ソウル・ブラザーズ

(47)  
最終更新日時:

【キャラ一覧(無印 / AIR / STAR)】【スキル一覧】【マップ一覧


Illustrator:TERU by mashcomix

ユニット名ソウル・ブラザーズ
職業渋谷を沸かすHIPHOPアーティスト

渋谷のクラブを中心に活動しているHIP HOPアーティスト。
モデルはおそらく課題曲のアーティスト「魂音泉」。
スキル
RANKスキル
1コンボエッジ・シャープ
5
10
15
25限界突破の証

  • コンボエッジ・シャープ [TECHNICAL]
    • コンボエッジ」の条件が厳しくなり、その分ボーナスが高くなったもの。基本的にあまり使うスキルではないが、一部高難易度曲でのクリア狙いに有用となる。精度が高ければゲージ6本まで可能。
    • ORIGIN Fablesマップ28(AIR PLUS時点で累計670マス)完走とSTAR ep.Iマップ7(STAR時点で累計725マス)クリアで所有者は揃う。前者2人目は最初の入手(AIR PLUS時点で累計425マス)から約1.6倍。
GRADE効果
初期値500コンボを達成した場合
ゲーム終了時にボーナス +42000
+1〃 +43000
+2〃 +44000
+3〃 +45000
+4〃 +46000
+5〃 +47000
+6〃 +48000?
+7〃 +49000?
+8〃 +50000?
推定理論値:110000(6本+8000/24k)
所有キャラ【グレン / イセリア(1) / ソウル・ブラザーズ
PLUSまでの旧仕様
AIRバージョンからボーナス量が増加した。STARバージョンで所有者も増えた。
初期値500コンボを達成した場合ゲーム終了時にボーナス +40000
GRADE UPコンボ達成ボーナス +1000増加(最大+44000)
ランクテーブル
12345
スキルEp.1Ep.2Ep.3スキル
678910
Ep.4Ep.5Ep.6Ep.7スキル
1112131415
Ep.8Ep.9Ep.10Ep.11スキル
1617181920
 
2122232425
スキル
STORY
EPISODE1 オレたちの歌を聞けッ!「オレたちはHIPHOPで完全調和(パーフェクト・ハーモニー)を目指すソウル・ブラザーズだ!」
 『ソウル・ブラザーズ』は渋谷のクラブを中心に活動をしているHIPHOPアーティストだ。

 メンバーは、熱血で歌声も熱い『イトリ』。
COOLでCLEVERな『シルビア』。
身も心もHIPでPOPな『らっぷ』。
力強いVOICEがNICEな『マツ』の4人だ。

 ソウル・ブラザーズのLIVEを見て、アガらない奴はいない。
 彼らがパフォーマンスを行う箱は満員御礼。
 『音の泉に皆集合!』と声をかければフロアには陽気な奴らがわんさか集まり、すし詰め状態になる。

 また動画配信も積極的に行うソウル・ブラザーズは、今や地方の若者たちからもリスペクトを集めていて、彼らの曲をアンセムと崇める者も多かった。

 非常に順風満帆、やる気も満々なソウル・ブラザーズだったが……最近、どうにもバッドな表情を浮かべることがあるようだ。

 「……うーん。やっぱり何かが足りないぜ!」
EPISODE2 新たな風を探して!「オレたちのLIVEは今日も最高! でもまだ上へ行こう! 新しいメンバーを探してレッツ・ゴー!」
 今日もソウル・ブラザーズの4人は馴染みのクラブでゴキゲンなパフォーマンスをぶちまけてきた後、気分良く打ち上げを行っていた。

 「はぁーっ! 今日もオレたちはフライだったな!」
 「俺たちは最高のマイメンだぜ!」
 そんな風に最初はお互いを讃え合っていたが、しばらく経ってチルったイトリがポツリと呟いた。
 「……でもさ、オレたちはまだまだイケると思うんだ。もっとバックワイルドな音楽を目指せるはずだ!なぁ! お前らだってそう思うだろう?」
 「うん……僕もそう思ってた」
 「オレも」
 「ぼくも……」
 ソウル・ブラザーズはソウルのブラザーだ。全員が同じ悩みを抱えていたと分かったと知ると、早速壁をぶち破る相談を始めた。
 「もっとバックワイルドになるためには……」
 4人は酔いが回った頭でウンウン唸りながら考える。するとしばらく悩んだのち、シルビアが提案した。
 「……クルーを増やすのは? そうしたら刺激になるし、曲の幅も広がるんじゃない?」
 「流石はシルビア! 俺たちのブレインだぜ!」
 「よーし! そうと決まれば新しいクルーをディグってみるか!」

 ――こうしてソウル・ブラザーズの新たな仲間探しが始まったのだった。
EPISODE3 新メンバー候補その1「人気絶頂のハードロックユニットのボーカルのアイツ、なんとかコラボしてもらえないかな?」
 「新クルーだが、まずは奴に声をかけようと思う」
 イトリが挙げたのは某絶頂人気ハードロックユニットのボーカルの名前だった。まだ彼らがインディーズだった頃、ソウル・ブラザーズと同じ箱でLIVEを行い、親睦を深めたことがある。
 「た、確かに彼がクルーになってくれたらフライだけど……流石にちょっと厳しいんじゃない?」
 「奴に自分のユニットを抜けろっていうのは無理だろう。だがフィーチャリングなら話は別だろ?」
 「確かに! アイツのハードロックと俺たちのHIPHOPがぶつかったらビックバンが起きるぜ!」
 「よーし! そうと決まれば即行動だ! ……確か奴のユニットは今ワールドツアー中で、丁度この近くでLIVEをしているはずだからな!」
 早速ソウル・ブラザーズは問題のボーカルの待つアリーナに向かうと、楽屋の前に立つ警備員に事情を話し、中に通すように頼んだのだが……。
 「……メンバー以外の誰にも会いたくないだって?」
 警備員がマネージャーから聞いた話だと、本番前の彼は大変ナーバスになっていて、誰とも口を聞きたくないと言っているらしい。
 「……そんなこと言う人には見えなかったけどなぁ。本番のプレッシャーにもすごく強い人だったし」
 「しゃーねぇ! それじゃあ出待ちしようぜ!」
 ソウル・ブラザーズは一旦会場の外に出て、演奏が終わった後の彼に出会う作戦を取ることにした。
 だがどこから情報が漏れたのかは分からないが、関係者しか知るはずのない出口には、大量のファンが押し寄せ、激しいモッシュが起きている。
 「……こりゃあ、ダメだな。今回は諦めよう」
EPISODE4 新メンバー候補その2「このヒーロー番組歌がいいな! 歌ってるのは自称天使とか怪しいけどスゲーパワーを感じるぜ!」
 新クルー探しが空振りに終わってしまったソウル・ブラザーズ。流石にいつもの元気は出ずにブルーでいた。特に普段からナーバスなシルビアはそうだった。
 (はぁ……気晴らしにテレビでも見ようかな)
 チャンネルを回すと、どうやら子供向けのヒーロー番組を放送しているようだ。だが、そのヒーロー番組は色んな意味で規格外だった。
 思春期の少年少女が突然異能力に目覚めるというストーリーのようだが、全然ヒーローっぽくないのだ。それどころか思春期特有の変な生々しさ、青臭さすら感じる……それでいてなぜか目が離せない。
 何よりも規格外なのが主題歌を歌う男女の2人だ。下品な笑みを浮かべているのに力強く美しい歌声の男。クールな瞳でこちらの心を奪う妖艶さを持つベティ。
 彼らの歌声にすっかり魅了されたシルビアは、いつの間にか心のモヤが晴れていることに気が付いた。
 そして番組が終わると早速仲間たちに声をかける。
 「……新しいクルー候補が見つかったよぉーっ!」

 ――翌日、早速ソウル・ブラザーズはあのクールビンズな男女の所属する事務所に足を運んだのだが……2人のマネージャーは奇妙なことを言いだした。
 「……あの2人はブルー・フォレストからやってきた天使と悪魔なので、下界の言葉は分かりません」
 「はぁ? 何? そういう設定ってこと?」
 「設定ではありません。事実です」
 「……これって、ど、どういう意味なんだ?」
 「……つまり『お断りします』ってことじゃない?」
 ……結局ソウル・ブラザーズは、天使と悪魔に会うことすら叶わず、肩を落として帰っていった。
EPISODE5 新メンバー候補その3「真夏のビーチで出会った爽やかな風のような男!声までイケメンだし是非とも仲間に加えたいが……」
 新クルーを探しているうちに、いつの間にか季節は夏に。身も心もHOTでHOPなこの季節、人は海が恋しくなるものだ。
 その日、ソウル・ブラザーズは弾けるビートをビーチに集まったビーボーイたちに届けていた。
 するとそこで自分たちとはまた違った美しい声を持つイケメンと出会ったのだ。
 「なっ! そこのクールな兄ちゃん! 俺たちとちょっと話さないか?」
 お調子者のらっぷが声をかけると、なんとイケメンはそれなら食事に招待すると言ってくれた。
 「スゲー! あんな爽やかイケメンなのに、性格もフライだぜ! 何よりも歌がドープだ!」
 「ああ! あいつは確かにオレたちとは違ったフィーリングで面白ぇ!」
 「あんな人がいたらクールな変化がありそうだね!」
 メンバー一同、爽やかイケメンを新クルーに迎えたいと思ったのだが……。
 数時間後、食事が終わる頃にはソウル・ブラザーズは全員首をかしげることになった。
 「アイツ、爽やかで、性格も良くて、おまけに料理も上手なんだけど……俺たちと違い過ぎるっていうか」
 「なんか言葉が通じない……」
 イケメンは『波音の美しさ』『イルカと一緒に歌うことの素晴らしさ』などを澄んだ目で語り、最終的には『自分は水を操る能力がある』と言いだした。
 「……アイツは滅茶苦茶フライなやつだ。だが、オレたちには眩しすぎるぜ」
 ――こうしてソウル・ブラザーズは、丁寧に食事の礼を言うと、波風のように爽やかなイケメンと別れた。
EPISODE6 変な招待状が来たッ!「『WELCOME』と書かれた招待状が来た。これもしや血文字? 怖ッ! さっさと捨てよう!」
 新クルーを探し続けるソウル・ブラザーズ。
 そんなある日のこと……。
 「ん? なんだこりゃ?」
 ポストの中身を確認していたイトリは見慣れない封筒を見つけ、仲間を集めた。
 余談だが、ソウルのブラザーズである彼らは同じ家に住んでいる。衣食を共にするというのは、バイルアウトな音楽を作るために必要なアクションだったのだ。

 「……差出人の名前が書いてない封筒? なんだか不気味じゃない? 開けない方がいいと思うけど」
 慎重派のシルビアがそういうと、楽天家のらっぷは笑いながら否定する。
 「大丈夫だって! きっと俺たちへのファンレターだよ! シャイな子が名前を書けなかったんだろう。 さ、オープン・ザ・レター!」
 らっぷはさっさと封筒を開けてしまった。そこにはメッセージカードが収められていたのだが……。

 「ええええーーっ!? 何このメッセージカード! 気持ち悪いッ!」
 「『WELCOME』って最初に書いてあるな……。何かの招待状なのか?」
 「で、でも招待状にしては変じゃない? 全部真っ赤な文字だし……も、もしかしてこれ、血文字じゃあ?」
 「うへええええーーっ!? グロいのは勘弁っ!」

 あまりの薄気味悪さ、禍々しさに、ソウル・ブラザーズは全文読む前だが、ダストボックスにメッセージカードを思い切りシュートしたのだった。
EPISODE7 新メンバー候補番外編1「雑誌で『悪魔的人気を誇るロックシンガー』の記事を読んでいたら……気味の悪い男に声をかけられた!」
 ある日の深夜。コンビニに買い出しに来ていたらっぷは、そこである雑誌を発見する。
 「『世界悪魔音楽辞典』? ……なんだこりゃ?」
 何気なく雑誌を手に取ったらっぷは、いくつかのページを捲り始めた。
 どうやらその雑誌はカルト的なバントや、カリスマ性を持つ人気歌手を特集した雑誌らしい。
 中でも『恐怖! 教会に現れた悪魔のロックシンガー!』というのが雑誌の目玉記事のようだ。
 そこには蝋のように白い肌、銀灰色の髪、そして片方だけ深紅のオッドアイが特徴的な美女が荘厳な大聖堂でギターをかき鳴らしている写真が写っていた。
 「うへー。イルってんなぁ……でも、スゲー、ジギ―なヴァイブスなのは写真からでも感じるわ。こういうアーティストって一度火がつくと、世界中でヒップになるんだろうなぁー」
 らっぷがそんなことを漠然と考えていると、突然耳元で声がした。
 「……その女のようになりたいか?」
 「うへえっ!?」
 慌てて振り向くと、いつの間にか、まるで闇をそのまま纏ったかのような不気味な男が立っていた。
 男は再びらっぷに問う。
 「……この女のような名声が……力が欲しいか?」
 「い、いやいやいやいや! 俺、悪魔とか怖くてバッドなのマジで苦手なんで! あとウチは白塗りとか無理だしっ!」
 そう答えるとらっぷは、そのまま男を置いて猛スピードで逃げ出し、家までダッシュした。
 「なんだアレ……新手の変態か?」
EPISODE8 新メンバー候補番外編2「ラーメン屋で『伝説の人形遣い』の記事を読んでいたが……このラーメン煉獄の炎のように熱いッ!」
 ある日の昼時。マツは近所に新しいラーメン屋がオープンしていることに気が付いた。
 「『煉獄らーめん』? ……変わった名前だなぁ。 でも丁度腹が減ってたし、寄ってみよう! ヘヘヘ」
 マツの歌のパワーは常人の2倍。そして摂取するカロリーもやはり常人の2倍なのだった。
 意気揚々と暖簾を潜り店に入ったマツだったが、あまりの静けさにびっくりしてしまった。
 オープンしたての店内に、客はマツ1人しかいないようだ。おまけに店主は客商売をするにしては、あまりにも陰気で愛想がない。店主の陰気さが伝染しているかのように、店内は薄暗かった。
 店の異様な雰囲気に、マツは一瞬悩んだものの空腹を満たすのを優先し、とんこつラーメンを注文する。そしてラーメンが出来上がるまで、置いてあった雑誌を読むことにした。
 『人形怪奇ファイル』と書かれたその雑誌では、伝説の人形遣いが特集されている。
 (ラーメン屋が置くにしちゃあ、変わった雑誌だなぁ……客の忘れ物かな?)
 そんなことを考えていると、ようやくラーメンが出来上がったようだ。
 「いっただきまーす……ぶほっほぉぉーーッ!?」
 マツはラーメンのあまりの熱さに吹き出してしまった。
 「なんだよこれ炎かよ! 溶岩かよ! 地獄かよッ! そして何より不味すぎだろッ!? ありえないよッ!」
 そのラーメンは地獄のように不味かった。
 食べ物を侮辱しているかのような味付けに、マツの怒りは収まらず、結局代金を払った後、何か言ってきた店主の言葉を無視して、さっさと帰ってしまったのだった。
EPISODE9 新メンバー候補番外編3「『謎に満ちた麗しき指揮者』を調べていたら……い、家の中に見たこともない階段が現れたッ!?」
 ある日の午後。シルビアは新クルー発見の糸口になればと、歴史上の優れた音楽家について調べていた。
 (僕が知らなかっただけで、この世界にはファーアウトな音楽家がたくさんいたんだなぁ~)
 やがて、ある指揮者についての考察がなされているサイトがシルビアの目に止まった。
 (『謎に満ちた麗しき指揮者』……観客も、演奏者も、その場にいた全ての人間のハートを奪ったリリカルマダラー……最高にクールだなぁ!)
 おまけにその指揮者は『義賊』でもあったらしい。
 彼の多彩な才能に驚き、シルビアは彼の情報が他にもないか夢中になって調べていた……すると。
 (ん? なんだ、やけに部屋が寒いような?)
 窓を開けているわけではなく、エアコンを入れているわけでもないのに、部屋には冷気が流れていた。
 「この風どこから? って! ええええーーっ!?」
 風が流れてくる方向に目をやったシルビアは顎が外れるほど大きな口で叫んだ。なんと家の中に見たことのない下り階段が現れていたのだ。階段は深く、闇に支配されていてどこに続いているのか見当もつかない。
 「こ、ここ1階なんだけど……じゃない! なんでいきなり家の中に知らない階段が出現するの!?」
 「ど、どうしたシルビア!? 何かあったのか!?」
 「あ! みんな! 実はここに見知らぬ階段が……。ってあれ? き、消えているっ!?」
 「……何だよ。見知らぬ階段って。そんなのあるわけないだろう? 夢でも見てたんじゃないのか?」
 「……そう、なのかな?」
 釈然とはしないものの、シルビアは仲間たちの言葉に頷くしかできなかった。
EPISODE10 新メンバー候補番外編4「楽屋にライオンの着ぐるみ(?)を着た謎のヤンキーが!? いや、豪怒なんて知らないッス!」
 ある日の夜。ソウル・ブラザーズはLIVE予定の馴染みの箱で、楽屋のドアを開けた瞬間凍り付いた。
 楽屋の中にはライオンがいたからだ。
 正確には『非常に精巧なライオンの着ぐるみ(?)を着た謎の男(?)』がいたからだ。
 ライオンの着ぐるみ男は着ぐるみの上から、さらに暴走族の特攻服を着こんでいる。あまりに異常だった。
 「……おい。オメーら」
 「ひ、ひえっ!? 暴力反対! 俺たち安泰! SAY! PEACE!」
 混乱したソウル・ブラザーズは、とりあえずホールドアップをして敵意がないことを示すのが精一杯だった。
 「落ち着けよ。オレ様はただ人を探しているだけだ」
 「ひ、人探し……ですか?」
 「ああ。豪怒という男を探している……匿名の手紙をもらってな。この楽屋に豪怒の手がかりがあるって話だったんだが……」
 「そ、その豪怒さんってどんな方なんで?」
 「オレ様が聞いた話だと、最強最悪の番長で、煉獄のようにヤクい男らしい」
 「そんな男、知らないし、会いたくもないっす!」
 「……どうやらそのようだな」
 ソウル・ブラザーズの狼狽えっぷりに、ライオンの着ぐるみ男は目的の男とは無関係と判断したらしい。
 「シャバイことしちまったぜ。悪ぃな。亜罵夜ッ!」
 そのままライオンの着ぐるみ男は颯爽と楽屋を後にしていった。
 「……い、意外と話が分かる奴だったのか?それにしても……最近の着ぐるみはリアルだぜ」
EPISODE11 今のままでも至高だぜ!「新メンバー探しは焦らない。さ、ケーキを食べよう!最近不思議なことが続くがOK! 楽しく行こう!」
 ハプニングはあったがLIVEは大成功! フロアで湧く客たちを見て、ソウル・ブラザーズは思った。
 (オレたちは今のままでいいんだ。自分たちの音楽を育てていこう! 焦る必要はないさ!)
 LIVE終了後、楽屋ではパーティーが行われていた。しかし今日はLIVEの成功を祝うだけではない。
 「イトリ! 誕生日おめでとう!」
 そう今日はイトリのバースデー。サプライズでビッグなケーキを用意していたのだ。
 「おおお! みんなサンキューな! ……でもなんでケーキの文字が『WELCOME』なんだ?それにやたら不気味な赤い文字だし。ま、いいや!」
 楽屋の電気を落としケーキの蝋燭を吹き消そうとするイトリ。だがその前にパン! と何かが弾ける音がすると、突然蝋燭の炎が青く変化し、燃え上がった!
 「う、うわっ!? なんだ!?」
 慌てて部屋の電気をつけると、天井から白く輝く羽がヒラヒラと舞い降りてくる。それにどこからか清らかな太鼓の音色も聞こえてくるようだ。
 「ス、スゲーサプライズだな! ビビっちまったぜ」
 「い、いや……僕たちも知らないんだけど」
 「そうなのか? まあ、細かいことは気にしない! さ、みんなでケーキを食おうぜ!」
 細かいことで悩んだりしないのがソウル・ブラザーズ。
 彼らはケーキの『WELCOME』の文字がいつの間にか普通の『HAPPY BIRTHDAY』に変わっていても気にしなかった。
 ただこれからも一緒に美味い物を食べて、フライな歌を歌い続ける……そう誓いあってソウル・ブラザーズはこれからもHIPでPOPな日々を送るのだった。



コメント(47)
Twitter

コメント

  • チュウニズムな名無し No.101742087 2017/12/15 (金) 13:33 通報
    ところで
    イトリがytrさんで
    らっぷがらっぷびとさんで
    マツが抹さんなのはわかるんだけど
    シルビアって誰?
    返信数 (1)
    1
    • × チュウニズムな名無し No.101742646 2017/12/15 (金) 15:16 通報
      同じく気になってコメントしようと此処に来たら丁度したかったコメント見つけて吃驚しました(すごく気になりまっす)
      0
  • チュウニズムな名無し No.101217220 2017/09/18 (月) 20:18 通報
    ここのコメ欄だけやたら自演までして一人で書き込みしまくった形跡があって何事…
    9月からピタリと止まってるのがお察しではあるが
    返信数 (1)
    1
    • × チュウニズムな名無し No.101217963 2017/09/18 (月) 21:56 通報
      実は多重人格だった説
      1
  • チュウニズムな名無し No.101119720 2017/09/02 (土) 05:09 通報
    こいつら何回GODから逃げきれてるんだ・・・すげえ・・・
    6
  • チュウニズムな名無し No.101111417 2017/08/31 (木) 21:10 通報
    ちょっと神回避しすぎじゃないですかね...(困惑)
    6
  • チュウニズムな名無し No.101094427 2017/08/29 (火) 02:30 通報
    とりあえず今までのコメントと個人的な考えを頼りにまとめてみると
    Episode3…バーニッシュ(無印)
    Episode4…天音エイジ(AIR)
    Episode5…波風レン(無印)
    Episode6…G.O.D(無印)
    Episode7…シラー・スティング(無印)
    Episode8…カラドリウス・ブルー(無印)(個人的考察)
    Episode9…パピオン(無印)
    Episode10…轟雷音(AIR)
    Episode11…トリスメギストス(STAR)
    ってことでいいのかな?
    返信数 (1)
    16
    • × チュウニズムな名無し No.101095270 2017/08/29 (火) 10:10 通報
      たぶん合ってるぞ。
      1
  • チュウニズムな名無し No.101094005 2017/08/29 (火) 00:26 通報
    スキルは正直使えないけど
    キャラカッコイイし
    曲好きだから25までそだてるわ笑
    返信数 (3)
    1
    • × チュウニズムな名無し No.101095531 2017/08/29 (火) 11:29 通報
      僕もしゅる〜
      0
      • × チュウニズムな名無し No.101098113 2017/08/29 (火) 19:53 通報
        明からさまなな自演で草
        9
    • × チュウニズムな名無し No.101096015 2017/08/29 (火) 13:44 通報
      25にしたいけど、限界突破できない…コースモードも使っちゃった(๑>؂•̀๑)テヘ
      ∞セット??フッ…知らんな。
      1
  • チュウニズムな名無し No.101092996 2017/08/28 (月) 21:43 通報
    エピソード11ってトリスメさんが助けてくれたって事だよね??
    返信数 (1)
    1
    • × one No.101095535 2017/08/29 (火) 11:30 通報
      そうだと思うぞ
      0
  • チュウニズムな名無し No.101092562 2017/08/28 (月) 20:36 通報
    GODさん!?
    やめてくださいよ!
    なにしてんすか、ホントに…!
    まずいですよ!!
    返信数 (1)
    5
    • × チュウニズムな名無し No.101095666 2017/08/29 (火) 12:07 通報
      この辺にぃ、不味いラーメン屋の屋台、出来てるらしいっすよ
      13
  • チュウニズムな名無し No.101091723 2017/08/28 (月) 18:28 通報
    ブルー・フォレスト…青森…
    返信数 (1)
    3
    • × チュウニズムな名無し No.101091850 2017/08/28 (月) 18:45 通報
      まりお夫妻は青森出身だからな
      0
  • チュウニズムな名無し No.101090813 2017/08/28 (月) 16:06 通報
    こいつらがG.O.Dから逃げ伸びられた原因ってもしかして自分のポリシーを曲げなかったからなのか…?
    エピソード11からそう読み解けるけどどうなんだろう?
    3
 1 2 3 次へ ≫ 

削除すると元に戻すことは出来ません。
よろしいですか?

今後表示しない

名前
コメント(必須)
(300文字まで)

必ず「Gamerch ガイドライン」をご覧の上、書き込みをお願いします。
画像
sage機能

対象コメント

選択項目

詳細

※上記の内容はWiki管理者へ通報されます。

通報完了

通報内容を送信しました

エラー

エラーが発生しました

削除しました。
 このWikiに関するツイート  閉じる
1件の新しいツイートがあります
  • 関連するツイートはありません
 古いTweetをもっと見る   閉じる

このページをシェアしよう!

メニュー  

基本メニュー

設置店舗 (32)

イベント等

お知らせ
11/2楽曲追加+課題曲解放 (28)
11/22楽曲追加 (15)
バーチャル・シンガーコラボ (121)
人気投票 (49)
12/7楽曲追加+課題曲解放 (4)
セハガールコラボ (16)
PSO2コラボ (43)
ごちうさコラボ復刻 (306)
12/21楽曲+課題曲追加 (9)

開催中
12/25 23:59まで
キャラクター人気投票 (49)
2018/1/10まで
バーチャル・シンガーコラボ (121)
セハガールコラボ (16)
PSO2コラボ (43)
ごちうさコラボ復刻 (306)
2018/1まで毎月
銅像抽選キャンペーン
(関連サイトへ移動)
2018/2/10 全国頂上決戦(JAEPO)
第四回 天下一音ゲ祭 (122) 
2018/11/5 23:59まで
シリアルコード(イロドリライブ) (70)

楽曲情報・攻略

楽曲一覧 (2)
追加順 (13)
┗ Lv順
 ┗11以上 (27)
 ┗7~10+ (2)
 ┗6以下 (0)

WORLD’S END (1062)
コースモード (205)

譜面情報ランキング (10)
┗ノーツが偏った譜面譜面の長さ (9)
課題曲 (0)
長さが偏った譜面 (1)

キャラクター

 キャラ一覧 
無印 (4)
AIR (103)
STAR (9)

 個別ページ ※STARからのキャラ
ep.I ep.II イロドリミドリ (0) 言ノ葉Project (0) 特定条件(上記以外) コラボキャラ

スキル

スキル一覧 (62)
期間限定スキル (5)
┗ 理論値比較
 ┗ ゲージ4~5本 (0)
 ┗ ゲージ6~7本 (25)
 ┗ ゲージ8~10本 (2)
 ┗ 番外 (9)
 ┗ 青天井 (0)
 ┗ 未評価 (0)
類似スキル比較 (6)
スキル評価
性能重視 (128)
手間重視 (4)
期間限定 (0)
スキル分類別

称号・マップ・その他

称号一覧 (400) 
曲別 (18)
ネームプレート (68)

マップ一覧 (68)
マップボーナス・限界突破 (148)


掲示板

外部リンク

チュウニズム公式サイト
▼ 譜面定数参考元
chunithmfanclub’s diary
▼ 譜面画像参考元
CHUNITHM譜面保管所

wikiメンバー

編集テンプレ スキルincludeリンク (0)
キャラincludeリンク (0)
イベントincludeリンク (0)
wikiガイド
左サイドメニューの編集

サイト内ランキング
雑談 掲示板
CHUNITHM STAR 楽曲一覧(Lv順)
ご注文はうさぎですか??コラボイベント
4 楽曲追加のお知らせ(2017.12.21)
5 CHUNITHM STAR 楽曲一覧
6 CHUNITHM STAR マップ一覧
7 PHANTASY STAR ONLINE 2コラボイベント
8 CHUNITHM STAR キャラクター一覧
9 VERTeX
10 称号一覧
goodランキング
何回も言われてるだろうけど初期からある12,1.. 66
課題曲クリアしたらいつもこんな感じでキャラ.. 64
rating12.25にしてるわ 52
4 きたさいたま「せやろか」 44
5 見られてると思うとむしろ燃えるんだが 38
6 久しぶりにBMS曲増やして欲しいわ。ちょっと.. 34
7 プレイ中隣から視線感じるなーと思って見たら.. 31
8 3倍チケット使うくらいならそのお金で3クレや.. 29
9 乗り切れ受験ウォーズ 29
10 「よし、文書き終わったっと。送信。」いつも.. 27
もっと見る
最近の更新

17分まえ

1時間まえ

2時間まえ

3時間まえ

5時間まえ

10時間まえ

13時間まえ

14時間まえ

15時間まえ

23時間まえ

新規作成

2017/12/13 (水) 22:28

2017/12/13 (水) 22:24

2017/12/13 (水) 22:21

2017/12/13 (水) 20:42

2017/12/12 (火) 00:21

2017/12/07 (木) 18:55

2017/12/07 (木) 18:48

2017/12/07 (木) 18:19

2017/12/07 (木) 10:57

2017/12/07 (木) 10:38

Wikiランキング
DBZ ドッカンバトル攻略Wikiまとめ【ドラゴンボールZドカバト】
白猫プロジェクトwiki【白猫攻略wiki】
【速報】ミラクルニキ攻略アンテナ
4 パワプロアプリ攻略Wikiまとめ
5 ブレソル攻略Wikiまとめ【BLEACH Brave Souls】
6 アイマス デレステ攻略まとめwiki【アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ】
7 チェインクロニクル攻略・交流Wiki チェンクロ3
8 消滅都市2 攻略まとめWiki
9 ジョジョの奇妙な冒険 スターダストシューターズ攻略Wiki【ジョジョSS】
10 クリプトラクト攻略Wikiまとめ【幻獣契約クリプトラクト】
注目記事
きらファン リセマラランキング きららファンタジア
シノマス リセマラランキング シノビマスター 閃乱カグラ NEW LINK
白猫 茶熊学園2017 白猫プロジェクト
ミラクルニキ 1周年 ミラクルニキ
ドッカンバトル リセマラランキング ドラゴンボールZドッカンバトル
アズレン イベント 愛と平和の聖夜祭 アズールレーン
デスチャ リセマラランキング デスティニーチャイルド
ウルトラサンムーン レートランキング ポケットモンスターウルトラサン/ムーン
FGO おすすめストーリーサーヴァント Fate/Grand Order
モンスト LINE掲示板 モンスト
ページ編集 トップへ