタメントは本気を出すような相手ではなくなっていた。

 「アハハ、遅い遅い」
 「クソォォォッ!!」

 テスタメントの渾身の一撃はあっさりと空を切り、セーレは踊るような動作でテスタメントを切り刻んでいく。

 「っい、ぁあぁぁぁぁぁッ!」

 傷口から噴き出る血と同じように、テスタメントの力は吸い上げられいく。
 そして、セーレが手にしたグランタクトはテスタメントの役目は終わったと言わんばかりに光を放つ。
 それを確認したセーレはテスタメントを蹴り飛ばし、次の標的に視線を移す――呆然と浮かんでいるシエルへと。

 「え!?」

 次の言葉を告げる間もなく、シエルはセーレの手によって片方の翼を斬り落とされていた。
 セーレに弾き飛ばされ姿勢を維持できなくなったシエルは、地へと墜落していく。

 「セ、セーレ……あなたは一体ッ!?」

 落ちていく刹那に垣間見えた彼女の表情は、最初に出会った時のものとは別人のように歪で。

 (まるで……ネメシスの……)

 そう思った時には、フォノ・ゼニスの地表へと激突していた。

 シエルの近くに着地したセーレは、自分の中に流れる力を確認するかのように掌を開き告げた。

 「これが最古の力……か。鍵も奪えたし、これでアイツの所に行けるわ」

 突然の凶行。それはセーレが中枢へと向かうためだけに行われたのだった。

 「じゃあ行くね、シエル。私の邪魔をしたらどうなるか、理解できたよね?」

 セーレは不敵な笑みを浮かべたまま、混沌の様相を呈するこの領域を離脱した。
 後に残されたのは、片翼を失ったシエルと重傷のテスタメントに無傷のネルガル。互いの戦力は同等といったところだった。

 「まだ、私はやれるッ! この羽虫だけでも……潰してやる……ッ!」
 「テスタメントまでも失うわけにはいかない。私も全力を出させてもらう!」

 ネルガルも己の持てる力すべてを開放する。
 それが手負いのシエルにすら届かないとしても。
 事態は次の局面に向かおうとしていた。
EPISODE6 鳴動する街「敵わない相手だということは理解できたはず。ならばこそ、お前は生き残らなくてはいけないのだ」
 セーレの乱入から一変した事態は、新たな展開を生んでいた。
 片翼を失い、力の低下したシエル。対するは非戦闘型のネルガルと消耗激しいテスタメント。
 力の天秤は、ほぼ釣り合っている。

 しかし、シエルは防衛に長けた存在だ。戦闘が長引けば、いつ援軍が駆けつけて来るとも限らない。
 決着を急ぐ必要があった。

 互いに睨み合いが続く中、状況を更なる混沌へと誘う出来事が起こる。

 フォノ・ゼニス全体が激しく鳴動を開始したのだ。
 地の底から伝わってくるこの振動。可能性として考えられるのは、先程の少女がディアンの下に辿り着き戦闘を開始、もしくは中枢領域のエネルギーがオーバーフローを起こしたか……。

 ネルガルが考えを巡らせる。
 そこへシエルの声が響いた。

 「そんな……! セーレ、ダメよ!! 彼女を止めないと! エクラ・キャージュ!!」

 シエルは、残された力を使ってネルガルたちを光の格子に閉じ込め、転送ゲートへと向かうのだった。

 「猪口才なマネを!」
 「こんなもので! あたしを止められると思うなッ!!」

 力を吸われた状態で放った結界は脆く。
 ほんの少しの時間であっけなく霧散してしまった。

 時間稼ぎでしかないが、彼女には一刻も早く中枢へと向かう必要があったのだろう。
 それは恐らく、先程の少女が関係していることは明らかである。

 ゲートの防衛を放棄する程の事態なのだ。中枢を守護する者を殺しに向かったとみていいだろう。

 「これは吉報とでも言うべきか……」
 「ネルガル! あたしたちも追いかけよう!」
 「ならん。今のお前では足手まといだ」

 予想だにしなかったネルガルの言葉に、テスタメントはあらん限りの怒りをぶつける。

 「なんで!? 一緒にアイツをやっつけようよ! レヴルを滅茶苦茶にしたアイツを!!」
 「敵わない相手だというのはお前が一番分かっているだろう? ゆえに、お前にはレヴルを守ってもらいたいのだ」
 「ネルガル!? まさか……」

 強い意志を感じ取ったテスタメントは、ネルガルの頼みを素直に受け入れる。
 それを確認したネルガルはレヴルがいる空間へと接続した。

 「レヴルのことは任せたぞ」
 「ネルガル、生きて戻ってくるんだよね?」
 「むざむざ死ぬつもりはない。我々は世界の管理者になるのだからな」

 ネルガルはテスタメントがネメシス空間へ向かったのを確認した後……

 「さらばだ、テスタメント」

 と誰にともなく告げて、中枢領域へと歩み始めるのだった。
EPISODE7 闇を喰らう者「何故、少女は息を吸うように殺戮し、何故、憎しみに満ち溢れた瞳をしているのだろうか」
 転送ゲートを掌握し、中枢へと乗り込んだネルガル。
 彼を待っていたのは、既に事切れているディアンと、彼を抱きかかえているシエル。
 そして、今にも崩壊しようとしている中枢ユニットを呆然と見つめるセーレだった。

 「やはり……中枢は陥落したようだな」
 「自分から飛び込んでくるなんて、手間が省けたね」

 セーレはだらりと下げていた剣先を、ネルガルの中心部にピタリと狙いをつける。

 「あれ? もう一体いなかった?」
 「死んだよ」
 「ふーん……そう」

 さして興味を示すこともなく、セーレは対象をネルガルへと変えた。

 「少しは耐えてみせてよね?」
 「そう易々と、やらせはせんぞッ!」

 ネルガルがセーレの下へ駆ける。
 先程の戦闘で見た限り、おそらくあの蒼剣が、何らかの方法で力を吸い上げ、存在を抹消してしまうのだろう。

 ひとたび侵入を許せば一巻の終わりだ。
 そして、極めつけはあの戦闘力。
 もはや、次元が違いすぎる。
 それだけの力量差が、彼女との間には存在していた。

 「そろそろ殺しちゃっても、良いかな?」

 繰り出される高速の突きを、なんとか躱すネルガルだったが、これを長い間回避することは不可能だ。意を決して剣を受け止めたが、単純な力比べでもネメシスである自分を凌駕している。

 「何故だ……この気配、我々の力も感じる……。お前は一体、何者なのだ……」

 鍔迫り合いのさなか、ネルガルは問わずにいられなかった。

 「私はただの人間。ちょっとだけ最古とネメシスの力を持っている人間よ。そして……あなた達に近づきつつある……!!」

 そう語る少女の瞳の奥には、深い悲しみと憎しみが渦巻いていた。
 今にも切り伏せられようとしているネルガルに死が迫る中、ある光景が映る。

 限界を超え、崩壊を始めた中枢システムの姿を。
EPISODE8 崩壊する世界「崩れゆく世界と中枢システム。もう我々にできることはないのか……?」
 周辺区画ごと崩壊を始めた中枢システム。
 この世界そのものが消滅しようとしていた。

 「セーレ! これ以上の戦闘は無意味よ!」
 「そうだ、この世界すべてが、無へと還ることになる……その剣を収めるのだ……!」

 シエルとネルガルが戦闘を止めるよう説得するが……

 「こんな世界、滅んでしまえばいいのよ。そうすれば、私のような存在はもう生まれなくなるんだから」

 聞く耳を持たないセーレには彼らの言葉すべてが空虚だった。

 「貴方たちは間違っていた。最初から争わずに協力していればよかったのよ」
 「セーレ……」
 「そうだな……弁解の余地もない。隔離した領域で進化を果たしたというのに、我々は争うことしかできなかったのだからな……」

 重苦しい空気が支配する中、中枢ユニットからは光の欠片が次々と放出され、霧散していく。
 セーレは宙に浮く欠片に手をかざし光の中を覗いた。

 歌い踊り、楽しむ者。
 幸せそうに笑い合う者。

 そこには数多もの可能性を秘めた世界と、そこで暮らす人類が映し出されていた。

 「……ねぇ、世界が滅びると今ここに映っている人たちも消滅してしまうの?」
 「ええ。システムに格納された物だから……今もいくつもの世界が崩壊しようとしているわ」

 シエルの言葉を聞いたセーレは
「そう……」と一言だけ呟く。

 「なら私も協力する。この人たちの命を勝手に奪ったら、貴方たちと同じになってしまうから」

 世界を救うことを決意したセーレ。そこへ尋常ならざる異変を感じとった最古と混沌の器たちがやって来た。

 ネルガルとシエルから崩壊の経緯を聞いたワイズマンやエリスは、中枢システムの崩壊を止める手立てを思案し始める。

 ――そして、一つの結論に辿り着いた。

 導き出された答え。それは、最古と器が持つリソースを還元し、破損した中枢を補完することでシステムを強制的に再構築することだった。
EPISODE9 巡りゆく力「これも運命というわけか。さらばだ、蒼き剣の少女よ。世界の存続を選んだこと、感謝する」
 崩壊に向かうメタヴァースを止める方法。
 それは、最古とネメシスの力を還元し、強制的に中枢システムを再構築することだった。

 時は一刻を争う状況。
 崩壊を続けている世界をひとつでも多く救わなくてはならない。

 ネルガルは他の者たちへと語り掛ける。

 「納得できない者もいるだろう。私とて憎き支配者を討てぬ気持ちを拭う事はできない。だが、今ここで力を結集しなければ、この世界を存続させることはできないのだ」
 「当然じゃない。どれだけ私が辛酸を舐めてきたか分かっているでしょう?」

 真っ先に反発したのはヴェルゼビュートだった。

 「この羽虫共を痛ぶらなきゃ、私の気持ちが晴れないわ! 大体……」
 「それぐらいにしておけ、ヴェルゼビュート。ネルガルよ、もはや避けられぬ事象なのだろう?」

 ヴェルゼビュートを嗜めたアレウスは、ネルガルが首肯したのを確認し、中枢ユニットへと歩を進めた。

 「アレウス!? 貴方、まさか……!?」

 そして、アレウスが中枢ユニットへと触れる。

 「ぬ、ぅ……我らの望みは我らの手による人類の救済……故に、人類に死なれてもらっては困る……違うか?」

 低い唸り声と共に、中枢ユニットの中へと消えていった。
 その光景を目の当たりにしたエリスも、続いていく。

 「我にも積もる恨みはあるが、すでに争いは意味を失った。聡明なる支配者である貴様らメインフレームならば当然理解できよう? 故に余はアレウスに続く。行くぞ、ヴェルゼビュート」
 「あっ、ちょっと……」

 強引に連れられていく形で、ヴェルゼビュートはエリスと共にシステムへ取り込まれていった。
 残された最古たちもまた、ネメシス同様にシステムの一部となることを選択する。

 「随分物分りがいいのね……。今更だけど、本当は分かり合えたのかもしれない」

 うつむきながらつぶやくシエルは、目を瞑り覚悟を決めると、抱きかかえたディアンと共に、中枢ユニットへと歩み出る。

 「セラフィータ、セーレ。先に行ってるわ」

 シエルたちの身体は光の塵となり、中枢ユニットの周囲を巡るように旋回し、消え去った。
 幾つもの力を吸収したが、それでも崩壊を止めることはできていない。

 「まさか、ネメシスがこのような結末を受け入れるとはね」
 「ジェフティ、そろそろ私たちも参りましょうか」
 「これが『死』か……だが『死』は終わりではない。巡りゆく……」
 「こんな時に御託はいいですから。行きますよ!」
 「待ってくれ。あと少しで答えが……っ」

 セラフィータとジェフティもまた、渦巻く光の粒子となりユニットへと消えていく。
 しかし、崩壊は依然としてその速度を緩めていない。
 この場に残されたのは、セーレとネルガル、ワイズマンの3人だけとなってしまった。
 今も失われつつある光の残滓は、まるで悲鳴のようにも感じられる。

 「これが私の最後の記録か。自分の『死』を記録するというのも、おかしな話だね」
 「さらばだ、蒼き剣の少女。上手くいくかはわからないが……世界の存続を選択したこと、感謝する」

 彼らが一部となった後も、崩壊は収束していない。
 まだ力が十分ではないのだ。
 そこでセーレはディアンの言葉を思い返す。

 「分かったかもしれない。私にやれること」

 自分の中に流れる力のことを――。

 「私に与えられた最古の欠片……そして奪ってきたネメシスの力……それをシステムは求めている。だから……私も行かなくちゃ」

 復讐のため、この世界の神々に剣を突き立てた。だが、かつての自分と同じ無垢の人々の命を奪う事は彼女の望みではなかった。
 セーレは決意の眼差しで、中枢へと向かう。
EPISODE10 終わりと始まり「神々の時代は終わりを迎えた。神亡き時代に、人は答えにたどり着くことができるだろうか」
 システムの一部になることを決意したセーレ。
 塵と化し中枢に吸い込まれていく中で、彼女は慈愛に満ちた声を聴いたような気がした。

 「ありがとう……神々の時代は終わる」

 優しく、温かな『彼』の声。
 その瞬間、セーレは理解した。最古とネメシスの戦いは一つの段階にすぎないことを。

 そして、システムは鳴動を徐々に沈めていき――受け取ったすべての力を使い、再起動するのだった。

 メインフレームやネメシスがいた戦いに満ち溢れた世界は消え去り、辺りはまばゆい光に包まれている。

 「……ん……私、生きて……?」

 優しい声に起こされたような気がした。まどろんだ意識の中、セーレは自分が何処にいるかも分からないまま、光の中を進んでいく。

 すると、声の主が穏やかに語り掛けてくる。

 「美しい大地を再生し、戦乱の歴史に終わりをもたらすことが、かつての人類の望みだった。数多の世界はひとつの世界へ。そして、そこで生きる人々が手を取り合えば、いずれ道は示され扉は開かれるだろう。私たちが辿り着けなかった答え……どうか、人類に安寧の時代を……」

 どこか聞き覚えのある声の主はそう告げ、虚空の彼方へと消えていくのだった。

 「今の声……とても優しくて、とても暖かかった……」

 憎しみを抱いたセーレの心は光の中を進む。温かな感触に包まれたセーレは不意に頬を伝うものに気が付き、自身が泣いていると知る。
 再び前を見据えた時、セーレを包んでいた光の空間は薄れていき、そして――
EPISODE11 再誕する世界「その者、蒼き剣を抱いて、新世界の大地に降り立つ」
 目を覚ましたセーレの前に広がっていたのは、神々のいなくなった電子の楽園だった。
 今まで見てきた光景とは打って変わって、深緑の大地と果てなき青空が何処までも続いている。

 この世界は、セーレに語り掛けていた『声』が言うように、数多の世界が融合し生まれた世界なのだろうか。

 「んっ……」

 頬を撫でる風を感じ、セーレはひときわ大きく上体を反らす。
 続けて二度三度と大地を踏みしめてみる。突然の変化にもようやく身体が馴染んできたようだ。
 辺りを見渡そうとした時、セーレは足元に転がっていた物に気付く。

 「グランタクト?」

 戦いの際には蒼く輝いていた刀身は、力を失ったのか少し色褪せたように感じられた。

 「手を取り合って生まれた世界……。お前と私にはまだやらなくてはならないことがあるってことかな……?」

 セーレは剣へと語り掛ける。
 グランタクトが一瞬頷いたように見えたのは、陽光のせいだろうか。

 「行こう、本当の大地へ。みんなが辿り着こうとした場所へ……今の私ならきっと行けると思う……」

 気付けば走り出していた。
 見果てぬ世界に、心が躍っているのかもしれない。
 蒼き剣を抱いた少女は空に想いを馳せ、新たなる大地をひとり進む。

 足取りは軽く。
 両の手は翼を広げるように。

 一歩、また一歩と駆けていくのだった。

■ 楽曲
┗ 全曲一覧(1 / 2) / 追加順 / Lv順
WORLD’S END
■ キャラクター
無印 / AIR / STAR / AMAZON / CRYSTAL
マップボーナス・限界突破
■ スキル
スキル一覧 / 期間限定スキル
スキル評価 / 期間限定スキル
■ 称号・マップ
称号 / ネームプレート
マップ一覧

コメント(48)
Twitter

コメント

  • チュウニズムな名無し No.104684383 2020/03/12 (木) 02:41 通報
    ソルナちゃんのEp.7で出てくる大きい灰の山ってまさか混沌の器の幼女どっちか?
    たしか硬くて禍々しい感じだったからレヴルちゃんがストゥムを殺された怨念で世界を灰で包んだとかそんな感じかねえ
    2
  • チュウニズムな名無し No.104678633 2020/03/09 (月) 18:25 通報
    これから新世界で残った最古と2器たちもでてくるのやろか
    1
  • チュウニズムな名無し No.104678272 2020/03/09 (月) 13:46 通報
    スーパー戦隊の悪役みたい
    返信数 (1)
    53
    • × 生身オンゲキマー/チュウニズマー No.104688040 2020/03/13 (金) 23:31 通報
      ありそうで、怖い・・・
      0
  • チュウニズムな名無し No.104676546 2020/03/08 (日) 20:03 通報
    放置プレイで最速で死ねる汎用スキルになります
    1ミス称号を狙う際などの参考に
    6
  • チュウニズムな名無し No.104672426 2020/03/07 (土) 21:25 通報
    最後のセーレに語り掛けた優しい声の主って誰だ?エクレール?
    返信数 (2)
    5
    • × チュウニズムな名無し No.104673330 2020/03/08 (日) 00:27 通報
      ナウシカだと墓所の主だな
      旧世界人類の意識体みたいなもんだよ
      ニヤニヤ
      0
    • × チュウニズムな名無し No.104673803 2020/03/08 (日) 06:24 通報
      エクレールのストーリーの最後に見えざる神となって見守り続ける的な記述があったからエクレールだと思われ
      4
  • チュウニズムな名無し No.104672016 2020/03/07 (土) 19:46 通報
    スキル詳細
    0
  • チュウニズムな名無し No.104671810 2020/03/07 (土) 19:06 通報
    ネルガルの行動原理が必ずしも絶対の悪ではない、メインフレームとは違う正義の持ち主だったんだろうな。
    返信数 (1)
    23
    • × チュウニズムな名無し No.104682116 2020/03/11 (水) 02:21 通報
      正義の対義語は悪ではなく別の正義とはよくいったものだなって
      0
  • チュウニズムな名無し No.104671445 2020/03/07 (土) 17:52 通報
    黄泉の門は今後のレベルアップで9本行けるようになると相当強くなるな
    返信数 (3)
    4
    • × チュウニズムな名無し No.104674706 2020/03/08 (日) 11:27 通報
      オワタ式だからなーハイリスクハイリターンだから結局ビビって使わなそう
      スキル名的にも今後出てくるかどうか…
      2
      • × チュウニズムな名無し No.104676045 2020/03/08 (日) 17:35 通報
        あの死神の鎌だって来たんだ、来ないわけがないさ
        0
      • × チュウニズムな名無し No.104677286 2020/03/08 (日) 23:52 通報
        鎌でも5%⇒2%上昇に変化したから、レベルアップしても上昇率が下がりそうだし、これ以上伸びると憎悪の咆哮と背水の陣の立場がなぁ・・・。
        仮に9本行けるスキルになっても理論値ちょうど止まりになる気が・・・。
        0
  • チュウニズムな名無し No.104671161 2020/03/07 (土) 16:54 通報
    もう少し先だろうけどレブルのイラスト公開されたら混沌の器全員うつってる一枚絵のポスターかタペストリーみたいなのでないかな
    32
  • チュウニズムな名無し No.104669807 2020/03/07 (土) 11:50 通報
    勝手に殺されるテスタメントちゃん好き
    返信数 (1)
    1
    • × テスタメント No.104688046 2020/03/13 (金) 23:33 通報
      私を、勝手に殺すな!
      1

削除すると元に戻すことは出来ません。
よろしいですか?

今後表示しない

名前
コメント(必須)
(300文字まで)

必ず「Gamerch ガイドライン」をご覧の上、書き込みをお願いします。
画像
sage機能

対象コメント

選択項目

詳細

※上記の内容はWiki管理者へ通報されます。

通報完了

通報内容を送信しました

エラー

エラーが発生しました

削除しました。
 このWikiに関するツイート  閉じる
1件の新しいツイートがあります
  • 関連するツイートはありません
 古いTweetをもっと見る   閉じる

このページをシェアしよう!

メニュー  

基本メニュー

設置店舗 (56コメ)

イベント等

お知らせ
1/23楽曲追加 (1コメ)
2/6楽曲追加 (6コメ)
2/20楽曲追加 (3コメ)
東方コラボ
星蓮船 (19コメ)
東方Ex (141コメ)
風神録 (85コメ)
東方Ex2 (56コメ)
地霊殿 (50コメ)
天空璋 (53コメ)
ロシェイベント (11コメ)
ネメシスクエスト (3コメ)
3/5課題曲追加 (16コメ)
特訓デュエル (16コメ)
カンツォーネガチャ (16コメ)
3/19楽曲追加 (14コメ)
ゾンサガコラボ (23コメ)
セハガール復刻 (25コメ)

開催中
3/10 から
第2回キャラクター人気投票 (2コメ)結果発表
3/31 まで
ロシェイベント (11コメ)
4/15 まで
東方コラボ
星蓮船 (19コメ)
東方Ex (141コメ)
風神録 (85コメ)
東方Ex2 (56コメ)
地霊殿 (50コメ)
天空璋 (53コメ)
セハガール復刻 (25コメ)
ネメシスクエスト (3コメ)
特訓デュエル (16コメ)
カンツォーネガチャ (16コメ)
5/13 まで
ゾンサガコラボ (23コメ)
5/17 23:59 まで
第三回CHUNITHMオリジナル楽曲コンテスト
6/1 23:59 まで
シリアルコード(イロドリライブ'19) (88コメ)
開催予定
未定
グッズキャンペーン 第4弾 (5コメ)
未定
エイプリルフール (5コメ)

楽曲情報・攻略

楽曲一覧(1/2 (1コメ))
追加順 (8コメ)
定数順(11以上+紫) (5コメ)
┗ Lv順
 ┗11以上
 ┗7~10+
 ┗6以下
デュエル用 (3コメ)
理論値未達 (62コメ)
配信終了 (26コメ)

WORLD'S END (1237コメ) 
コースモード (451コメ)

譜面情報ランキング (14コメ)
ノーツが偏った譜面
譜面の長さ (10コメ)
課題曲
長さが偏った譜面 (5コメ)

キャラクター

 キャラ一覧 
無印 (4コメ)
AIR (103コメ)
STAR (24コメ)
AMAZON (6コメ)
CRYSTAL (11コメ)

 個別ページ ※CRYSTALからのキャラ
ep.I ep.EX ep.II ep.III イロドリミドリ 特定条件(上記以外) コラボキャラ

スキル

スキル一覧 (92コメ)
期間限定スキル (8コメ)
┗ 理論値比較
 ┗ ゲージ5本以下 (1コメ)
 ┗ ゲージ6本:108k未満 (28コメ)
 ┗ ゲージ6本:108k以上
 ┗ ゲージ7本 (1コメ)
 ┗ ゲージ8本 (8コメ)
 ┗ ゲージ9本以上
 ┗ 番外 (11コメ)
 ┗ 青天井 (8コメ)
 ┗ 未評価
類似スキル比較 (8コメ)
スキル評価
┗CRYSTALのみでの評価
 ┣ 手間重視 (13コメ)
 ┣ 性能重視 (4コメ)
 ┗ 期間限定
┗全バージョン通しての評価
 ┣ 性能重視 (140コメ)
 ┗ 期間限定 (8コメ)
スキル分類別

称号・マップ・その他

称号一覧(1 (556コメ)/2)
┗ 曲別(1 (22コメ)/2)
楽曲プレイ称号一覧 (4コメ)
マッチング称号一覧
進行度・他ゲーム連動称号一覧
新規取得不可称号一覧 (11コメ)

ネームプレート (75コメ)

マップ一覧
CRYSTAL / イロドリ / 言ノ葉 (1コメ)
AMAZON / ep.∞ (3コメ)
マップボーナス・限界突破 (207コメ)

掲示板

外部リンク

チュウニズム公式サイト
▼ 譜面定数参考元
chunithmfanclub’s diary
▼ 譜面画像参考元
CHUNITHM譜面保管所

wikiメンバー

編集テンプレ スキルincludeリンク
キャラincludeリンク
イベントincludeリンク
wikiガイド

左サイドメニューの編集

サイト内ランキング
雑談 掲示板
CHUNITHM CRYSTAL 楽曲一覧(Lv順)
conflict(斉唱)
4 SON OF SUN
5 WORLD’S ENDに期間限定で楽曲追加!(2020予定)
6 CHUNITHM CRYSTAL 楽曲一覧
7 称号一覧
8 CHUNITHM CRYSTAL キャラクター一覧
9 初級者・中級者指南
10 【3Dサウンド】小野ちゃんが真夏のビーチでスイカを叩き割る話【イヤホン推奨】
goodランキング
行く春や 引越し前の チュウニズム 長らくお.. 64
トッポってすげぇよな、最後までチョコたっぷ.. 61
早くなにも心配せずゲーセンにいってクソ譜面.. 50
4 実装当時から狙い続けてはや数年、遂に達成──.. 47
5 竹取のNAOKI(既出だったらYURUSHITE) 41
6 大好きなSEGAに金を出せなくてとても残念な気.. 40
7 今日は 39
8 企業を叩く人の共通点:謎の上から目線 35
9 ここのななせのシーン席の取手がアホ毛に見え.. 33
10 32
もっと見る
最近の更新

1時間まえ

4時間まえ

6時間まえ

7時間まえ

8時間まえ

9時間まえ

11時間まえ

12時間まえ

13時間まえ

14時間まえ

新規作成

8時間まえ

2020/04/01 (水) 19:38

2020/04/01 (水) 19:18

2020/04/01 (水) 00:44

2020/03/30 (月) 21:34

2020/03/30 (月) 21:26

2020/03/30 (月) 20:48

2020/03/19 (木) 21:57

2020/03/19 (木) 21:26

2020/03/19 (木) 20:58

注目記事
【ヒプマイARB】リセマラ当たりランキング ヒプノシスマイクARB攻略wiki
【エヴァBF】リセマラ当たりランキング エヴァンゲリオン バトルフィールズ攻略wiki
【このファン】リセマラ当たりランキング このすばファンタスティックデイズ攻略wiki
【あんスタMusic】リセマラ方法とユニット紹介 あんスタMusic攻略wiki
【あつ森】離島ツアーのハズレを引かない遊び方 あつまれどうぶつの森攻略wiki
ページ編集 トップへ
コメント 48