七海 あおい

(42コメント)  
最終更新日時:

【キャラ一覧(無印 / AIR / STAR)】【スキル一覧】【マップ一覧


Illustrator:望月けい

名前七海 あおい
年齢14歳
職業中学生
補足陸上部所属

海が好きなボクっ娘。
スキル
RANKスキル
1鉄壁ガード・エアー
5
10
15
25限界突破の証

  • 鉄壁ガード・エアー [GUARD]
    • MISSが一定回数を超えるとダメージを受けなくなるタイプの鉄壁ガード。ただし、ダメージ無効が発動する頃には始めのゲージボーナス分は大分食われていると思われるので、ゲージ4本に届くかは怪しいところ。MISSが続出するような無茶な譜面をやらない限り、鉄壁ガードの方が使いやすいと思われる。
    • AIR ep.Iマップ1(AIR PLUS時点で5マス) / ep.IIマップ1(STAR PLUS時点で5マス) / ep.IIIマップ1(STAR PLUS時点で5マス)と全て1マップ目のキャラで入手可能。意図して揃えに行く価値があるかは不明だが、七海 あおいをRANK15にできれば他はあまり苦労せず最大GRADEにできるだろう。
GRADE効果
初期値ゲーム開始時にゲージ +6000
MISS50回以上でダメージを無効化
+1〃 +8000
MISS45回以上で〃
+2〃 +10000
MISS40回以上で〃
+3〃 +12000
MISS35回以上で〃
+4〃 +14000
MISS30回以上で〃
+5〃 +16000
MISS25回以上で〃
+6〃 +18000
MISS20回以上で〃
+7〃 +20000
MISS15回以上で〃
理論値:80000(5本+0/22k)
所有キャラ【 七海 あおい / ちびみるく(1,5) / 渋沢 ノノ(1,5) 】

ランクテーブル
12345
スキルEp.1Ep.2Ep.3スキル
678910
Ep.4Ep.5Ep.6Ep.7スキル
1112131415
Ep.8Ep.9Ep.10Ep.11スキル
1617181920
-----
2122232425
----スキル
STORY
EPISODE1 息苦しい毎日「僕の名前は『七海 あおい』。中学二年生だ。特に生活に不満はないけど……何となく息苦しい」
 僕の名前は「七海 あおい(ななみ あおい)」。どこにでもいる普通の中学二年生だ。

 僕の家族はお父さんだけ。お母さんは小さい頃に病気で死んでしまって、お父さんと二人暮らしなんだ。
 でも、お父さんは僕に優しくしてくれるし、特に寂しいと感じたことはない。
 僕の住んでいる街は、山に囲まれていて近くに海はないけれど、僕は小さい頃から海が大好きだった。
 波の音を聞いているだけで、心が安らぐ気がしたし、泳いでいる時は嫌なことを全て忘れられるような気がした。
 家族旅行では海に連れて行ってもらうのが定番だった。それぐらい僕は海が好きだったんだ。

 だから……海が近くに無かったとしても、せめて学校では水泳部に入りたかったんだけど……僕の学校にはプールがなかったんだ。
 仕方がないから僕は陸上部に入ることにした。

 ……不満といえば、それぐらいで学校は普通に楽しい。でも……僕は何とも言えない息苦しさを感じているんだ。
 まるで息継ぎできないでずっと水の中にいるようだ。

 「……いつか山に囲まれたこの街を出て、海の見える街で暮らせたら、こんな気分はなくなるのかな?」
EPISODE2 僕の親友瑞穂ちゃん「『高砂 瑞穂』ちゃんは僕の親友だ。幼い頃からずっと一緒で、お互いのことは何でも知っている」
 僕には親友がいる。名前は「高砂 瑞穂(たかさご みずほ)」ちゃんだ。
 僕と瑞穂ちゃんは幼い頃からずっと一緒だった。
 嬉しい時も、辛い時も、悲しい時も、僕はいつも瑞穂ちゃんと一緒だった。
 お母さんが死んじゃった時も、瑞穂ちゃんは自分も泣きながら僕の手をいつまでも握りしめていてくれた。
 そのおかげで僕は悲しみを乗り越えることができたんだ。

 瑞穂ちゃんはガサツな僕とは違って、繊細で優しい女の子だった。傍に近づくといつもいい香りがした。
 僕と瑞穂ちゃんは真逆と言っていいぐらい性格が違っていたけれど、不思議と馬が合っていた。
 もちろん喧嘩もしたことはあるけれど、いつもすぐに仲直りして、僕は喧嘩する前よりももっと瑞穂ちゃんのことが好きになっているのだった。

 ……瑞穂ちゃんと僕の家は家族ぐるみの付き合いだった。
 もっとも、大分前から瑞穂ちゃんのご両親は仲が悪くなってしまったみたいで、今では瑞穂ちゃんしか家に来なくなってしまったけれど……。
 でも僕のお父さんは瑞穂ちゃんを自分の娘のように可愛がった。毎年の家族旅行でも瑞穂ちゃんはいつも一緒だったんだ。

 僕と瑞穂ちゃんは何でもお互いのことを知っていた。
 もちろん僕の「水泳がしたいけど、できない」っていう悩みも知っていて、そんな悩みを抱えている僕を心配して陸上部のマネージャーになってくれたんだ。
 優しい瑞穂ちゃん……ずっと傍に居てほしかった。
EPISODE3 ずっと一緒だと思ったのに「瑞穂ちゃんとずっと親友でいられると思ってた。でも瑞穂ちゃんは突然引っ越しするって言って……」
 僕にとって瑞穂ちゃんはかけがえのない存在だった。
 大人になってもずっと一緒に居られると疑ってもいなかった。それなのに……。

 「え……引っ越し?」
 「うん……」
 ……瑞穂ちゃんのご両親が不仲なのは知っていた。
 そして残念ながら、ついに離婚が決まってしまい瑞穂ちゃんは一旦、お母さんのご実家であるおばあちゃんのお家に引っ越すことになったというのだ。

 「い、いつ!? いつ引っ越すの!?」
 「……今月末に」
 「そ、そんなにすぐに!?」
 「……引っ越しのこと、どうしてもっと早くに言ってくれなかったの!? 前から決まっていたんでしょ!?」
 「そ、それは……」

 瑞穂ちゃんは大切なことを僕に打ち明けてくれなかった。
 そのショックで僕は一方的に瑞穂ちゃんをなじってしまった……そして言ってはいけないことを言ってしまったんだ。

 「いいよね! 瑞穂ちゃんはこの街から出られるんだから!」
 「……ちゃんとお父さんから愛してもらっているあおいちゃんに、私の気持ちは分からないよ!」
 ……瑞穂ちゃんは今まで一度も出したことのない大きな声で僕に訴えた。
 そして泣きながら走っていってしまったんだ……。
EPISODE4 喧嘩別れ「僕と瑞穂ちゃんは酷い喧嘩をしてしまった。何度も謝ろうと思ったけど……そのまま別れてしまった」
 瑞穂ちゃんに酷いことを言ってしまって、僕はすぐに後悔した。
 瑞穂ちゃんがご両親の不仲でとても心を痛めているのを僕は知っていた。
 瑞穂ちゃんは僕と違ってこの街のことが好きだった。決して自分の意志でこの街を離れるわけじゃないんだ。それなのに……。

 「いいよね! 瑞穂ちゃんはこの街から出られるんだから!」
 (……どうしてあんな酷いことを言ってしまったんだろう)

 僕は何度も何度も瑞穂ちゃんに謝ろうとした……謝りたかったんだ。でも……。

 「……ちゃんとお父さんから愛してもらっているあおいちゃんに、私の気持ちは分からないよ!」

 ……あんな強い口調の瑞穂ちゃんは初めてだった。
 「……瑞穂ちゃん、僕のこと嫌いになっちゃったのかなぁ……でも、瑞穂ちゃんだって悪いんだ! 僕にあんな大事なことを黙っているなんて……!」
 そんなことが頭をグルグルと回って、僕はどうしても瑞穂ちゃんに謝りに行くことができなかったんだ。

 そして……瑞穂ちゃんの引っ越しの日……。
 (……今行かなきゃ、瑞穂ちゃんに謝ることができないままお別れしちゃう……)
 そう分かっていても僕の足は一歩も動かずに、僕はベッドの上で膝を抱えてうずくまったままだった。
EPISODE5 現実感のない毎日「瑞穂ちゃんがいない毎日は、まるで水の上を歩いているみたいに現実感がなくて色褪せてしまった……」
 ……結局、僕は瑞穂ちゃんに謝るどころか、一言も言葉を交わすこともできないまま、別れてしまった。

 瑞穂ちゃんがいない毎日が始まって……僕の生活は表面上は何も変化がなかった。
 いつもと同じようにご飯を食べて、いつもと同じように学校に行く。そしていつもと同じように部活で汗を流した。
 ……ただ、瑞穂ちゃんがいなくなった。それだけだ。

 でも……何かが以前と決定的に違うんだ。
 なんていうか……言葉にできないんだけど……。
 そう、例えるなら水の上を歩いているような……足元がフワフワして、心もとなくて……現実感がないんだ。

 何をしても手ごたえがない。面白くない。
 僕は勉強も部活も何もやる気がしなくなってしまった。
 お父さんや学校の友達は、みんな僕のことを心配してくれたけれど……そんなみんなの優しささえ、今の僕には重荷だった。

 (ああ……なんだか身体が重いな。まるで服を着たまま水の中に放り込まれたみたいだ)
 ……いつの間にか僕の頭は、あんなに恋い焦がれていた海のことさえ、忘れてしまったようだった。
EPISODE6 意地っ張りな自分「瑞穂ちゃんに謝りたいと心で思っても、身体はついてきてくれない……僕って嫌な子だなあ……」
 僕の生活が色あせた原因は明らかに瑞穂ちゃんだ。
 彼女と酷い別れ方をしてしまってそのままだから僕の心はどんどん暗く、重くなっていってしまったんだ。

 (瑞穂ちゃんに謝りたい……)
 僕は心の底からそう思った。瑞穂ちゃんの携帯番号はまだ変わっていないはずだ。
 そう分かっているものの……。

 (……なかなか、一歩が踏み出せない)
 それでも、このままいつまでも立ち止まっていれば一生瑞穂ちゃんに謝ることはできない。

 僕は勇気を出して、瑞穂ちゃんに電話をしようと決意した。そんな時……。
 「あおい、お前最近調子が悪いのか?」
 「えっ……!? べ、別になんでもないよ」
 「……大方、瑞穂ちゃんのことだろう? お前たち喧嘩したままらしいじゃないか。どうせお前が喧嘩の原因を作ったんだろうから、ちゃんと謝っておけよ?」

 ……僕はお父さんから図星を指されて、カチンときてしまった。

 「……放っておいてよ! 瑞穂ちゃんなんて知らない! 僕を置いて、出ていっちゃったんだから!」

 そんな心と裏腹の言葉を言って、結局僕はその日も瑞穂ちゃんに謝ることができなかった
 ……僕って、嫌なヤツだなぁ。自分のことが嫌いになりそうだ。
EPISODE7 瑞穂ちゃんの夢「ある日僕は夢を見た。波打ち際で泣く瑞穂ちゃん。夢の中で僕は瑞穂ちゃんに何もできなかった」
 ……その夜、僕は夢を見た。

 波打ち際で泣いている瑞穂ちゃんの夢だ。
 瑞穂ちゃんは僕の方を向きながら、何かを一生懸命に伝えていようとしている。
 でも、瑞穂ちゃんの言葉はうるさいぐらいの波の音で消されてしまって、僕の耳には届かない。
 それでも瑞穂ちゃんは大きな瞳から零れる涙を拭こうともせずに、僕に向かって何かを叫んでいた。

 僕は、せめて瑞穂ちゃんの涙を拭いてあげたかった。そう思って手を伸ばしたけれど、僕の手は瑞穂ちゃんには届かなかった。

 それどころか、瑞穂ちゃんから僕の身体はどんどん離れていくようだった。
 瑞穂ちゃんの顔が小さくなって見る間にかすんでいく。僕は慌てて瑞穂ちゃんに叫ぼうとした。

 (……待って! 瑞穂ちゃん! お願い!)

 でも何故か僕の声は出なかった。僕は何度も何度も瑞穂ちゃんに向かって叫ぼうとした。

 (瑞穂ちゃん! 瑞穂ちゃーーんっ!)
EPISODE8 起きたらそこは海だった「慌てて起きるとなんと僕は海の真ん中にいた。制服にスニーカーも履いている……これはどういうこと?」
 「……瑞穂ちゃん!!」
 僕は叫び声を上げて目を覚ました。

 「はぁ……はぁ。ゆ、夢だったのか」
 僕の身体は汗でびっしょりと濡れていた。
 ……でもそれにしても、塩の匂いが強すぎるような気がするけれど……?

 「えっ……な、何これ!? 一体どういうこと!?」

 なんと僕のベッドは海の上にプカプカと浮かんでいたのだ。
 そして、いつの間に着替えたのか全く覚えてはいないけど、
 僕はパジャマから学校の制服に着替え終わっていて、スニーカーまで履いていた。
 髪の毛のセットすら終わっている状態だった。

 「い、一体……どうなっちゃったんだ!?」
 僕が寝ている間に日本が沈没してしまったんだろうか?
 でも僕の住んでいる県は海に面していないし、それに、ベッドがそのままの状態で浮かんでいるっていうのも変だし……何が何だか訳が分からなかった。

 「でも、ここで立ち止まっていても仕方がないか」

 僕は、恐る恐るベッドから足を下ろした。すると……。
 「そんなっ!? う、海の上を歩けるぞ!?」
 なんと僕の身体はアメンボのように海の上を自由に歩けるようになっていた。
EPISODE9 瑞穂ちゃんに会えるかも「この海の先は瑞穂ちゃんに繋がっているかも……。よし! 夢で見た海岸を目指して、進んでみよう!」
 僕は慎重に一歩ずつ、海の上を歩き出した。辺り一面は海となっていて、岸は見当たらないようだ。
 でも、よく見てみると海面には見慣れた街の風景も残っていた。
 僕以外に、海の上をスイスイと歩いている人もいる。
 僕は、いつも挨拶をしている近所のおばさんに話しかけてみた。

 「あの……おばさんこんにちは」
 「はい、こんにちは」
 「おばさん……ここっていつから海になってるんですか?」
 「……? 何を言っているの? ここはずっと昔から海じゃない」
 「えっ……!?」
 おばさんは、さも当たり前という風に答えた……訳が分からない。
 でも、僕以外にこの状況に疑問を持っている人はいないみたいだ。

 (そうだ……ここが海なら、この果ては瑞穂ちゃんの街に繋がっているんだろうか?)

 お父さんから、瑞穂ちゃんが海のある街に引っ越したということは聞いていた。
 だったら、この海を真っ直ぐに進んでいけば、いつかは瑞穂ちゃんに会えるのかもしれない!
 脳裏には今朝、夢の中で見た涙を流す瑞穂ちゃんの姿が浮かんでくる。
 「……行こう。あの夢で見た海岸を目指して!」
EPISODE10 挫けそうになっても「走ってもちっとも岸は見つからない。もう駄目かもと思ったときに、僕を応援する瑞穂ちゃんの声が!」
 「……よし! 行ける! GO!」

 僕は自分でスタートの合図を切ると、コースのない海を走り出した。一刻も早く瑞穂ちゃんに会いたかったからだ。
 でも……走っても走っても、一向に岸は見えない。
 それどころか、さっきから風景が一つも変化していないような気がする。

 ……いくら持久力に自信がある僕でも限界はある。
 今や、僕は息のリズムを整えることもできず、足は鉛のように重くなっていた。
 (もう僕は、このまま瑞穂ちゃんには会えないかも……ここで走るのをやめた方が、楽になれるかもしれないな)
 そんな弱気に心が支配された瞬間……。
 なんと僕の身体は突然、水の中に沈んでしまったのだ。

 (……うくっ! い、息が……! も、もう駄目だ)
 息ができない苦しみと疲労のため、僕はすっかり諦めてしまった。そんな瞬間……。

 「……頑張って! あおいちゃん! 負けないで!」
 僕の頭の中には瑞穂ちゃんの声が響いていた。
 それは部活で苦しい練習をしていたとき、いつも応援してくれた瑞穂ちゃんの声だった。

 (そうだ……僕はまだ瑞穂ちゃんに謝ってない!ここで諦めるわけにはいかないんだ!)
 そう強く意識した途端、僕の体は自然と浮き上がった。
EPISODE11 瑞穂ちゃんを目指して「気が付いたら目の前に海岸が! しかも瑞穂ちゃんがいる! ……今度こそ本当の気持ちを伝えるんだ!」
 ……海面に浮上した僕は大きく息を吸った。
 「ぷはっ! はぁ……あれ? こ、ここは!?」

 そこで僕の目に入ってきた光景は、沈む前に見たものと大きく異なっていた。

 「あ、あれは……夢に出てきた海岸!?」
 そう、そこには夢の中で瑞穂ちゃんが泣いていた場所にそっくりの海岸が広がっていたのだ。

 「……もしかして、あそこに瑞穂ちゃんが!?」
 僕は半ば確信していた。あそこに絶対に瑞穂ちゃんがいるはずだと。僕は海岸を隈なく探してみた。

 「……瑞穂ちゃん!」
 僕はようやく瑞穂ちゃんの姿を見つけることができた。
 夢なんかじゃない! 会いたくて会いたくてたまらなかった、本物の瑞穂ちゃんだ!

 「瑞穂ちゃん!」
 僕は、海を力強く蹴って瑞穂ちゃんに向かって真っ直ぐに走り出した。

 あの日言えなかった、僕の本当の気持ちを瑞穂ちゃんに伝えるために……!




コメント(42)
Twitter

コメント

  • チュウニズムな名無し No.101924964 2018/01/15 (月) 22:29 通報
    鉄壁ガードエアーって
    もしかして、群青WE割で使わせるためだったのか?
    2
  • チュウニズムな名無し No.100878961 2017/07/27 (木) 09:32 通報
    スカートの下にスパッツ履いてるから鉄壁ガードエアー(強風でもパンチラしない)か。
    返信数 (5)
    3
    • × チュウニズムな名無し No.101005616 2017/08/14 (月) 15:37 通報
      このコメントには否定的な投票が多く寄せられました。 表示する ハァハァ、あおいちゃんのおぱんちゅ……スパッツ越し顔騎してちゅぱちゅぱしたいよぉ……
      ぢゅるるッぢゅるるッくちゅくちゅペrペrちゅるちるちゅるちゅっちゅっハァハァちゅぱちゅぱじゅるるるるっ
      ちゅっ♡ちゅっ♡
      4
      • × チュウニズムな名無し No.101650027 2017/11/30 (木) 02:13 通報
        お前精神状態おかしいよ…
        0
      • × チュウニズムな名無し No.101650565 2017/11/30 (木) 07:59 通報
        おまわりさんこいつです
        0
      • × チュウニズムな名無し No.101655034 2017/11/30 (木) 20:42 通報
        単純に内容がアウトという理由での非表示は久々に見た気がする
        6
      • × チュウニズムな名無し No.102562136 2018/06/04 (月) 13:19 通報
        0
  • チュウニズムな名無し No.99922625 2017/03/24 (金) 18:16 通報
    この子のおかげでFD狂余裕でクリアできたわ(当然だが)
    返信数 (2)
    3
    • × チュウニズムな名無し No.100600491 2017/06/20 (火) 12:53 通報
      FD狂ミス500BBでクリアしたからな(白目)
      Theetherもミス600クリアしたし
      0
      • × チュウニズムな名無し No.100600518 2017/06/20 (火) 12:56 通報
        まぁ、その時全力で擦って摩擦で水ぶくれ作って身体的にはFAILEDなのだが
        15
  • チュウニズムな名無し No.99363211 2017/01/23 (月) 00:16 通報
    望月けいさん本人が描いてたチュウニペンギンパーカーのあおいちゃん可愛いすぎる
    11
  • チュウニズムな名無し No.99319934 2017/01/19 (木) 21:12 通報
    かわいい
    9
  • チュウニズムな名無し No.99267016 2017/01/15 (日) 13:39 通報
    MISSがかなり出やすいWEのクソ譜面での鉄壁ガード・エアーはすごいぞ。まさに「不死」を体験できるぞ。
    まぁゲージは3本が限界だけれど…。
    0
  • チュウニズムな名無し No.99107968 2016/12/31 (土) 00:30 通報
    アテインリレイションの歌詞カードによると僕の住んでいる街というのは群馬県高崎市であるらしい
    そして瑞穂ちゃんの引っ越し先は神奈川県鎌倉市であるらしい
    7
  • チュウニズムな名無し No.99043381 2016/12/25 (日) 00:28 通報
    貧乳キャラ好きよ♡
    5
  • チュウニズムな名無し No.98645903 2016/11/12 (土) 15:21 通報
    七海あおいは女子…だよね?!
    待って…一人称が僕っていう事に知ってから脳内が混乱してるんだけど…
    返信数 (4)
    3
    • × チュウニズムな名無し No.98648531 2016/11/12 (土) 20:58 通報
      スカート履いてるだろ!
      ……そういう趣味かも知れないと思う可能性を懸念したので瑞穂のストーリーで明確に女の子と書いてあることは伝えておく
      1
    • × チュウニズムな名無し No.98648663 2016/11/12 (土) 21:11 通報
      僕っ娘なだけ
      1
    • × 名無しさん No.100672088 2017/06/30 (金) 11:27 通報
      あおいちゃんとか言ってるけど
      この子は女の子なのか?
      それとも男の娘なのか?
      どっちなんだろうね…
      0
      • × チュウニズムな名無し No.100676127 2017/06/30 (金) 20:31 通報
        いや上の枝ぐらい読めよ
        3
  • チュウニズムな名無し No.98219968 2016/09/27 (火) 20:56 通報
    絶壁ガード・エアー(ボソッ
    2
 1 2 3 次へ ≫ 

削除すると元に戻すことは出来ません。
よろしいですか?

今後表示しない

名前
コメント(必須)
(300文字まで)

必ず「Gamerch ガイドライン」をご覧の上、書き込みをお願いします。
画像
sage機能

対象コメント

選択項目

詳細

※上記の内容はWiki管理者へ通報されます。

通報完了

通報内容を送信しました

エラー

エラーが発生しました

削除しました。
 このWikiに関するツイート  閉じる
1件の新しいツイートがあります
  • 関連するツイートはありません
 古いTweetをもっと見る   閉じる

このページをシェアしよう!

メニュー  

基本メニュー

設置店舗 (38コメ)

イベント等

お知らせ
6/2ラッキーくじ (183コメ)
6/7楽曲追加 (7コメ)
6/21楽曲&課題曲追加 (40コメ)
ツイブレコラボ (25コメ) 
7/5楽曲追加 (7コメ)
ガヴドロコラボ (25コメ)
うたわれ復刻
偽りの仮面 (66コメ)
二人の白皇 (48コメ)
7/19新ムシキングコラボ (5コメ)
WLWコラボ (5コメ)

開催中
7/18まで 終了間近
ツイブレコラボ (25コメ) 
完売まで
ラッキーくじ (183コメ)
7/24 23:59まで
イロドリLive2次先行受付 (79コメ)
8/1まで
クエスト「スターダストメモリーズ」 (40コメ)
ガヴドロコラボ (25コメ)
うたわれ復刻
偽りの仮面 (66コメ)
二人の白皇 (48コメ)
8/20 23:59まで
シリアルコード(ショウニペンギン) (14コメ)

※スタチュウは入手できません
9/3 23:59まで
シリアルコード(ラッキーくじ) (183コメ)
11/5 23:59まで
シリアルコード(イロドリライブ) (79コメ)
開催予定
7/19から
新ムシキングコラボ (5コメ)
WLWコラボ (5コメ)
WLWとの相互連動あり
7/26?から
オンゲキとの連動

入手キャラ:筐体 (6コメ)
詳細判明次第ページ作成
時期未定
楽曲公募 結果発表

発表方法:楽曲配信告知
最終候補楽曲(各部門3曲)はリンク先
9/30
イロドリミドリ2ndライブ (79コメ)

楽曲情報・攻略

楽曲一覧 (2コメ)
追加順 (11コメ)
┗ Lv順
 ┗11以上 (18コメ)
 ┗7~10+ (3コメ)
 ┗6以下
配信終了 (7コメ)

WORLD’S END (1138コメ)
コースモード (315コメ)

譜面情報ランキング (12コメ)
┗ノーツが偏った譜面譜面の長さ (10コメ)
課題曲
長さが偏った譜面 (3コメ)

キャラクター

 キャラ一覧 
無印 (4コメ)
AIR (103コメ)
STAR (19コメ)

 個別ページ ※STARからのキャラ
ep.I ep.II ep.III ep.IV ep.V ep.VI イロドリミドリ 言ノ葉Project 特定条件(上記以外) コラボキャラ

スキル

スキル一覧 (79コメ)
期間限定スキル (5コメ)
┗ 理論値比較
 ┗ ゲージ4~5本
 ┗ ゲージ6本 (26コメ)
 ┗ ゲージ7本 (1コメ)
 ┗ ゲージ8~10本 (2コメ)
 ┗ 番外 (11コメ)
 ┗ 青天井 (7コメ)
 ┗ 未評価
類似スキル比較 (8コメ)
スキル評価
性能重視 (132コメ)
手間重視 (9コメ)
期間限定 (4コメ)
スキル分類別

称号・マップ・その他

称号一覧 (445コメ)
曲別 (20コメ)
楽曲プレイ称号一覧 (1コメ)
マッチング称号一覧
進行度・他ゲーム連動称号一覧
新規取得不可称号一覧 (8コメ)

ネームプレート (71コメ)

マップ一覧
STAR / イロドリ / 言ノ葉 (44コメ)
ORIGIN / AIR / ep.∞ (42コメ)
マップボーナス・限界突破 (172コメ)


掲示板

外部リンク

チュウニズム公式サイト
▼ 譜面定数参考元
chunithmfanclub’s diary
▼ 譜面画像参考元
CHUNITHM譜面保管所

wikiメンバー

編集テンプレ スキルincludeリンク
キャラincludeリンク
イベントincludeリンク
wikiガイド
左サイドメニューの編集

サイト内ランキング
雑談 掲示板
ショウニペンギン
CHUNITHM STAR PLUS 楽曲一覧(Lv順)
4 CHUNITHM筐体(仮名)
5 CHUNITHM STAR キャラクター一覧
6 Wonderland Warsコラボイベント
7 新甲虫王者ムシキングコラボイベント
8 称号一覧
9 初級者・中級者指南
10 CHUNITHM STAR PLUS 楽曲一覧
goodランキング
(愚痴&長文なので不快に感じた方はbadボ.. 81
虹レ 62
楽しいいいいいい!!!!!!! 57
4 同感してくれる人少ないかもだけどオリ曲のロ.. 54
5 200円入れると世界が終わるぞ 49
6 ムシキングつて聞くとこっちが思い浮かぶマン 45
7 ちょっと長文になるけど今日ウニしにいったん.. 45
8 前半に ミスアタ大量 あきらめるだいたい後.. 45
9 あーーーもうチュウニ運営好き。わ け わ .. 44
10 44
もっと見る
最近の更新

17分まえ

1時間まえ

2時間まえ

3時間まえ

6時間まえ

8時間まえ

9時間まえ

12時間まえ

13時間まえ

15時間まえ

16時間まえ

新規作成

18時間まえ

19時間まえ

21時間まえ

2018/07/16 (月) 13:14

2018/07/16 (月) 12:29

2018/07/13 (金) 14:48

注目記事
【ドラガリアロスト】配信日(リリース)はいつ? ドラガリアロスト攻略Wiki
【アイドルファンタジー】リセマラ当たりランキング アイドルファンタジー攻略Wiki【IDOL FANTASY】
【白猫】凱旋ガチャのおすすめキャラと武器 白猫プロジェクトwiki【白猫攻略wiki】
【第五人格】初心者におすすめのサバイバー【アイデンティティV】 第五人格攻略Wikiまとめ
【パワプロ】パズドラコラボ最新情報 パワプロアプリ攻略Wikiまとめ
【KOFオールスター(KOFAS)】リセマラ当たりランキング KOFオールスター攻略Wiki
【ドールズフロントライン(少女前線)】配信日はいつ?なぜ遅れているのか? ドールズフロントライン(少女前線)攻略Wiki
【妖怪ウォッチワールド】リセマラ当たりランキング 妖怪ウォッチワールド攻略Wik
【ドッカンバトル】スーパーバトルロード「VS超技」の攻略とおすすめキャラ ドッカンバトル攻略Wiki
【ミラクルニキ】カラフルサマー攻略 【速報】ミラクルニキ攻略アンテナ
ページ編集 トップへ