スザク

(25)  
最終更新日時:

【キャラ一覧(無印 / AIR / STAR)】【スキル一覧】【マップ一覧

通常ビートウェイブ
Illustrator:TERU by mashcomix

名前スザク
年齢7393周期
職業DJ
  • 2016年10月20日追加
  • AIR ep.IIマップ5(AIR PLUS時点で305マス/累計825マス)完走で入手。
  • 専用スキル「アストラル・リベレイション」を装備することで「スザク/ビートウェイブ」へと名前とグラフィックが変化する。
  • AIR ep.IIIマップ5のマップボーナスに名指しで指定されている。

成り上がりを目指すDJ。

サントラ第9弾A「Observe the Metaverse」において、ビートウェイブの姿でジャケットを飾っている。
スキル
RANKスキル
1一点突破
5
10アストラル・リベレイション
15
25限界突破の証

  • 一点突破 [MANIAC]
    ※高確率でスコアにマイナスの影響を受けます。
    • まさに一点突破、J-CRITICALしか成功とは認めない。
      メリットだけを見れば即死リスクの無いオーバージャッジ死神の鎌とも言える。強引グマイウェイの力か……
      しかしミスが増えるので結果的に微妙になると思われる。即死系スキル以外でAJC狙い、あるいはWORLD'S END「!」をやる時に使えなくもない?
    • ORIGIN Fablesマップ27(AIR PLUS時点で累計645マス)完走とAIR ep.IIマップ5(AIR PLUS時点で累計825マス)完走で所有者が揃う。
GRADE効果
共通J-CRITICAL判定以外MISSになる
初期値ゲージ上昇UP(230%)
+1〃(240%)
+2〃(250%)
+3〃(260%)
+4〃(270%)
+5〃(280%)
理論値:168000(8本+16000/28k)
所有キャラ【 ルミエラ / スザク(1,5)】
PLUSまでの旧仕様
AIRバージョンから、ゲージ上昇率が増加した。所有者も増えた。
初期値ゲージ上昇UP(205%)
J-CRITICAL判定以外MISSになる
GRADE UPゲージ上昇UP 5%増加(最大220%)

  • アストラル・リベレイション [ABSOLUTE] ※AIR ep.IIマップキャラ専用スキル
    • 人によっては最初に入手するかもしれない即死系スキル。ゲージ上昇率は死神の鎌+3と同じで、理論値近くでゲージ8本まで可能。
    • カウントは減算式で、強制終了条件に関与する。GRADE UPで強制終了までの猶予が伸びる、珍しいスキル。カウントによる強制終了を要約すると、以下の通り。
      • JUSTICE以下100回で強制終了(初期値)
      • ATTACK以下は10回分としてカウント
      • GRADE UP毎にJUSTICE5回分猶予が伸びる
    • AIR ep.IIマップの5名全員が所有しているので、マップ5(AIR PLUS時点で累計825マス)まで完走すれば所有者は揃う。最大GRADEは全員をRANK15にする必要があるので手間がかかるが、上記の通りGRADE UPしても強制終了までの猶予が伸びるだけであり、ゲージ上昇率は増加しないため、安定して完走できるカウントを確保するまで育てれば十分。人によっては初期値でも問題なく運用できるだろう。
    • AIR ep.IIマップ実装予告の一文から、Revelation(啓示)ではなくLiberation(解放)だと思われる。訳すると「感情の開放」「星からの解放」など。
GRADE効果
共通ゲージ上昇UP(255%)
JUSTICEでカウント[-1]
ATTACK以下でカウント[-10]
カウント[0]で強制終了
初期値※初期カウント100
+1※初期カウント105
+2※初期カウント110
+3※初期カウント115?
+4※初期カウント120
+5※初期カウント125
+6※初期カウント130
+7※初期カウント135?
+8※初期カウント140?
+9※初期カウント145
理論値:153000(8本+1000/28k)
所有キャラ【 ちびみるく / ラニウス / シリウス / シュープリス / スザク(全員10,15)】
AIRにおける旧仕様
AIR PLUSバージョンから、ゲージ0で強制終了しなくなった
初期値ゲージ上昇UP(255%)
JUSTICEでカウント[-1]
ATTACK以下でカウント[-10]
カウント[0]もしくはゲージ0で強制終了
※初期カウント100
GRADE UP初期カウント+5
類似した効果を持つスキル
ゲージ上昇率が増加し、JUSTICE以下の許容量がカウント管理により複数段階に分かれているスキル。
スキルの分類は上2つが[ABSOLUTE]、一番下が[CATASTROPHY]
スキル名上昇率
減点(J/A/M)
初期カウント
アストラル・リベレイション+9255%
-1/-10/-10
145
cherry blessing
~巡る恵みの物語~
260%
0/-1/-3
10
天地創造+3355%
-1/-9/-9
10

ランクテーブル
12345
スキルEp.1Ep.2Ep.3スキル
678910
Ep.4Ep.5Ep.6Ep.7スキル
1112131415
Ep.8Ep.9Ep.10Ep.11スキル
1617181920
 
2122232425
スキル
STORY
EPISODE1 DJ SUZAKU「TOKYO BOOTH。BadでSuckな街だ。オレはこんな所で終わるのはまっぴらごめんだぜ!」
 「Shit! 今日もあのSuckな『BABEL TOWER』がよく見えやがる……!」

 ここは『TOKYO BOOTH』……その中でもSuckでBadな連中が暮らす最下層のスラムだ。

 いつの頃からかは分からねーが、この世界は最下層の『フェーゲ』と上流階級どもの暮らす『ネメア』という2つのcolorに分けられるようになっちまった。

 上流のヤローたちが世界を管理し、下層がそれに従う……一方的な搾取は、津波のようだったが下層のヤローたちはそれに従うしかなかった。

 とくにあのクソッタレのBABEL TOWERにはネメアのBOSSである『ノーベル』が住んでいるっつーこともあって、周辺は清潔極まりない完璧な暮らしをしているヤローばかりがいる……反吐が出るぜ!

 ここフェーゲでは、薬や銃の取引なんて当たり前……。人の命が恐ろしく軽いんだ……マジでBadだぜ!

 だが……オレはここで終わる気はねえ。必ずのし上がって、あのネメアどもに一泡吹かせてやる……そうオレの華麗なDJのTechniqueでな!
EPISODE2 History「オレがガキの頃住んでたのは何にもねーLameな田舎だった。いつかここを出てってやると思ってた」
 オレは元からTOKYO BOOTHの住人だったワケじゃねえ。
 生まれ育ったのはクソが付くほどのLameな田舎だった。
 周りに何にもねー、家畜と山しか取柄がねーようなちっぽけな村だった。

 小さい頃、両親がおっ死んでオレはババアに育てられていた。
 コイツがまたShitなババアで、イタズラするとよく箒でぶっ叩かれて叱られたもんだ。
 ……まあ今考えてみると、いくらオレの舎弟に手を出したからって近所のガキをぐるぐるに縛って肥溜に落としたのはやりすぎだったのかもしれねーが……。

 とにかくオレにとって村の生活はLameそのものだった。
 なんだかんだでババアには感謝はしていたし、近所に住む気にいったガキを舎弟にしたりして、毎日そこそこよろしくやっていた。

 だがオレの心はいつだってまだ見ぬNew Paradiseに向けられていた。

 「いつか……こんなLameな村を出られたら……」

 そんなことばかりいつも考えていた。
 この時は……まだあんな風に願いが叶えられるとは思ってもいなかった、ただのクソガキだったのさ。
EPISODE3 Resolution「Suckな上流階級がオレの田舎をぶっ壊した後オレは誓った。DJになって奴らを見返すってな!」
 オレのLameだが穏やかな生活は、ある日突然崩れ去った。ネメアの連中がやってきて一方的に『土地を明け渡せ』と言ってきたんだ。

 当然、村の大人たちは抵抗したが……。
 ネメアBossノーベルは『VOX』いう不思議な箱を取り出すと、ソイツの力で村を一瞬で滅茶苦茶にしやがった!

 ……そこからは一方的な略奪の始まりさ。
 まだガキだったオレも必死にヤツラに挑んだが……。大人が適わない相手にガキがいくら抵抗しても無駄だった。

 「スザク……あたしはもう助からない。おまえはこの村を捨てて、遠くへお逃げ」
 オレは泣きながら逃げた。育ててくれたババアを捨てて、舎弟だったガキも見捨て、生まれた村も捨てて……逃げて逃げてこのTOKYO BOOTHに流れ着いたんだ。

 「Shit! だが……オレはいつまでも逃げっぱなしじゃねーぞ!」
 オレはDJになった。この世界は音でできている。
 そしてDJは音を支配する者……つまりDJでTopに立つということは世界を支配するということに等しいからだ。

 「見てろよ……Suckなネメアめ……必ずオレはのし上がり、オレだけの世界を創り上げてみせる!」
EPISODE4 DJ Battle「オレはTOKYO BOOTHでNO.1になった。ついにオレのWaveが来た。計画を実行するぜ!」
 ネメアへの復讐を誓い、DJになったオレは毎日Clubの舞台に立った。
 TOKYO BOOTHのClubでは毎日DJ Battleが行われる……。
 これに勝つのが名前を売るのに一番手っ取り早いからだ。

 今日も気合いを入れてオンボロアパートを後にするオレに、大家のバアさんが声をかけてくる。
 「……今日もクラブ通いかい? まったく飽きもせずよくやるよ」
 「……ほっとけクソババア。今日のBattleは一味違うんだよ」

 そう、今日オレが対戦する予定のDJはTOKYO BOOTHの現役No.1だ。
 いやでも気合いが入るってもんさ。

 ……だが、いざ勝負が始まってみると何のことは無い。オレの圧勝だった。
 オレがこのTOKYO BOOTHでNo.1になったという話は、瞬く間にフェーゲの連中の間にも広がったらしく、近所のガキどもがみんなオレの足元にまとわりついてくる。

 「スザク、すごいね! カッコイイ!」
 「ハッ! 当然だろ!」
 フェーゲの住人たちが歓迎ムードの中、大家のバアさんだけは苦い顔をしていた。
 「……あんまり調子に乗ってんじゃないよ」
 「Shit! うるせーよ!」
 ……どうにもこのバアさんの前だと調子が狂うぜ。
EPISODE5 Intrusion「SuckなBaber Tower。ここにあるVOXを手に入れれば、オレの世界が創れるんだ!」
 TOKYO BOOTHでTopに立ったオレはついに作戦を実行することにした。
 「今日こそあのネメアをぶっ潰す!」

 ……だが、いくらオレに力があったとしてもクソったれのネメアの数は計り知れない。
 ただBABEL TOWERに突っ込んでいっても無駄死にだ。

 当然ながら、オレにはNiceな策があった。
 忘れもしないTerribleな日にオレの村をぶっ壊したあの箱……VOXを利用してやるんだ!

 オレは自分の村をぶっ壊されたあとも、ネメアとノーベルの動向を調査していた。
 その結果、VOXは尋常じゃねー力を生むことができて、ノーベルはいくつもの街や国をVOXによって支配していることが分かった。
 ……つまり、逆に言っちまえばVOXがなければノーベルはただのクソヤローってことだ。

 もちろんVOXの周囲は厳重に警備が張り巡らされているだろう。
 途中で命を落とすようなBadな目に合うかもしれねーが……。

「乗るしかねえだろ! このWaveに!」
 オレは一人、TOKYO BOOTHの夜を駆けていった。
EPISODE6 Accident「Shit! 上流共に邪魔されるのは想定内だが手に入れたVOXが起動しねーなんてBadだぜ!」
 BABEL TOWERへの侵入は事前に調べていた抜け穴から何とか成功した。

 「……貴様! そこで何をしている!」
 案の定、SuckなBABEL TOWERにはとんでもねー数の見張りや警備が配置されているらしい。
 だがオレには鍛えてきた音の力がある。

 「……悪いがコレでも食らって、おネンネしてくれや!」
 オレの一撃で見張りのヤローは眠りについた。
 「Hum……最初からコレじゃあ、先が思いやられるぜ……」
 オレは溜息をついたが、意外にもそれ以降のエージェントとの戦闘は大したものではなかった。

 「ハッ! これなら楽勝だな!」
 オレは鼻歌交じりに玉座の間たどり着く。
 果たしてそこには念願のVOXがGorgeousな台の上に陳列してあった。

 「これさえあれば……」
 VOXに手を伸ばしかけたオレの手に鋭い痛みが走る。

 「痛っ!? ……誰だ!?」
 「それはこちらのセリフだな」
 「テメーは……ノーベル!?」

 いつの間にかオレの前にはネメアのBossノーべルと不気味な狼の面を被ったShinobiが立っていた。
EPISODE7 Defeat「オレのRATINGが足りねーだと? Shit!このままオレはWaveに飲まれちまうのか!?」
 突如現れたネメアのBossノーベルの姿に一瞬、虚を突かれたオレだったがすぐに体勢を立て直す。

 「……このVOXを手に入れちまえば、オレの勝ちだ!」
 オレは即座にVOXに触れて力を込めた……だが。

 「Shit! なんで何も起こらないんだよ!?」
 「ハハハハーッ! 貴様ごときのRATINGでVOXを支配しようなど笑止千万! ……お遊びはここまでだ。さあ、虫けらは虫けららしく、ここで踏み潰されるがいい!」

 ノーベルの命令で狼面のShinobiとその手下どもがオレの身体を激しく打ち据える。

 (ぐうっ!? ク、クソッ! このままじゃあマジでヤラれちまう!)

 オレは敵の一瞬の隙をつくと、イチかバチかの賭けに出た。
 BABEL TOWERの窓を蹴破って飛び降りたのだ。
 賭けに勝ったオレは何とか一命を取り留めた。だが、身体はすでにボロボロだった。

 「Domb Shit! オレは……アイツらのWaveに飲まれちまった……のか?」

 ――オレの意識はそこで途絶えた。
EPISODE8 Rebirth「一度Waveに乗れなかったからってオレは諦めねえ! 次のWaveに乗れりゃあいいんだ!」
 オレが目を覚ますと、そこはいつものオンボロアパートだった。

 「オレ……なんで、ここに? ……痛っ!?」
 「……無理に起き上がるんじゃないよ」
 「バ、ババア? ……これは一体?」
 自分の身体をよく見ると、そこらじゅうが包帯だらけでまるでMummy Manのようになっている。
 「……ババア、テメーが手当てしたのか?」
 「あたしだけじゃないよ。街の皆があんたを運んできたのさ」
 大家のバアさんの声と共に、近所のガキや大人たちがオレの部屋に入ってくる。

 「スザク! 大丈夫?」
 「ネメアに喧嘩を売ったんだって? ……なんて馬鹿なことをしたんだ」
 「……しかし、スザクが敵わないなんて……やっぱり俺たちはネメアに従うしかないんだ」
 誰しもがそんな諦めの言葉を口にしていた。

 (本当にそうなのか? ……所詮オレは、このフェーゲでくすぶっているだけなのか? ……いいや! 違う!)

 「……オレはやるぜ」
 (そう……Waveは何度でも来る! その時を待つんだ!)
 オレは拳を握りしめた。
EPISODE9 Penance「技術を磨いたオレは公式DJ Battleで徐々に勝ち抜いていった……いよいよ決勝戦だ!」
 一度、ノーベルに敗れたオレは徹底的に自分を鍛え直した。そしてフェーゲの住人では通常エントリーすら難しい公式のDJ Battleに挑むことにした。
 公式のDJ Battleは野良DJ Battleとは次元が違う。一戦一戦がまさに命の取り合いとなる真剣勝負だった。

 「はぁ……はぁ……」
 「……もうやめろ。スザク、諦めろ」
 街の人間や仲間たちはこぞって傷ついたオレにそんな言葉をかけてきた。
 「せめて、ネメアのエージェントのように身体を機械化したらどうだ?」
 そうAdviceをしてくる奴も中にはいたが……。

 「……ウルセ―よ。オレはオレの身体と技術だけで、Battleしてーんだ」
 自分のTechniqueだけでネメアを屈服させる……そうでなければ何の意味もなかった。
 血が滲むようなTrainingが実を結んだのか、オレは公式DJ Battleでも上位のランカー記録に食い込むようになっていた。

 それに加えDJの女神が微笑んだのか、ネメアの有力ランカーが、次々と謎の死を遂げる事件が続いた。
(ついに来たぜ……オレのWaveが!)

オレはついに公式Battleの決勝戦にたどり着き、王の座を盤石のものにしているノーベルと因縁の対決をすることになったのだ。
EPISODE10 Tidal Wave「くっ! Topのヤローは圧倒的だ。だがオレはアイツに飲まれねえ! Waveはオレが創る!」
 「……この時を待っていたぜ。ノーベル」
 「ほほう……貴様、あの時の小僧か。よく生きていたものだ……本来なら、フェーゲの貴様がこの私に挑むなど、あり得ないことだが……音の前ではすべてが平等だ。さあ、かかってくるがいい!」
 「望むところだ!」

 直接対決してすぐに分かったことだが、ノーベルという男は、VOXの力に頼った張り子の虎ではなく、純粋に優れた音使いだった。

 「くそったれ!なんだこのMANIAなBEATは!?」
 「ククク……その程度か!? 小僧!」
 ノーベルの分厚い音の壁と卓越したTechniqueの前にオレは思わず膝をついてしまいそうになる。

 (Shit! オレはまた飲まれちまうのか……?コイツのWaveに……理不尽な暴力から大切なものを守れないのか!? ……いや違う!)
 オレはしっかりと踏ん張り直すとSoulのままに自分の音をかき鳴らした。

 「……オレはお前に飲まれたりしねー! Waveは自分で作るんだ!」
 「なっ!? こ、この力……馬鹿な!? このRATINGは原初の神に等しいものだぞ!?」
 「これがオレのTidal Waveだ!!」

 オレの叫びと共に、辺りは真っ白な光の奔流に包まれた……。
EPISODE11 New Paradise「VOXでオレは新たなParadiseを創った。だがここはちとオレにはLameだぜ。あばよ!」
 光の奔流が収まると、そこにノーベルの姿はなかった。
 「……オレの勝利だ!」
 「やったな! スザク!」
 「これで……すべてが終わったんだな」
 「……いいや、まだ終わってないぜ」
 オレはようやく手にしたVOXを握りしめた。

 (そう……今のオレなら、コイツですべての願いを叶えることができるはずだ)
 オレはVOXに祈りを込めた。するとVOXから暖かい光が零れだし、世界を包み込んでいった。
 ……そして光がゆっくりと消えていくと、目の前には見事な緑の草原が広がっていた。

 「この世界は、フェーゲもネメアも関係ない……自分の望みを自分で叶えることのできる、Freeな世界だ」
 そよ風に揺れる緑の海は津波の後に訪れる凪のように穏やかで、どこかオレの育った村に似ている風景だった。

 「……さて行くか!」
 「なっ! スザク! どこに行くっていうんだい!?アンタが、ここを治めるんじゃないのかい!?」
 「……勘弁しくれよ。Kingなんて柄じゃねーし、それに……オレのWaveはここじゃあ乗れねーのさ!じゃあな!」

 そう、オレにはこの穏やかな世界はちとLameなんだ……オレはオレだけの新しいWaveを求めて旅に出た。




コメント(25)
Twitter

コメント

  • チュウニズムな名無し No.100889676 2017/07/28 (金) 16:45 通報
    ヒートウェーブじゃなくてビートウェーブです
    0
  • チュウニズムな名無し No.99083156 2016/12/28 (水) 20:43 通報
    こいつ初めて見た時、ドロンジョ様が性転換したのかと思った。
    10
  • チュウニズムな名無し No.98997623 2016/12/20 (火) 18:49 通報
    スザク20歳には見えないなぁ
    1
  • チュウニズムな名無し No.98851114 2016/12/04 (日) 23:50 通報
    緑の草原で思い出したけど、ペンデュラムのエピソードにも草原って出てくるよな…しかも「青年」って記述がある。
    つまりスザクの作り上げた世界はメタヴァース上では「仮想空間上に定義されていない別の空間」になったってことか?
    8
  • チュウニズムな名無し No.98586949 2016/11/05 (土) 22:51 通報
    YOKOHAMAの住民みたいじゃんか
    返信数 (1)
    5
    • × チュウニズムな名無し No.99175025 2017/01/06 (金) 10:46 通報
      いいかぁ?JCとるには精度だけじゃねぇ。
      気合、気合、気合。それでAllRight!
      1
  • チュウニズムな名無し No.98532524 2016/10/31 (月) 15:33 通報
    一点突破+DJ=gambol穴
    そういうことか
    8
  • チュウニズムな名無し No.98526771 2016/10/30 (日) 20:34 通報
    「乗るしかない このビッグウェーブに」を思い出すセリフあって草
    9
  • チュウニズムな名無し No.98516504 2016/10/29 (土) 20:58 通報
    ノーベルってラニウスのほうのストーリーで刺されて死んでなかったか?
    時系列的にスザクにボコられてそのあとラニウスに刺されて死んだのか、完全に並行世界なのか、ノーベルは個人名じゃなくて所属を表してるのか
    返信数 (2)
    2
    • × チュウニズムな名無し No.98516551 2016/10/29 (土) 21:04 通報
      1人がパチモンでもう1人が本人だったんだと思う
      0
    • × チュウニズムな名無し No.98551726 2016/11/02 (水) 10:44 通報
      こっちのノーベルはアバターみたいなので本体がラニウスの方にいたんじゃね
      スザクとラニウスによる同時撃破とか胸熱
      2
  • チュウニズムな名無し No.98512398 2016/10/29 (土) 10:25 通報
    マニアなビートに草
    返信数 (5)
    17
    • × チュウニズムな名無し No.98515376 2016/10/29 (土) 18:33 通報
      チュウニズムでbeatmaniaを打ち倒そうというセガの暗喩
      16
      • × チュウニズムな名無し No.98516488 2016/10/29 (土) 20:57 通報
        ライバルが5鍵で草
        3
      • × チュウニズムな名無し No.99053993 2016/12/26 (月) 02:02 通報
        あ!やばい!これやばいお!
        0
      • × チュウニズムな名無し No.99084154 2016/12/28 (水) 21:57 通報
        超当たりきた!
        0
      • × チュウニズムな名無し No.99638197 2017/02/17 (金) 19:56 通報
        倒さなくていいから切磋琢磨してどちらとも更なる良音ゲーを目指していってほしい(切なる願い)
        6
  • チュウニズムな名無し No.98507931 2016/10/28 (金) 19:56 通報
    貴様ごときのRATINGでVOXを支配しようなど笑止千万!
    雑魚レートの俺「(´・ω・`)」
    40
 1 2 次へ ≫ 

削除すると元に戻すことは出来ません。
よろしいですか?

今後表示しない

名前
コメント(必須)
(300文字まで)

必ず「Gamerch ガイドライン」をご覧の上、書き込みをお願いします。
画像
sage機能

対象コメント

選択項目

詳細

※上記の内容はWiki管理者へ通報されます。

通報完了

通報内容を送信しました

エラー

エラーが発生しました

削除しました。
 このWikiに関するツイート  閉じる
1件の新しいツイートがあります
  • 関連するツイートはありません
 古いTweetをもっと見る   閉じる

このページをシェアしよう!

メニュー  

基本メニュー

設置店舗 (32)

イベント等

お知らせ
8/24CHUNITHM STAR (266)
イロドリLive!イベント (25)
9/7楽曲追加+課題曲解放 (38)
9/21NEW GAME!コラボ (28)
まどマギコラボ復刻 (247) 
宝物庫イベント (48)
楽曲追加 (12)
10/13楽曲追加(音ゲ祭先行) (21)
10/19楽曲追加 (16)

開催中
9/25 23:59まで
シリアルコード

(AJ音ゲー夏祭り2017配布分)
10/16まで
シリアルコード(くじ分) (321)
10/18まで
NEW GAME!コラボ (28)
まどマギコラボ復刻 (247) 
ロシェの宝物庫イベント (48)
11/8まで
イロドリミドリ Live!イベント (25)
2018年1月まで毎月
銅像抽選キャンペーン
(関連サイトへ移動)
開催予定
10/13(予定) 予選用楽曲配信
第四回 天下一音ゲ祭 (21)

楽曲情報・攻略

楽曲一覧 (0)
追加順 (13)
┗ Lv順
 ┗11以上 (16)
 ┗7~10+ (0)
 ┗6以下 (0)

WORLD’S END (1028)
コースモード (162)

譜面情報ランキング (9)
┗ノーツが偏った譜面譜面の長さ (4)
長さが偏った譜面 (1)

キャラクター

 キャラ一覧 
無印 (4)
AIR (100)
STAR (5)

 個別ページ ※STARからのキャラ
ep.I イロドリミドリ 言ノ葉Project コラボキャラ

スキル

スキル一覧 (61)
期間限定スキル (5)
┗ 理論値比較
 ┗ ゲージ4~5本 (0)
 ┗ ゲージ6~7本 (24)
 ┗ ゲージ8~10本 (0)
 ┗ 番外/青天井 (5)
類似スキル比較 (6)
スキル評価 (121)
期間限定 (0)
スキル分類別

称号・マップ・その他

称号一覧 (391)
曲別 (18)
ネームプレート (56)

マップ一覧 (39)
マップボーナス・限界突破 (139)


掲示板

外部リンク

チュウニズム公式サイト
▼ 譜面定数参考元
chunithmfanclub’s diary
▼ 譜面画像参考元
CHUNITHM譜面保管所

wikiメンバー

編集テンプレ スキルincludeリンク (0)
キャラ一覧includeリンク (0)
wikiガイド
左サイドメニューの編集

サイト内ランキング
雑談 掲示板
ロシェの宝物庫イベント
NEW GAME!コラボイベント
4 魔法少女まどか☆マギカコラボイベント
5 楽曲追加のお知らせ(2017.9.21)
6 ガチャガチャきゅ~と・ふぃぎゅ@メイト
7 CHUNITHM STAR 楽曲一覧(Lv順)
8 天下一音ゲ祭
9 称号一覧
10 Vampire
goodランキング
はい Re:MASTER 94
はい 71
2500マスとか9999の1/4でめっちゃお得やんけ.. 62
4 はい 42
5 そして神は溜息をつかれた。 41
6 ワシ猛威をふるいだす前にビシっと行ったんだ.. 41
7 『曲』に18禁もクソもあるかい 37
8 SOUSOU「うわああああああ無理無理無理無理無.. 36
9 人がいなかったから4時間ほど座りっぱなしで.. 33
10 舞園 星斗「くっ、調律主1-0か…」 33
もっと見る
最近の更新

16分まえ

25分まえ

30分まえ

41分まえ

42分まえ

57分まえ

1時間まえ

2時間まえ

3時間まえ

新規作成

2017/09/22 (金) 01:12

2017/09/22 (金) 00:59

2017/09/22 (金) 00:40

2017/09/22 (金) 00:19

2017/09/22 (金) 00:07

2017/09/21 (木) 23:36

2017/09/20 (水) 16:34

2017/09/20 (水) 15:20

2017/09/20 (水) 15:18

2017/09/20 (水) 15:15

Wikiランキング
【速報】ミラクルニキ攻略アンテナ
アイマス デレステ攻略まとめwiki【アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ】
白猫プロジェクトwiki【白猫攻略wiki】
4 DBZ ドッカンバトル攻略Wikiまとめ【ドラゴンボールZドカバト】
5 ジョジョの奇妙な冒険 スターダストシューターズ攻略Wiki【ジョジョSS】
6 ブレソル攻略Wikiまとめ【BLEACH Brave Souls】
7 ドラクエモンスターズ スーパーライト非公式wiki【DQMSL攻略】
8 チェインクロニクル攻略・交流Wiki チェンクロ3
9 消滅都市2 攻略まとめWiki
10 メルクストーリア - 癒術士と鈴のしらべ -攻略Wiki【メルスト攻略】
注目記事
デレステ イベント Twin☆くるっ★テール アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ
白猫 リゼロコラボ Re:ゼロから戦う大罪司教 白猫プロジェクト
ドッカンバトル LRトランクス&悟天 評価考察 ドラゴンボールZドッカンバトル
テラバトル2 20連リセマラ最短ルート テラバトル2
メルスト あんスタ コラボユニット メルクストーリア
パワプロ 覇堂高校 最強選手育成論 パワプロアプリ
ミラクルニキ 偽りの鳥籠 答え コーデ ミラクルニキ
リネレボ スペルコレクション文字アイテム リネージュ2 レボリューション
DQMSL ロトの紋章コラボ 攻略 ドラクエモンスターズ スーパーライト
モンスト LINE掲示板 モンスト
『戦国ASURA』事前登録受付中! 戦国MORPG
ページ編集 トップへ