不来方 とあ

(52コメント)  
最終更新日時:

【キャラ一覧(無印 / AIR / STAR / AMAZON / CRYSTAL / PARADISE / NEW)】【マップ一覧


Illustrator:お久しぶり

名前不来方とあ
年齢1X歳(外見年齢10歳前後?)
職業不詳
NEW ep.I - Side.Bマップ10(進行度2/NEW時点で385マス/MAP1から1670マス*1)で「蜘蛛の糸」クリアで入手。

正体不明の"ナニか"と一緒にいる不思議な少女。
STORYはそんな彼女に翻弄する、とある男性の視点とかつて彼女と関わった人物の記録と分ける形で語られる。
スキル
RANK獲得スキルシード個数
1天地創造×5
5×1
10×5
15×1
25限界突破の証×1
50真・限界突破の証×1
100絆・限界突破の証×1

  • 天地創造 [CATASTROPHY]
    • 最もハイリスクハイリターンなスキル。AJペースでも平然と強制終了しかねない。
      • PARADISE LOSTまでのアルテマヴォルテックスと同じ。
      • スキルの動作が変更されていると告知のあったスキルの1つ。
      • NEWでは、ATTACK以下の回数を条件に強制終了するスキルがなくなっている。
    • NEW初回プレイ時に入手できるスキルシードは、PARADISE LOSTまでに入手したDANGER系スキルの合計所持数と合計GRADEに応じて変化する(推定最大49個(GRADE50))。
効果
ゲージ上昇UP (???.??%)
JUSTICE以下10回で強制終了
GRADE上昇率
1350.00%
2351.00%?
49398.00%?
▲引継ぎ無し上限(2022/3/3)
50399.00%
▲PARADISE LOST引継ぎ上限
98447.00%
▲引継ぎあり上限(2022/3/3)
推測データ
n349.70%
+(n x 1.00%)
シード+11.00%
シード+55.00%
プレイ環境と最大GRADEの関係
開始時期最大GRADE
NEW+37
NEW49
~PARADISE×98
2022/5/12時点
筐体内で入手できる所有キャラ
    • 登場時に入手期間が指定されていないマップで入手できるキャラ。
CHUNITHMマップで入手できるキャラクター
※:進行度やロック解除の条件を満たすまでエリアの進行ができない
Verマップエリア
(マス数)
累計*2
(短縮)
キャラクター
NEWep.Ⅰ
side.A
※10
(385マス)
1670マス
(ー)
エイハヴ
ep.Ⅰ
sideB
※10
(385マス)
1670マス
(ー)
不来方 とあ
ep.Ⅲ※5
(405マス)
1315マス
(ー)
ニア
・ユーディット
マップが撤去されたキャラクター
バージョンキャラクター
NEWアイザック
・ドミナンスⅤⅢ

ランクテーブル
12345
スキルスキル
678910
スキル
1112131415
スキル
1617181920
 
2122232425
スキル
~50
スキル
~100
スキル

STORY
EPISODE1 がらすだま「どこまでが現実で――どこまでが夢なのだろう」
 雲ひとつない晴天と照り返す日差し。
 五月蝿いくらいの蝉の鳴き声も嫌いじゃない。
 僕は、大学生活二年目の夏を迎えようとしていた。
 随分と慣れてきたような気がするが、生活パターンは一年目とさして変わらない。
 一人暮らしのアパートで自由な時間に目覚め、講義のある日は大学に行って、ない日はバイト。
 親しい友人もおらず、これといった趣味もない。
 映画や本を読むのは好きだけれど、それだけだ。
 同好の士を募るつもりもないし、自分で作ろうという気もさらさらない。
 だが、僕にも微かながら興味を引かれる事があった。
 それはアパートのすぐ隣に最近建てられた一軒家だ。
 引っ越してきた住人はずいぶんと若く見える夫婦と、その娘さん。
 仲が良さそうで、とても幸せそうな家族に見えた。
 だけど、なんだか引っかかりを覚えて――あ。
 気を取られてるうちに、僕はアパートの階段を見事に踏み外した。
 受け身など取れるはずもなくそのままごろごろと下まで転がっていく。
 僕はほんの少しの後悔とともに、痛む身体をゆっくり起こした。
 大きな傷みはない。身体を打ったりもしていないし、痣もない……と思う。

 「ぐ……」

 頭に鈍い痛み。最初に軽くぶつかったのだろうか。
 触る限りコブにもなってなければ、切り傷もない。
 まぁ一応、病院には行っておこうと思う。
 近くには父さんが昔勤めてた病院がある。
 今でもそこは僕のかかりつけ先だ。

 病院から軽い打撲と診断されて戻ってきた時には、もう日が落ち始めていた。
 自分が住むアパートの前まで来ると、ふと思い立って隣の家を見上げてみる。
 すると二階の窓辺には、女の子が立っていて――

 「……ァ……」

 ――僕はその表情に、震えた。
 彼女の瞳は、空虚そのもの。感情の見えない硝子玉の瞳が、虚ろに外の世界を眺めているみたいだった。

 「……ッ!」

 呼吸するのすら忘れるくらいに見入っていた僕は、息苦しさに喉をわずかに引きつらせる。そのまま視線を外し、静かに呼吸を整えた。
 こんな不審者のような真似をして、自分はどうしてしまったのか――そんな言葉が頭に浮かび、なんとか冷静さを取り戻す。
 あんなに幸せそうに笑っていた女の子だ。今ここで見たのは気の所為に違いない――と、そんな風に考えつつも、僕は性懲りもなくもう一度顔を上げてみた。
 窓辺では、女の子が笑顔で僕へと手を振っている。
 やはり僕の見間違いだった――安堵して息が漏れた。
 僕は慣れない笑顔を作り、手を振って返してみせる。

 「……?」

 すると不思議そうな顔で顎に指を当て、小首を傾げてみせた。
 手を振っていた相手は……僕ではないのだろうか。
 そのことに気付くと、先走った後悔と不安が、そして少しの好奇心が押し寄せてくる。
 だって、今の今まで僕の周りには誰もいなかった。
 なら、誰に手を振ったのだろう――生まれてしまった好奇心は、そこで捨てておかなければいけないモノ。
 そう、そのときの僕は“知る”ということが自分にどんな変化をもたらすのか、微塵も頭になかった。
 だから、そんな莫迦な僕は振り返ってしまったのだ。
 前には誰もいない。なら、その誰かは後ろにいるはずなのでは、と。

 「――は?」

 信じられないような光景に、僕はまた、息を呑んだ。
 ソレは“誰か”と言えるモノではなかった。
 得体の知れないおぞましさを覚えるような――とても人には思えない奇妙な肉塊のようなモノ。
 ソレは、スカートのように広げた下半身を引きずり、ゆっくりと僕へにじり寄ってくる。

 これは……どこまでが現実で、どこまでが夢、なのだろう――

 現実感のない光景に、僕は逃げることさえ忘れていた。
 ソレは僕を丸呑みできるくらい、大きく口を開ける。

 ――目が、合った。

 ソレの口の奥に、人の顔があったのだ。
 さっきの見たモノと同じような――そう、あの硝子玉の瞳。
 その瞳には、なんだか不可思議な顔をした僕が小さく映っていた。
 それから――

 「あはっ」

 少女のような不思議な笑い声が聞こえて――僅かな浮遊感と共に、僕の世界はひっくり返った。

 「――ィ、――ゥ、――ェ、――ァ、――」

 何かの鳴き声のような、奇妙な音を耳に残して。
EPISODE2 かのじょ「くるくる、くるくる、くるくると。世界は回り、巡り、歪む」
 最初の出会いからもう一週間。
 今の僕は、彼女のことを知っている。

 ――不来方とあ。

 それが、隣の家に住む女の子の名前だ。
 10歳前後で、察するに多分学校には行っていない。
 そんな彼女の両親が帰ってこなくなったのは、つい三日前のことだという。

 「おにいさん、きてくれたのね」

 講義を終えた僕はそのまま自分のアパートに帰ることなく、隣の家の扉をくぐり、二階にある彼女の部屋へ直行した。

 「約束だからね」

 そう言って、僕は彼女と隣に佇む■◆■◆に、微笑んでみせる。
 ■◆■◆は彼女が生まれた時から一緒にいるらしい。
 最初に見たときこそ恐怖を覚えたが、見慣れてくると可愛らしいとすら思えてきた。

 「――、――ァ、――」

 ノイズのような音が、耳を通り過ぎていく。
 見た目も独特なら、鳴き声も独特だった。
 黒板を引っ掻いたような不快な音に近い。
 でも、何故か不思議と嫌じゃなかった。
 その理由はよくわからないけれど。

 「ふふ……ラヴはおにいさんが本当に好きなのね」

 ■◆■◆はずるずるとなにかを引きずり、そのまま僕へのしかかってくる。
 最初に出会ったときも同じだった。
 僕はてっきり食べられてしまうのかと思ったけど、これは愛情表現の一種らしい。

 「――ゥ、――ァ、――」

 ちゃぷ、と冷たい感触が服の中へ入り込んでくる。
 ■◆■◆はきっと僕が見えていない。
 もしかすると、触れながら確かめているのだろうか。
 僕が僕であるということを。

 「あ……はっ……」

 思わず、笑いが込み上げた。

 ――僕は、異常だ。

 だってこうされることに、なにも感じない。
 拒否も抵抗も侮蔑も別に浮かんでこない。
 ただされるがままに受け入れている。

 「おにいさん。ラヴってやわらかくて、あったかくて気持ちいいよね」
 「ああ……」

 頷くと、そっと撫でてやる。
 なめらかでシルク生地のような手触りだ。
 なんとなく、落ち着く感じすらある。

 「……ぁ…………」

 冷たい感触に、浮かされた気分が現実に戻る。
 犬や猫に肌を舐められているような感覚に、見た目はこうでも、普通のペットと変わらない、という実感を覚えていた。

 「おにいさんとラヴは仲良し、わたしも仲良しになりたいなぁ」

 そんな風に笑う彼女はまた、あの硝子玉の瞳を綺麗に輝かせ、微笑っていた。
EPISODE3 にっき「自分だけの世界が繋がってしまう……そんな夢みたいな奇跡があるなんて」
 不来方永愛(こずかたとあ)。
 17歳。通院歴7年。親族・親戚は無し。
 元々は四人家族の次女であった。
 通院開始の半年前、家族旅行中に事故に巻き込まれ、両親は即死。救出された長女の不来方愛惟(あい)は内臓系は無事だったが、潰れた車体に巻き込まれ、身体の大部分が激しく損壊している状態だった。
 次女の永愛は車内から弾き飛ばされたことで、肉体は無傷に等しい状態であったが、落下時の衝撃で臓器系に障害が生じてしまっている。
 そのため直前に死亡と判断された長女から、次女への臓器移植を医師は強行した。
 その結果、永愛は十全な状態で回復。
 その後は半年の経過観察を経て、復調したと判断。
 経過観察のため、定期的な診察を行うこととなった。


 ――19XX年6月×日、とある記録。

 「身体は元気で、完全な健康体。日常生活を送る上で支障はないでしょう……ですが」

 私はこれから彼女が世話になる養護施設の担当職員へ現状を伝える。

 「彼女、見えているんですよ。わたしたちにね、見えてないものが」

 そう言って、私はカルテをめくる。
 そこにはこう書かれていた。

 ■◆■◆。

 それは、私たちには到底理解できないものだった。
 やはり彼女の心は壊れてしまっているのだろうか。
 自分の身に起きた現実に耐えきれなくて。

 「まぁ、大きな問題はないでしょう。よろしくお願いします」

 そう言うと、職員たちは一礼して出ていった。
 施設には、何かしら精神的なトラウマを抱えている者も多い。こういうケースには慣れているのだろう。
 カルテは職員たちには見せていない。
 しかし、例え見たとしても、理解が及ぶだろうか。
 彼女は分裂症ではない。しかし、棲み分けている。
 “ソレ”が存在していい場所と、そうでない場所で。
 誰にも見えない“ソレ”は、どんな姿なのだろう。

 私の好奇心が疼いている。だが、知る機会は訪れないだろう。奇跡でも起きない限りは、絶対に。

 だが――奇跡はあったのだ。
 あくまで偶然の産物をそう呼ぶに過ぎないが。

 ――そう、その日は私に取って幸いと言えた。

 「おとうさん、■◆■◆って?」

 息子がそんな言葉を発したのは、診察後のことだ。
 息子は奇しくも同じ名前を発していた。
 知らぬうちに、彼女と出会ったのか?
 そもそもここにいるのは、先日自宅の階段で頭を打ったことが原因だ。
 それをきっかけに、同じものを見た?
 面白い、と思った。
 だから興味本位で、息子を彼女の元へ連れて行ったのだ。

 「「■◆■◆」」

 すぐに意気投合し、楽しそうに互いをその言葉で呼び合う子供たち。
 ■◆■◆とはなんだ? なんなのだ?
 知りたい。私はどうしても“ソレ”を知りたかった。
EPISODE4 いきえ「彼女は飲み込みが早い。まるで、何もかも最初から、知っているかのように」
 僕が彼女と一日の時間を多く過ごすようになって、もう二週間。
 何故そんなことになったのかというと、僕が夏休みの間、勉強を教えることになってしまったからだ。

 「おにいさんはお勉強を教えるの上手ね」

 そう言って、彼女は微笑む。

 「――ァ、――ゥ、――」
 「うふふ、ラヴもよくできましたって」

 穏やかな光景に、僕も思わず頬が緩む。

 「おにいさん?」
 「なんでもない。続けようか」

 ――約束してくれないと、食べてしまうかも。

 脅されるように始まった勉強会だけれど、結局ここに来ることを選んだのは正解だった気がする。
 こんな幸せそうな彼女を見ることができたのだから。

 「……まだ、食べたいって思ってる?」

 笑い話のように、茶化して聞いてみる。

 「――ゥ、――ゥ、――」

 嬉しそうな声が聞こえた。
 まだまだ僕は、安全な身の上には程遠いらしい。

 「わたしはね、おにいさんがこんなにやさしいなんてしらなかったわ」

 気づけば、彼女はいつものように窓の外を眺めていた。

 「おにいさん、ちゃんと見ていてね」

 僕は頷いてみせる。

 「――ぁ」

 ん?

 「■◆■◆」

 今のは――誰の声だったか。
EPISODE5 ごはん「見えないモノは見ようとしてはいけない。見えない方が正常なのだから」
 ――19XX年8月●日、とある記録。

 私は夜勤のため、一人で残っていた。
 もちろん、考えていたのは■◆■◆のことだ。
 子供たちはずいぶんと仲良くなって、不来方永愛もその時だけは笑顔を見せるようにさえなった。

 「やくそくしたんだ、ぼく!」

 昨日彼女の話を聞いたとき、息子はそんなことを言った。

 ――ずっと三人で一緒に遊びたい、と。

 “ソレ”――■◆■◆とは、人なのか?
 もしかすると、私も頭に大きな衝撃を受ければ、見ることができるようになるのかもしれない。

 机に重力のまま頭を打ち付けると、
 がんっ、と鈍い音が響いた。
 無理だ。私にまだ常識的な頭が残っている以上、自傷などできはしない。
 探究心と世間体を秤にかけてしまうのが、大人というものだった。

 ――ずるっ。

 「ん?」

 静寂の中、布が這いずるような音がした。
 今日はこの部屋に誰もいないはず――そんなことを考えながら扉の方を見やる。
 そこには、いた。
 得体知れずの、生物かもわからない“ナニカ”。
 きっと、あれが■◆■◆。
 こんな簡単に見れるとは思っていなかった。

 「――ィ、――ゥ、――」

 “ナニカ”の口が大きく開き、触手のようなものが私に絡みついてくる。
 まるで私を排除せんとばかりに。
 次の瞬間には、私の視界は塞がれた。

 「ぇ……が……あ……」

 苦しい。
 喉が潰されていくようで、息がうまくできない。

 「――ィ、――ァ、――ィ」

 なんと言ったのだろう。
 考えがまとまら、な――

 ■■■■
 ■■■■■■■■
 ■■■■■■■■■■■■
 ■■■■■■■■
 ■■■■

 病院の待合室にあるテレビから、ニュースが流れている。

 『昨夜、××病院にて、男性医師が殺害される事件がありました。防犯カメラには怪しい人影が映っており、被害者は夜勤の休憩中に襲われたと――』

 転院させられていく患者たちで騒がしい中、子供が病院を後にする車を微笑って見送っていた。

 ――■◆■◆――

 それは、あの日にした約束。
 ずっと、三人で、一緒に――

 そんなものは、これからの時間で、いつの間にか忘れられてしまうのだけれど。
EPISODE6 きおく「かのじょ は かのじょ ?」
 彼女の家に行くと、先客がいた。
 確かあれは、彼女の母親……だっただろうか。

 「あれ、あなた……この家に何か?」
 「どうも。……その、僕は今、お嬢さんに家庭教師のようなことをしてまして」
 「家庭教師……? そんなもの、誰が――」

 遮るように、家からナニカが飛び出してきた。

 「――ァ、――ェ、――ェ」

 それは、僕にそのままぶつかって――

 「あがっ!?」

 ぶつかった衝撃のままに、僕は地面を転がった。
 そのまま家の外壁に当たり、ようやく止まる。

 「え、大丈夫ですか!?」
 「……はい」

 頭を軽く打ったようで、じんじんと響く。
 血は出ていないが、僅かにこぶになっているようだ。
 冷たい感触があって、小さな摩擦がくすぐったい。
 彼女がその手で撫でてくれているのだろう。

 「ありがとう」

 返事はなかった。
 でも、撫でる力が少しだけ強くなったようで、まるで側にいて欲しいと言われてるみたいだった。

 「あなたたち、仲が良いのね。これからも、この子と仲良くしてあげて」

 当たり障りのない言葉に、僕は頷いた。

 ――ん?

 一瞬違和感を覚えたが、それはあの人を見送るうちにどこかへ消えていった。

 ――――
 ――――――
 ――――――――

 いつものように彼女の部屋へ入るが、僕はそこで違和感を覚えた。
 だってそこに、“誰もいなかった”から。

 「あれ?」

 代わりに、部屋に忽然と置かれたものがある。
 可愛い制服を来た、女の子の人形だ。
 窓辺にあったそれは、
 風に揺られて、人工の髪が揺れていた。

 「にん……ぎょう?」

 硝子玉のような作り物の瞳が、ただ空の青を映している。
 それにはどこか、見覚えがあって。

 「なん……で……?」

 そこでは、いつも彼女が、外を見ていて――

 ずるっ。

 布が床を引き摺るような音が聞こえた。
 それは、この家の中で良く聞いていた音だ。

 「え?」

 それは、今まで聞こえていた彼女の声というよりは、あの鳴き声によく似ていた。

 「きみ、は……」

 そこにいたのは、白いワンピースのような服を引き摺っている、彼女だった。

 「もう、いらないね」

 僕が意味も理解する間もなく、いつのまにか彼女は人形を大事そうに抱き上げると、大きく持ち上げて――

 「がッ!?」

 勢いよく叩きつけた。
 僕の頭へ、真っ直ぐに。

 「あ……え……」

 痛みの中で、僕ははじめて彼女の顔を見た。
 ああ、そうだ――そうだった。

 僕は、彼女を――知っている。
EPISODE7 なまえ「――ゥ、――ィ、――、■◆■◆、■◆■◆、■◆■◆――」
 ――頭が、痛い。
 見える? 見えない?
 わかる。わからない。
 彼女は――■◆■◆は――あれ?

 頬を伝う生暖かい感触が妙に生々しくて、ぼんやりとしていた意識が覚醒した。
 どうやら“ナニカ”に舐められていたらしい。
 身体に走る僅かな痛みに、思い出してきた。
 僕は彼女に捕まったのだ。
 手足は布のようなもので縛られて、上手く身動きを取れずにいると、僕の視界に小さく影がかかった。

 「あ……」

 目の前に、彼女の顔があった。
 どこか遠くを見ているような瞳が、真っ直ぐに僕を見つめている。
 ふと、僅かに視線を逸らす。
 彼女の後ろ――そこに、人形のようなものが無造作に倒れていた。
 その少し後ろに、見覚えのある瞳が転がっていて――

 「……ひッ!?」

 あれは、彼女の瞳だ。
 そう、いつも窓から外を見つめていた、硝子玉の――

 が ら す だ ま の ?

 「あ……れ……?」

 ――あれは本当に、人形の瞳だったんだ。

 なにかが、ずれていた。
 変だ。
 おかしいおかしいおかしいおかしい。
 いつも僕を舐めてくるのは、■◆■◆で――

 「……ぁ……」

 彼女の吐息が耳元で聞こえた。
 舌先から垂れた唾液が、そのまま耳から頬を伝っていく。

 「やく……そく……」

 どうしてか、聞き覚えがあった。
 そういえばと思い出す。
 こんなことが、昔――

 『■◆■◆だよ』

 「がッ……!」

 なんだこれなんだこれなんだこれなんだこれ。
 彼女は彼女でかの――頭に何かが溢――■◆■◆。

 「き、み……は……■◆■◆」

 彼女は首を小さく横に振った。

 ――ああ、違う。そうだ……思い、出した。

 「■◆■◆」

 彼女はソレを愛おしそうに言葉にする。
 それは、僕の耳に心地よく響いて――

 聞き覚えのあるサイレンが、それを掻き消した。
EPISODE8 さんにんで「おかえり」
 彼女の顔を最後に見てから、一年ほど。
 気づけば次の夏がやってきた。
 厳しい日差しと耳をつんざく虫の鳴き声の中で、僕はただただ歩みを進める。
 僕の生活は今までと変わりない。
 あの一ヶ月ほどの出来事は異常だったと、今では……いや、あの時も異常だとわかってはいた。
 だけど、人間とはそういったものに惹かれてしまうものだ。
 僕はあのとき満たされていた。
 確かに、満たされていたのだ。
 それに――

 「約束は、守らないと」

 僕は彼女との約束を忘れてしまっていた。
 結果的に約束を守っているかのようになっていたのは偶然だったから。
 それに気づかないでいたことは僕自身にとっても幸せだったかもしれないけれど。

 「でも、もうすぐだよ」

 約束は守らないといけない。
 それは父さんが遺言のように残した言葉でもある。

 ――――
 ――――――――
 ――――――――――――

 一年間収容されていた施設の門を出て、彼女は久々の自由と、夏の気配を感じていた。
 夏らしい純白のワンピースは真新しいが、どこか身体に馴染むような気がして、頬が緩む。
 ようやくだった。
 彼女はようやく、自分の場所を見つけたのだ。

 「あ……!」

 どこか空虚に感じられた瞳は、希望に輝きを取り戻している。
 そして彼女は、走り出した。
 まるで、ごく普通の少女そのもののように――

 彼女の視線の先には、約束の相手がいた。

 「■◆■◆!」

 彼女はその名前を言葉にする。
 しかし彼女に向けられたのは、不思議そうな視線と、無邪気な笑顔。

 「もう一回、これからの約束をしよう」

 彼女が嬉しそうに頷くと、ソレは小指を出してみせる。

 「さんにんで、ずっといっしょだ」

 絡まった小指は、三本あったように見えた。

■ 楽曲
┗ 全曲一覧(1 / 2) / 追加順 / 定数順
WORLD’S END
■ キャラクター
無印 / AIR / STAR / AMAZON / CRYSTAL / PARADISE
NEW
マップボーナス・限界突破
■ スキル
スキル比較
■ 称号・マップ
称号 / ネームプレート
マップ一覧


*1 エリア1から順に進む場合1500マス
*2 エリア1から順に進む場合

コメント(52)

コメント

  • チュウニズムな名無し No.106080827 2022/04/04 (月) 22:38 通報
    ストーリーよく分かんないけど主人公がとあちゃんにぺろぺろされてていいなぁって思いました
    2
  • チュウニズムな名無し No.106001218 2022/01/24 (月) 02:09 通報
    後ろにいるやつ、よく見ると手と胸っぽい部分があって、シルエットもウェディングドレスみたいな感じがするわね…
    3
  • チュウニズムな名無し No.105919641 2021/11/29 (月) 22:29 通報
    不来方とあ=人形(人格:永愛)
    ■◆■◆=ラヴ=不来方永愛(人格:愛惟)
    EPISODE7で永愛の人格が僕(語り手)に乗り移った?(おそらく共存してる状態?)
    ラストのシーンは
    僕(人格:僕)「もう一回、これからの約束をしよう」
    不来方永愛(人格:愛惟)、頷く。
    僕(人格:永愛)「さんにんで、ずっといっしょだ」
    かな?
    返信数 (2)
    3
    • × チュウニズムな名無し No.105919668 2021/11/29 (月) 22:41 通報
      間違えた、
      ■◆■◆=不来方とあ=人形(人格:永愛)
      ラヴ=不来方永愛(人格:愛惟)
      1
      • × チュウニズムな名無し No.105919715 2021/11/29 (月) 23:00 通報
        いや、
        不来方とあ=人形(人格:永愛)
        ラヴ=不来方永愛=(人格:愛惟)
        ■◆■◆=不来方永愛
        か?
        一人で何回もすまぬ
        1
  • チュウニズムな名無し No.105916870 2021/11/28 (日) 08:00 通報
    エピソード8分からん、主人公が怪異、怪異と共生してる永愛と同じ状態、になったのか?
    自分の場所を見つけた→中身の怪異が永愛から離れた
    どこか空虚に感じられた瞳は、希望に輝きを取り戻している。→以前と違う目。3人でいるために■◆■◆は主人公に乗り移った?
    彼女に向けられたのは、不思議そうな視線と、無邪気な笑顔。→不思議そうな視線が僕、笑顔が怪異?
    小指が三本あったように見えた→今まではっきり怪異が見えていたのに曖昧な書き方になってる
    0
  • チュウニズムな名無し No.105916855 2021/11/28 (日) 07:40 通報
    とあ→僕の呼び方 永愛→父の呼び方
    だろうから下のコメントの多分ここは関係ないんじゃないか
    17歳通院歴7年で見た目10歳前後が気になる。かわいい。
    返信数 (2)
    2
    • × チュウニズムな名無し No.105918806 2021/11/29 (月) 16:17 通報
      体は成長してないってことなんかなって思ってる。かわいいのわかる。
      1
    • × チュウニズムな名無し No.105919517 2021/11/29 (月) 21:36 通報
      お人形は成長しないから、当時の姿のままなんだろうね
      1
  • チュウニズムな名無し No.105910878 2021/11/24 (水) 22:44 通報
    イラストレーターの名前がお久しぶりって名前だけどこういう名前なんですか?それとも前に誰かイラスト書いてたんですか?
    返信数 (1)
    0
    • × チュウニズムな名無し No.105910997 2021/11/24 (水) 23:30 通報
      こういう名前のイラストレーターさんです
      CHUNITHM内では他にリー・メイメイのイラストも担当されてます。
      3
  • チュウニズムな名無し No.105910005 2021/11/24 (水) 15:00 通報
    誰かストーリー説明してくれ。
    ニニカの次くらいに意味分からん。
    10
  • チュウニズムな名無し No.105900564 2021/11/20 (土) 16:45 通報
    誤字発見
    EPISODE3の6行目
    「車内」が「社内」になってます
    返信数 (14)
    0
    • × チュウニズムな名無し No.105905633 2021/11/22 (月) 18:35 通報
      このコメントには否定的な投票が多く寄せられました。 表示する 誤字発見(キリッ 己で直せっての
      下のマイクラアイコンでSCPの話してそうな奴もしかり世にも奇妙な物語系の話には決まって痛い奴が湧くよな
      0
      • × チュウニズムな名無し No.105905681 2021/11/22 (月) 18:55 通報
        それ以上に痛々しい世にも奇妙なマウント取りが湧いてら
        16
      • × チュウニズムな名無し No.105905747 2021/11/22 (月) 19:19 通報
        それを見てバカにしてる五十歩百歩の世にも奇妙なwiki民がいてら
        以下オタクの悲しい無限ループ
        0
      • × チュウニズムな名無し No.105905813 2021/11/22 (月) 19:42 通報
        誤字かわいいからお互いさまで
        0
      • × チュウニズムな名無し No.105907330 2021/11/23 (火) 10:00 通報
        どうせ原文から誤字ってるから直すに直せないんだろ
        原文の方が直ってたら頃合い見て直しゃ良くね?馬鹿
        1
      • × チュウニズムな名無し No.105907356 2021/11/23 (火) 10:12 通報
        君どっかで見たと思ったら今更MM40君煽ってたよくわからない子じゃん
        人バカにする前にまずGamerchに慣れような
        0
      • × チュウニズムな名無し No.105907415 2021/11/23 (火) 10:41 通報
        何でわざわざそんなん覚えてんだw
        0
      • × チュウニズムな名無し No.105907438 2021/11/23 (火) 10:57 通報
        こいつ前もよくわからん事言ってたな思って検索したら先頭に出てきたからさ
        0
      • × チュウニズムな名無し No.105907464 2021/11/23 (火) 11:13 通報

        そういやそんな機能あったな
        2年近くこのWikiやってるけど全く使ってないから知らんかった
        0
      • × チュウニズムな名無し No.105907564 2021/11/23 (火) 12:10 通報
        そんなもんないわ
        Google検索やぞ
        0
      • × チュウニズムな名無し No.105908339 2021/11/23 (火) 18:15 通報
        なんか私の書いたコメントに大量に返信付いてるなと思ったら。
        まず私はここにログインしてないんで編集できません。貴方がそう言うのならば貴方が編集すれば良くないですか?
        あとなんか勝手に私の発言を改造するのもやめてください。見る人も不快になってしまうかも知れないので。
        0
      • × チュウニズムな名無し No.105908516 2021/11/23 (火) 19:37 通報
        まあそもそも原文ママで公式が間違えている可能性だってあるわけだし、下手に変えるわけにもいかないから公式から修正があった時に変えても遅くはないと思うけどね
        0
      • × チュウニズムな名無し No.105908889 2021/11/23 (火) 21:46 通報
        履歴見たら枝主ちゃんと編集してて草
        1
      • × >>57D47D2920 No.106030708 2022/02/16 (水) 10:44 通報
        正直あいつは煽られても文句言えんで
        まあそれはそれとして、
        感極まって最後に馬鹿って入れちゃったのは失言だけど、逆にそれ以外は言ったことはまともだと思ってるから何故そこまで言われなきゃいけないのか
        2文字だけで人の全てを知った気になるなよ
        0
  • チュウニズムな名無し No.105875352 2021/11/12 (金) 18:18 通報
    蜘蛛の口の中よく見たら目入ってない?w
    返信数 (2)
    0
    • × チュウニズムな無し No.105875368 2021/11/12 (金) 18:23 通報
      舌の中の球は
      ストーリーの書いてある(がらすだま)ですかね?
      0
    • × チュウニズムな名無し No.106030719 2022/02/16 (水) 11:15 通報
      リリアリスのストーリーの「目玉って口の中に入れるものではないかしら?」を思い出した
      0
  • チュウニズムな名無し No.105874952 2021/11/12 (金) 15:21 通報
    ラストの白いワンピースの「彼女」が入っていた施設は刑務所かな?「僕」の父親を殺してるっぽいし、「僕」にも傷害拉致監禁あたりやってそう
    で「彼女の母親」が警察なり呼んだとするとサイレンの音も納得いく
    防犯カメラに人影として映るあたり、■◆■◆=彼女は怪異じゃなくて生きた人間だったり……
    返信数 (1)
    0
    • × チュウニズムな名無し No.105874981 2021/11/12 (金) 15:36 通報
      いや、本人が■◆■◆じゃないって否定してるな
      「僕」が信用できない語り手なのか、これ!
      頭を打つと肉塊に見えるのはあくまでもラヴで、■◆■◆=とあ=人形=周りからは見えない三人目ってことか
      0

削除すると元に戻すことは出来ません。
よろしいですか?

今後表示しない

名前
コメント(必須)
(300文字まで)

必ず「Gamerch ガイドライン」をご覧の上、書き込みをお願いします。
画像
sage機能

対象コメント

選択項目

詳細

※上記の内容はWiki管理者へ通報されます。

通報完了

通報内容を送信しました

エラー

エラーが発生しました

削除しました。

このページをシェアしよう!

メニュー  

基本メニュー

これからCHUNITHMを始める人へ (119コメ)
ゲームシステム【1 (365コメ)/2 (1コメ)
レーティング・OVER POWER (224コメ)
よくある質問 (1410コメ)
#コハDに質問 シリーズ (8コメ)

用語集 (166コメ)
┣ 関連アーティスト
 ┣ あ行 (57コメ)
 ┣ か行~さ行 (3コメ)
 ┣ た行~は行 (31コメ)
 ┗ ま行~わ行 (1コメ)
使用VOCALOID一覧 (16コメ)
用語集:イベント (4コメ)

初級者・中級者指南 (2940コメ)

設置店舗 (85コメ)

イベント等

お知らせ
(イベントは下記参照)
2022
4/14
CHUNITHM NEW PLUS (106コメ)
5/12楽曲追加
5/26楽曲追加 (6コメ)

開催中
6/8まで 終了間近
魔法科コラボ(復刻) (35コメ)
グルコスコラボ(復刻) (29コメ)
暁月城TASデュエル
犬虎激突ガチャ
6/22まで
東方Extra4コラボ (8コメ)
7/6まで
D4DJ(グルミク)コラボ (3コメ) 
シンセ研クエスト (6コメ)

楽曲情報・攻略

楽曲一覧 CHUNITHM NEW PLUS
┣ ジャンル順(1/2)
追加順 (1コメ)
┣ 定数順
Lv13+以上 (21コメ)
 ┣ Lv12~Lv13 (2コメ)
 ┗ Lv10~Lv11+ (1コメ)
┗ Lv順
 ┣ Lv13+以上
 ┣ Lv12~Lv13
 ┣ Lv11~Lv11+
 ┣ Lv7~Lv10+
 ┣ Lv4~Lv6
 ┗ Lv3以下
┗ デュエル用(1 (4コメ)/2)

CHUNITHM NEW
┣ ジャンル順(1 (3コメ)/2)
追加順
┣ 定数順
 ┣ Lv13+以上 (75コメ)
 ┣ Lv12~Lv13 (19コメ)
 ┗ Lv10~Lv11+ (4コメ)
┗ Lv順
 ┣ Lv13+以上
 ┣ Lv12~Lv13
 ┣ Lv11~Lv11+ (1コメ)
 ┣ Lv7~Lv10+
 ┣ Lv4~Lv6
 ┗ Lv3以下 (1コメ)

理論値未達成 (747コメ)
配信終了 (54コメ)
オフライン筐体楽曲一覧 (1コメ)

WORLD'S END (1291コメ)

譜面情報ランキング (22コメ)
ノーツが偏った譜面
譜面の長さ (15コメ)
課題曲
長さが偏った譜面 (6コメ)
■譜面作者別曲一覧
┗ (1 (226コメ)/2 (1コメ)/3 (44コメ)/4 (14コメ)/5 (3コメ)/)

他モード

クラス認定 (93コメ)
全国対戦 (1540コメ)

キャラクター

 キャラ一覧 
無印 (4コメ)
AIR (103コメ)
STAR (24コメ)
AMAZON (6コメ)
CRYSTAL (17コメ)
PARADISE (1コメ)
NEW (2コメ)

 個別ページ ※NEWからのキャラ
ep.I-Side:A ep.I-Side:B ep.Ⅱ ep.Ⅲ ep.Ⅳ 条件解禁 イロドリミドリ maimai オンゲキ カードメイカー コラボキャラ

スキル

CHUNITHM NEW以降
スキル比較(NEW~) (15コメ)

PARADISE LOST以前

称号・マップ

称号一覧(1 (638コメ)/2 (18コメ))
┣ 曲別(1 (27コメ)/2 (4コメ))
楽曲プレイ称号一覧 (16コメ)
マッチング称号一覧 (1コメ)
進行度・他ゲーム連動称号一覧 (11コメ)
新規取得不可称号一覧 (16コメ)

ネームプレート (77コメ) 
マップアイコン (1コメ)

マップ一覧
NEW / ゲキチュウマイ (34コメ)
PARADISE / ep.∞ (4コメ)
マップボーナス・限界突破 (233コメ)

アバター・チャット (78コメ)

その他情報

掲示板

雑談 掲示板 (172276コメ) 
質問 掲示板(レート・伸び悩みetc) (2940コメ)
※「初級者・中級者指南」のページに飛びます
フレンド募集掲示板 (3313コメ)
マッチング募集板 (115コメ)

編集者への連絡板 (671コメ)
情報提供 連絡板 (136コメ)
編集者用掲示板 (556コメ)
手動削除ログ・議論 (125コメ)

外部リンク

チュウニズム公式サイト
他wikiリンク ▼ 譜面定数参考元
chunithmfanclub’s diary
▼ 譜面画像参考元
CHUNITHM譜面保管所

wikiメンバー

編集テンプレ wikiガイド

左サイドメニューの編集

サイト内ランキング
雑談 掲示板
全国対戦
楽曲追加のお知らせ(2022.5.26)
4 CHUNITHM NEW PLUS 楽曲一覧(定数順)1
5 CHUNITHM NEW 楽曲一覧(定数順)1
6 初級者・中級者指南
7 D4DJ Groovy Mixコラボイベント
8 A Man In The Mirror
9 理論値未陥落楽曲一覧
10 レーティング・OVER POWER
goodランキング
はえ〜強すぎ。いつまで経っても俺∞無理やわ.. 64
順番待ちのベンチ座って休憩してたらペンギン.. 57
よくわからんけど木主はそのプラレ以下の雑魚.. 55
4       ₍₍⁽⁽🐧₎₎⁾⁾見て!ペ.. 54
5 みんながお前のために対戦やってんじゃねーん.. 43
6 そりゃあボカロ特化のゲームだからなぁ 42
7 実はもうピノキオピーが絵・作曲・歌唱全てを.. 37
8 どっかの木で砂漠光はクソ譜面!って意見に「.. 31
9 プラレでFR鳥は強すぎる 30
10 かわいい 26
もっと見る
最近の更新

21分まえ

24分まえ

1時間まえ

2時間まえ

3時間まえ

4時間まえ

5時間まえ

6時間まえ

7時間まえ

8時間まえ

新規作成

8時間まえ

9時間まえ

2022/05/26 (木) 15:00

2022/05/26 (木) 14:35

2022/05/26 (木) 14:05

2022/05/26 (木) 13:38

2022/05/24 (火) 12:47

2022/05/24 (火) 12:46

注目記事
【ウマ娘】メジロパーマーの育成論|URAシナリオ ウマ娘攻略Wiki
【ポケカ】ポケモンGOの当たりカードと買取価格【ポケモンカード】 ポケモンカード攻略Wiki
【ポケカ】格安(低価格)デッキレシピ一覧と立ち回り【ポケモンカード】 ポケモンカード(ポケカ)攻略Wiki
【ロススト】遠征イベントの攻略とおすすめキャラ【ロストストーリーズ】 ロストストーリーズ攻略Wiki
【ロマサガRS】超メカ祭ガチャ(T260G&メカ編)は引くべき? ロマサガRS攻略Wiki
ページ編集 トップへ
コメント 52