コタロー

(1コメント)  
最終更新日時:

【キャラ一覧(無印 / AIR / STAR / AMAZON / CRYSTAL / PARADISE / NEW)】【マップ一覧


Illustrator:夢ノ内

名前コタロー
年齢0歳3か月
職業小学4年生

夏休み中、日記を付けながら自由になりたいと望むハムスターの少年。
ある日、二日間家族全員仕事で留守番を任せる事になったが、警察からは最近自宅周辺で泥棒の目撃情報があるようで……?

STORY自体は「PUIPUIモルカー」や「とっとこハム太郎」の要素も含んだ、映画「ホーム・アローン」が元ネタである。クリスマスじゃないけど
スキル
RANK獲得スキルシード個数
1コンボエクステンド×5
5×1
10×5
15×1
25限界突破の証×1
50真・限界突破の証×1
100絆・限界突破の証×1

  • コンボエクステンド [COMBO]
    • 一定コンボごとにボーナスがあるスキル。
    • NEW初回プレイ時に入手できるスキルシードは、PARADISE LOSTまでに入手したBOOST系スキルの合計所持数と合計グレードに応じて変化する(推定最大99個(GRADE100))。
    • スキルシードは300個以上入手できるが、GRADE300でボーナスの増加が打ち止めとなる
効果
100コンボごとにボーナス +????
GRADEボーナス
1+2500
2+2505
21+2600
41+2700
61+2800
81+2900
100+2995
▲PARADISE LOST引継ぎ上限
101+3000
141+3200
181+3400
221+3600
261+3800
300~+3995
推定データ
n+2495
+(n x 5)
シード+1+5
シード+5+25
プレイ環境と最大GRADEの関係
開始時期最大GRADEボーナス
NEW+109+3040
NEW265+3820
~PARADISE×364+3995
2022/5/26時点
GRADE・ゲージ本数ごとの必要発動回数1
(ゲージ5本~9本)
※NEW稼働時点でゲージ5本以降の到達に必要な総ゲージ量が変更。必要なゲージ量を検証する必要があります。
  • ノルマが変わるGRADEのみ抜粋して表記。
GRADE5本6本7本8本9本
1815222939
7815222938
16714212838
20714212837
35714212736
41714202736
50714202735
55713202635
66713202634
70713192634
77713192534
83713192533
101612182432
121612182431
128612182331
137612172331
141612172330
156611172230
164611172229
176611162229
187611162128
213611162127
221510152027
240510152026
259510151926
269510151925
273510141925

GRADE・ゲージ本数ごとの必要発動回数2
(ゲージ10本以上)
※NEW稼働時点でゲージ5本以降の到達に必要な総ゲージ量が変更。必要なゲージ量を検証する必要があります。
  • ノルマが変わるGRADEのみ抜粋して表記。
  • 水色の部分はWORLD'S ENDの特定譜面でのみ到達可能。
GRADE10本11本12本
14860
104859
124759
194758
234658
284657
354557
374556
474455
574454
604354
684353
734253
784252
874152
904151
1014050
1144049
1173949
1263948
1333848
1403847
1503747
1543746
1683645
1833644
1873544
1993543
2073443
2163442
2293342
2333341
2513240
2713239
2763139
2913138
筐体内で入手できる所有キャラ
    • 登場時に入手期間が指定されていないマップで入手できるキャラ。
CHUNITHMマップで入手できるキャラクター
Verマップエリア
(マス数)
累計*2
(短縮)
キャラクター
NEWep.Ⅰ
side.A
4
(95マス)
190マス
(-40マス)
ちずこ
ep.Ⅰ
sideB
6
(165マス)
480マス
(-80マス)
コタロー
NEW+ep.Ⅳ4
(315マス)
830マス
(-20マス)
藍沢 奏雨※1
※1:初期状態ではエリア1以外が全てロックされている。
期間限定で入手できる所有キャラ
    • カードメイカーやEVENTマップといった登場時に期間終了日が告知されているキャラ。また、過去に筐体で入手できたが現在は筐体で入手ができなくなったキャラを含む。
EVENTマップで入手できるキャラクター

ランクテーブル
12345
スキルスキル
678910
スキル
1112131415
スキル
1617181920
 
2122232425
スキル
~50
スキル
~100
スキル

STORY
EPISODE1 夏休み日記8月11日「今日から一人でおるすばんするよ! へへ!」
 8月11日。はれ。
 楽しみにしてた夏休み。
 たくさんテレビやゲームをできると思ってたのに、お父さんとお母さんがおそくまで起きてちゃダメってやらせてくれません。
 本当はもっと遊びたいのに。
 あーあ、神様はどこを見てるのかな。
 ボクはこんなにいい子なんだけど。
 お父さんとお母さん、どっか行っちゃえばいいのに。

 「え? それって本当?」

 その日、お父さんとお母さんがボクにお仕事でしばらく帰ってこれなくなるって話をしてくれた。
 やっぱり、神様はいるんだ!
 遊べないボクのために時間をくれたに違いないよ!

 「となりのお姉さんが? えー、見に来てくれなくてもボク平気だよー!」

 お姉さんのことはキライじゃないけど、これじゃあ、一人になれないじゃん。

 その日の夜。
 お父さんとお母さんは帰ってこないけど、おとなりのお姉さんがやってきた。

 「こんばんは、コタロー君。夕ご飯作ってきたから一緒に食べましょ?」
 「はーい!」
 「と、その前に! 今日はちゃんと大人しくいい子にしてた?」
 「してたしてた。ボクいつもいい子にしてるじゃん」
 「じゃあ、これはなにかな?」
 「あっ!?」

 お姉さんが持っていたのはボクが捨てたはずのピザの空箱でした。
 あれはちゃんと捨てといたはずなのにどうして、と思っていたらお姉さんが教えてくれたよ。

 「捨てるときはちゃんと隠しておかなきゃダメだよ。キッチンに立ったときに丸見えだったわ」
 「あー、そっか!」

 今度からは見つからないようにしないといけないって思いました。

 「ね、ねえ、今日だけだからさ、お父さんとお母さんにはナイショにして!」
 「……本当に今日だけ?」
 「うん!」
 「しょうがないなー。今回だけは見逃してあげる。でも、一つだけお願い聞いてもらっていいかな?」
 「なになに、なんでも言って!」
 「実は明日と明後日なんだけど、私も仕事で来れなくなるの」

 ボクはやったー、って言いそうになったんだけど、がまんしてお姉さんの話を聞きました。

 「それでハムカーのお世話をお願いしたいの。できるかな?」
 「え!? ハムカーって、もしかして、TOKOTOKOハムカーのこと!?」
 「コタロー君、知ってるのね」

 TOKOTOKOハムカーって言ったら、今、テレビとかでたくさんやってる有名なやつだ。
 説明されなくたって誰でもわかるよ。

 「二日間だけだけど、ちゃんとできる?」
 「できるできる! やったー! ハムカーのお世話ができるなんて、学校でじまんできるよ!」
 「それじゃ、お願いね」
 「へへ、任しといてよ!」

 明日からお父さんも、お母さんも、お姉ちゃんもいないなんてサイコーだと思いました。
 だって、今日から2日間、ボクがなにしてもおこる人がいないんだもんね!
EPISODE2 イヌとサルのおまわりさん「ボクはなにもわるいことはしてないのに、なんでケーサツが来たの!?」
 8月12日。はれ。
 今日から誰もいない自由な夏休みが始まった。
 ハムカーのお世話をしなきゃいけないけど、こんなに可愛いんだからぜんぜん平気!

 「こんにちは、今日からボクが君のお世話をするコタローだよ。よろしくね!」
 「キュー!」

 ハムカーはキューキューと鳴きながらボクにすり寄ってきてくれる。
 きっと人なつっこい子なんだなと思いました。

 「ほら、ご飯だよ。たくさん食べてね」
 「キュキュー!」

 食べているハムカーはかわいかったです。
 ボクがハムカーにご飯をあげて、家に戻ると、チャイムが鳴りました。

 「あっ、誰か来たみたい。さっき注文したピザ、もう届いたのかな」

 ボクがドアののぞき穴から外を見てみると、そこにいたのはケーサツの人でした。
 太ってる犬のふとっちょさんと、背の高いサルのノッポさん。
 どうしよう、ボクなにも悪いことしてないのにってとっても驚きました。

 「な、なんで!? ど、どうしよ!」
 「今、声が聞こえたな。お留守じゃないなら、出てきてくれませんかねー」

 ボクはもう逃げられないと思って、ドアを開けてケーサツの人の前に出ていきました。

 「やあ、こんにちは。私たちは――」
 「ボク、なにも悪いことしてないよ! お父さんとお母さんにナイショでピザ頼んじゃったけど、それってクーポンをボクの家のポストに入れていったお店の人が悪いと思うんだ!」
 「あはは、そうかそうか。ナイショでピザを頼んじゃったのか。俺も大好きだから、よく頼むよ」

 怒られると思っていたのに、ふとっちょの人はニコニコと笑顔を向けてきます。

 「ぼ、ボクのことタイホしに来たんじゃないの?」
 「しないしない。ピザ頼んで逮捕されちゃうなら、こいつを何回も逮捕することになっちゃうからな」
 「あはは……」

 人の良さそうなふとっちょさんとノッポさん。
 ボクは、タイホしに来たんじゃなくてよかったと安心しました。

 「今日はこの辺りで泥棒さんが出てるって話をご近所さんに伝えて回ってるんだ」
 「えっ! ドロボーが出るの!?」
 「ああ、そうなんだ。……ところでお父さんとお母さんはいるかな?」
 「ううん、お仕事でいないよ。だからボク一人でお留守番してるんだ、えらいでしょ!」
 「おお、一人で。そうかそうか……。君は偉いね、夜とか寂しくない?」
 「全然平気だよ!」

 ボクは子供じゃないから一人でもこわくないし、さみしくなんてないもんね。
 それにボクにはハムカーがいるから平気だよ。

 「それで念のために防犯設備の確認をしたいんだ。ちょっとだけ見させてもらってもいいかな?」
 「うん、いいよー!」

 ケーサツの人があそこがいいとか、あれなら見えるとか色々お話をしてたけど、ボクにはほとんどわからなかった。
 しばらくして、二人が戻ってきた。

 「やあ、坊や。設備の確認できたよ。どこも問題なさそうだから、安心してね」
 「うん、ありがと!」
 「それじゃあ、くれぐれも気をつけて」

 ニコッと笑ったふとっちょさん。
 その前歯に金色に光っている歯が見えた。

 「かっこいいね、その金歯!」
 「おっ、見る目あるね。これはおじさんが大切にしてるものなんだよ」
 「そうなんだ!」
 「じゃあ、もう行くね。それとピザばかり食べてると俺みたいになっちゃうからほどほどにしなよ」

 ハハハと笑いながら、ケーサツの人は帰っていきました。
 ボクは早くドロボーさんがつかまるといいなーと思いました。
EPISODE3 とっとこハムカー「ハムカーのお世話は楽しいけど、なにか起こりそうな予感?」
 8月13日。くもり。
 今日もハムカーのお世話をたくさんしたよ。

 「とことこー、進むよ、ハムカー!」
 「キューキュー!」

 お隣のお姉さん家のガレージでボクはハムカーと遊びました。
 本当は外をいっしょに走りたいけど、表に出しちゃダメって言われてるからがまんしたよ。

 「あ……な……だ……よ……」
 「近くで声がしてるけど、誰か来たのかな」

 ボクがガレージから出て、だれがいるのか見ようとしたけど、やめました。
 急に出て、おどろかせたほうがきっと面白いと思ったからです。

 「この家は結構セキュリティがしっかりしてるな」
 「ホントだな、こっちにもカメラがあるぞ」

 聞こえてきた男の人の声はどこかで聞いたことがあるような気がしました。
 ボクはガレージのすきまから外を見てみると、そこには作業着の男の人が二人いました。

 「あれ、どこかで見たことあるような……」
 「この家よりは昨日の子供が出てきた家のほうが狙い目だな」
「そうだな、ありがたいことに留守番で子供一人みたいだし、楽勝だぜ」

 そんな話をしていた男の人がニヤリと笑うと、その前歯に金歯がキラリと光ります。
 ボクはその男の人が昨日のケーサツのふとっちょさんだとわかりました。

 「なんでケーサツの人が……」

 ボクはそのまま二人の会話を聞き続けます。
 すると、なにか変な話をし始めました。

 「そうと決まれば早速今夜お邪魔するとしようぜ。早く帰って準備するぞ」
 「そうだな、金目のものいっぱいあるといいな」

 二人は笑いながら帰っていきます。
 ボクは二人が話していた子供が留守番している家というのが自分の家だとわかりました。

 「もしかして、あの二人ってドロボー!?」
 「キュー……」
 「どうしよ、今日の夜に来るって言ってたよね……」
 「キュキュー……」
 「これってチャンスなんじゃないかな! ボクがドロボーを捕まえたらTVに出れるよね!」
 「キューイ!?」

 ボクは夜、ドロボーたちと戦うことを決めました。
 来るってわかってるんだから、つかまえるのなんて、朝飯前だよね。

 「へへ、そうと決まったら準備しなきゃ! よーし、やるぞー!」
EPISODE4 コタローとドロボー「ドロボーをつかまえたら、ボクも有名人になれるよね!」
 8月13日。よる。くもり。
 ドロボーをつかまえるために、ボクは家中にトラップを作ることにした。
 作るのはとっても楽しくて、逃げる道もちゃんと作って計画もバッチリ。
 これでボクも有名人だ。

 「電気は消えてるな」
 「ガキのことだ、もう寝てるに違いないぜ」

 ボクが部屋を真っ暗にして待っていると、外からドロボーたちの声が聞こえてきた。
 ガチャガチャとドアを開けようとする音が聞こえてくるけど、戸締まりはしっかりしてある。

 「さすがに玄関の鍵は掛け忘れてないか。おい、そっちはどうだ?」
 「おっ、こっちは開いてるぞ! やっぱ、ガキだな。地下は見落としてたみたいだぜ」

 下を見たのはふとっちょ。
 もちろん、掛けるのをわすれたんじゃなくて、わざと掛けていませんでした。

 「よし、ここから入るぞ。ガキが起きねえように静かにな」
 「あいよ」

 ボクが仕掛けておいたカメラを見ると、そこには地下室に入ってくるふとっちょとノッポが見えました。
 ボクは一階から地下室に入るドアの前で仕掛けを動かす準備を始めます。

 「さてと、どこから手を付けていくかなー」
 「……なあ、なんか暑すぎないか?」
 「お前が太り過ぎなんだよ。スマートに仕事ができるよう痩せろっていつも言ってんだろーが」
 「お、俺が太ってるのは認めるけど!」
 「だから、気のせいに……い、いや、確かに暑い!」
 「くそ、なんだこれ。汗が止まらねえ!」

 ドロボーたちが周りをキョロキョロし始めます。
 ボクはそれを見ながらリモコンのスイッチを操作していきました。

 「な、なんだこれ!? どうして部屋の中で霧が出てくるんだ!」
 「……違う! これは湯気だぞ!」

 やっと気づいてくれたみたいで、ボクはちょっと笑ってしまいました。
 仕掛けていたのは地下室がサウナになるとっておきのトラップ。
 ちょっと水蒸気が多すぎるけど、これくらいがちょうどいいかなと思いました。

 「よかったね。サウナに入れば、ふとっちょさんもきっとスリムになれるよ」
 「おい、今の聞こえたよな! これはあのクソガキの仕業か!」

 またドロボーたちが周りを見渡します。
 でも、ボクはそこにはいません。

 「探したって意味ないよ。だって、ボクは安全なところにいるんだから」
 「……待て、よく聞け。あっちだ! 見ろ、あそこにドアがあるぞ!」

 ドロボーたちがドアを見つけて走ってきます。
 でも、湯気のせいで前が見えていないのか、たくさんの物に当たりながら進んできました。

 「くそっ、ただでさえ見えねえのに汗が目に! あのガキ、ただじゃおかねえからな!」
 「よし、着いた。とっととこんな部屋から出るぞ!」

 ノッポが汗と水蒸気で全身ビショビショになりながらドアに手をかけた。
 そのとき――

 「ばわわわわわっ!?」
 「な、なんだこりゃ!?」

 ドアノブに流しておいた電気で、ドロボーたちに電流が走りました。
 ふたりともぬれてるから、きっとたくさん電気が流れてると思います。

 「今助けて――あばばばばばばば!?」

 助けようとしたふとっちょがノッポにさわると同じように電気が流れました。
 でも、すぐにふとっちょが倒れて、ドアノブから手が離れてしまいました。

 「だ、大丈夫か……?」
 「まだチカチカしやがる……。あのクソガキ、ぶっ殺してやるからな!」

 今度はドアノブを触らないように、ふとっちょがドアをけって、壊してしまいます。
 でも、そうするってボクにはわかってました。

 「こうなったら、一気に――」

 ドロボーたちがドアから出ようとしたとき、ボクはロープにつないだボーリング玉を落としました。

 「ちにゃあ!?」

 ボーリング玉がふとっちょのお腹に当たると、いきおいよく後ろに吹っ飛びます。
 そのせいでノッポにぶつかってしまい、地下室に戻っていきました。

 「ストラーイク! さすがボク、ど真ん中に命中だー!」
 「い、いってぇぇ。あの野郎、ぶっ飛ばしてやる!」

 立ち上がったふとっちょがドアに近づいてきます。

 「あっ、そうだ。もう一発残ってるから、おまけにあげるね!」

 そう言いながらボクはもう一発用意していたボーリング玉を落とします。

 「へっ、そう何回も同じ手にかかるかよ! 今捕まえてやるからな!」

 ドロボーたちはボーリング玉を避けました。

 「やっぱ子供だな。大人を舐めるんじゃ――」

 でも、そのボーリング玉はロープにつないであるので後ろから戻ってきて、ノッポの背中に当たります。

 「ぐぶへっ!?」
 「ほわっ!?」

 ノッポが押されてふとっちょにぶつかり、ふたりとも仲良くこけました。

 「へへ! ダメだよ、ちゃんとよけないと」

 ボクは仕掛けが成功してうれしくなりました。
 次もきっとうまくいくに決まってる。
 ドロボーをつかまえるのってとっても簡単だなって思いました。
EPISODE5 ボクのさいこうのトラップ「ドロボーをつかまえるために考えたんだ。うまくいくに決まってるよね!」
 ボクとドロボーたちの夜はまだまだ続きます。
 一階に入ってきたドロボーたちが、次にどこへ行くのかボクにはわかっていました。

 「あのクソガキを追うぞ!」

 ドロボーたちは目の前にある高そうなツボや絵を見ず、ボクを探し始めました。
 それをとって逃げればいいのにって思ったけど言いません。
 ボクが逃げたあとをおいかけてくるドロボーたち。
 でも、ボクはそこにレボブロックのパーツをたくさんばらまいておきました。

 「いぎっ!? な、なんだよ、このおもちゃは!」
 「あのガキがやったんだな。こんなもん、気合で行きゃなんとかなる!」

 ドロボーたちはいたそうにパーツをふみながら進んできます。
 ボクはパーツをどけながら進めばいいのにと思いました。
 だから、親切に歩きやすいようにしてあげることにします。

 「おじさんたち、歩きづらそうだね。ボクが歩きやすくしてあげるよ!」
 「こいつ、なにを!?」

 ボクは手に持ったサラダ油をろうかにまきます。
 すべりやすくなったおかげで、ドロボーたちは背中からドスンと転がりました。

 「いってー! ぶ、ブロックが背中に刺さったー!」
 「た、立てねえ! この油をなんとかしろー!」

 ドロボーたちは立ち上がろうとするけど、油ですべって、転ぶたびにパーツがささってました。

 「おい、こんなところにロープがあるぞ。あのガキ、これを使ってブロックを避けたんだな!」

 ボクが仕掛けておいたロープに気づいたノッポ。
 それを掴んで立ち上がろうとすると――

 「バカ、やめろ!」

 ふとっちょが止めようとするけど、間に合わなくて、ノッポがロープを引きます。
 そのさきにつなげておいたのは、あつあつのアイロンでした。

 「あっっちにゃあああああ!?」

 ノッポの顔にアイロンが落ちました。
 きっと、アイロン型のきれいな日焼けができたに違いありません。
 ボクはそれを見たあと、すぐに部屋に入ってケーサツに電話をします。

 「もしもし、ケーサツですか? 今、家にドロボーが入ってきてるんです。名前は……」

 ボクが名前を言おうとしたけど、その前になぜか電話が切れてしまいました。
 ボクがどうしてかなと、思っていると電話線を持ったふとっちょが部屋に入ってきます。

 「残念だったな。これでもう誰の助けも呼べないぜ、クソガキ!」
 「もう来ちゃったの!?」

 ボクは慌てて電話をふとっちょになげつけて、近くのドアから逃げ出しました。
 二階のボクの部屋に行けば、あとはもうつかまえるだけだから大丈夫だよね。
EPISODE6 とっとこ逃げるよ「ドロボーをつかまえるまえに、ボクがつかまっちゃうよ!?」
 ドロボーたちに追いかけられるボク。
 でも、二階に上がれば、なんとかなるから大丈夫に決まってる。
 このときはそう思ってました。

 「おい、ガキが二階に逃げるぞ。階段を塞げ!」

 ふとっちょが声をあげると、ノッポが階段に向かって走ってきました。
 ボクはなんとかノッポよりも先に階段についたけど、すぐ後ろまで来ています。

 「よっしゃ、捕まえた!」
 「うわあ!?」

 ボクはおいついたノッポに足をつかまれてしまいました。
 ほどこうとするけど、力が強くて、なかなか逃げられません。

 「覚悟はできてるんだろうな! これまでの借りは、きっちり返させてもらうぞ!」

 ボクはなんとか逃げなきゃと思って、こういうときのために用意していたものを取り出す。
 それはたくさんのリアルな虫のおもちゃ。
 ボクはポーチからノッポに向かって、おもちゃをばらまきました。

 「ぎゃああああ!? む、虫!? た、助けてくれ、俺は虫が大嫌いなんだー!」

 まいた虫のおもちゃを振り払おうとノッポが手を離したので、そのすきにボクはすぐに逃げました。

 「バカヤロー、なにやってんだ!」
 「だって、クモが、ゴキが!?」
 「俺がぶっ倒してやる。じっとしてろよ、絶対に動くんじゃねえぞ」
 「ちょ、ま――」

 ノッポがふとっちょを止める前に、ふとっちょが手に持ったバールをふり下ろしました。

 「えぎーーーっ!?」
 「よし、虫は俺がぶっ倒したぜ!」
 「なにしやがる! 思いっきり当たってんだろ!」
 「でも、虫はなんとかしてやったぞ。ほら、もう動かないだろ?」
 「……って、これよく見たらおもちゃじゃねえか!」

 ボクが投げたのがおもちゃだとわかったノッポがそれを床に叩きつけました。

 「ば、バカにしやがって!」
 「とっとと追いかけるぞ!」
 「追いかけるって誰を? ボクはここにいるんだけどなー」

 ボクは二階から階段の下にいるドロボーたちを見る。
 下からドロボーたちがにらみつけてくるけど、ボクはそのまま手に持ったひみつへいきをかまえた。

 「お、お前、その手に持ってるのは!?」
 「いくぞ~、おぶつはしょうどくだー!」

 ボクが持っていたのはチャッカヤンを改ぞうしたお手製のかえんほうしゃきです。
 そのスイッチを押すと大きくはないけど小さな炎の柱が出た。

 「そんなおもちゃみたいなもんで――あっっちにゃにゃにゃにゃ!?」
 「うわらばあああ!?」

 さっきのサラダ油に火がついたみたいで、小さい火だったけど、ドロボーたちの全身に火が回っていきました。
 ドロボーたちは火を消そうと、床をごろんごろんと転がり始めます。
 やっと火が消えて、ドロボーたちが立ち上がるとボクは二人の頭を見て笑いました。

 「人が燃えてるのがそんなに楽しいか!」
 「違うよ、二人のかっこうがおもしろくて!」
 「格好? ……お、おい、お前、毛が!?」
 「うわあああ! 俺のなけなしの毛があああ!?」

 お互いを見てびっくりするドロボーたち。
 全身の毛という毛が焼けているのに、頭の一部分だけが、燃えずに残っています。
 それはまるでモヒカンみたいで、ボクは見て思わず笑ってしまいました。

 「イカれたヘアスタイルだね!」
 「てめええええええ!」

 階段を上がってくるドロボーたちから逃げるようにボクは自分の部屋に入った。
 ここまでくればボクの勝ちだ。
 ボクの部屋にはとっておきの仕掛けがあります。
 これできっとドロボーも負けましたって、言うにちがいありません。
EPISODE7 コタロー大勝利!「おバカなドロボーなんて、ボク一人で簡単につかまえちゃうんだから!」
 いよいよ、ドロボーたちとの戦いも終わります。
 あとはボクの部屋に入ってしまえば、最後の仕掛けでドロボーたちを捕まえられる。
 ボクはドキドキしながら、自分の部屋に飛び込みました。
 ドアを閉めようとした、そのとき――

 「オッケー、間に合った!」

 ドアの間からにょきっとノッポの手が入ってきます。
 びっくりしたけど、なんとかドアを閉めようと、バンバンと何度も指をはさんでやりました。

 「イテテテ!」

 ノッポがいたがって手を引っ込めると、ボクはすぐにドアのカギを閉めました。
 
 「お、おい、なにやってんだ。早くこっちに来てドアを開けるの手伝え!」
 「だったら、さっきのバールでこじ開けようぜ!」

 部屋の外でドロボーたちがバタバタとなにかし始めているみたいでした。
 でも、ボクはそんなことは気にせず、窓を開ける。
 そこには昼のうちに用意しておいたロープがあって、その先は庭の木とつながっています。
 ボクはロープの上をサーカスの人がしてたみたいにバランスをとりながら進みました。

 「あともう少し、もう少しで……」

 ロープをわたっていると、後ろからドアがこわされる音が聞こえてきました。
 ふりかえって見ると、ボクの部屋にドロボーたちが入ってくるところでした。

 「もう逃げ場はねえぞ! ……あれ、いねえな?」
 「あっちだ! 窓の外!」

 ふとっちょがボクがいるほうを指差す。

 「こんなロープで逃げようとしやがって!」
 「あーどうしよー、もうトラップもないし、こっちに来られたらオシマイダー」

 ちょっとわざとらしいかなと思いましたが、おバカなドロボーは気づきませんでした。

 「ハハハ! なんだ、もうネタ切れか。だったら、お望み通り、そっちに渡ってやるぜ!」

 そういって、ふとっちょとノッポが二人でロープに乗ると、ロープが少しゆれてこわかったです。
 でも、ボクはなんとか渡りきれました。

 「おい、ガキが渡りきっちまったぞ! 警察を呼ばれる前に、とっとと捕まえねえと!」
 「わかってるから早く進めよ!」

 ロープの真ん中くらいまで来てるから、このままだと本当に渡ってきそうでした。
 なので、ボクはポーチからハサミを取り出します。
 それをドロボーたちに見せました。

 「ねーねー、これがなにかわかるー?」
 「あ? それがなにかも知らないのか。そいつはハサミって言うんだよ!」
 「なんだ、ハサミも……ハサミだと!?」
 「早く逃げたほうがいいよ。ボク、ロープ切っちゃうからね」

 ボクはハサミでロープを切り始めました。
 でも、乗っても大丈夫なように太いやつにしたのでちょっと切るのに時間がかかってしまいます。

 「おい、早く戻れ!」
 「ば、バカ、押すんじゃねえよ。落っこちたらどうすんだ!」

 ロープの上でわちゃわちゃしているドロボーたち。
 おかげでボクがロープを切る時間ができて、あと少しで切れるところまで来ました。

 「ねえ、もうすぐ切れちゃうけどいいの?」
 「だ、ダメだ! お、おもちゃ買ってやるから、とりあえずそのハサミを捨てろ!」
 「ほんとー?」
 「ああ、好きなだけ買ってやるから、な?」
 「でもね、お父さんとお母さんに知らない人から物をもらっちゃいけないって言われてるんだ」
 「いや、ちょ――」
 「じゃあね、ばいばーい!」

 ボクがハサミに力を入れると、ジョキンと音がして、ロープが切れました。

 「うわああああああ!?」

 ドロボーたちは落ちながら大きな声を上げて、ずどん、と庭に落っこちていきました。
 ボクが木の上から庭を見ると、口いっぱいに泡をふいたドロボーたちがいました。

 「へへ、どんなもんだい! ドロボーはつかまえたし、これでTVデビューだ~!」

 ボクは嬉しくてその場でとびはねました。
 そこが木の上だということをすっかり忘れていて、枝がペキっと鳴った音に気づきませんでした。

 「TVに出たらサインとか考えなきゃ。きっとたくさん書くことになるよね!」

 すると、ベギっと音がして、ふと体が軽くなった感じがしました。

 「あっ!?」

 気づいたときにはボクは木から落ちていました。
 なんだかスローモーションみたいになって、ゆっくりと地面が近づいてくるのがわかります。
 もうだめだ、とボクは目を閉じました。
 そのとき、なにかがこわれるような音がして、なんだか柔らかくて温かいものに包まれました。

 「あ、あれ?」
 「キュー!」

 ボクが目を開けると、そこにいたのはお隣さんのハムカーでした。
 ハムカーがボクのことを助けてくれたんです。

 「助けてくれたんだね、ありがとう!」
 「キュキュー!」
 「でも、フェンス壊しちゃったね」
 「キュー……」
 「大丈夫、ボクも一緒にあやまってあげるから!」
 「ちょっと、今の音はいったいなに!?」

 その大きな音に気づいた他の家の人がどんどん集まってきました。
 ボクはハムカーからおりると、庭を指差して、大きな声で言いました。

 「たいしたことないよ。ちょっとドロボーをやっつけただけだからね!」
EPISODE8 夏休み日記8月31日「夏休みだけの日記だったけど、面白いからこれからも日記つけていこうかな」
 8月31日。はれ。
 ボクがドロボーをやっつけた日から、とってもいそがしい日が続きました。
 ケーサツの人になにがあったか教えてあげたり、かんしゃじょーを貰ったり。
 もちろん、楽しみにしてたTVにも出ました。
 たくさんの番組に呼ばれて、いっぱい有名人にも会えて楽しかったです。
 まあ、ボクもその有名人の一人になったんだけど。
 ボクはじまんしたりしないよ。
 でも、これだけはクラスのみんなにじまんしようってことがあったんだ。
 それはボクの体験が映画になることが決まったんだ。
 たしか……「LonelyHouse」だったかな。
 ボクは本人役で出たかったんだけど、やっぱり演技するのはむずかしいからやめたんだ。
 でも、完成したら真っ先に見せてくれるっていうからすごく楽しみしてるよ。
 そういえば、今度の休みにお父さんとお母さんががんばったごほうびに『トーキョー』に連れて行ってくれるって約束してくれたんだ。
 それもボクが大好きな飛行機で。
 うそじゃないよって、予約したチケットも見せてくれてたんだけど……。
 ボクには『キョート』って書いてあるように見えたんだけど、気のせいかな。
 まあ、きっとみまちがいだよね。
 旅行も今から楽しみです。
 最初はたいくつな夏休みだったけど、たくさんの思い出ができました。
 ありがとうございました、神様。
 でも、今度はたいへんな思い出はいらないから、楽しい思い出だけにしてください。
 よろしくおねがいしまーす!

■ 楽曲
┗ 全曲一覧(1 / 2) / 追加順 / 定数順
WORLD’S END
■ キャラクター
無印 / AIR / STAR / AMAZON / CRYSTAL / PARADISE
NEW
マップボーナス・限界突破
■ スキル
スキル比較
■ 称号・マップ
称号 / ネームプレート
マップ一覧


*1 マップ短縮80マスを含む
*2 エリア1から順に進む場合

コメント(1)

コメント

  • チュウニズムな名無し No.105956186 2021/12/24 (金) 21:37 通報
    かなり異色のキャラなのに他キャラの圧倒的存在感の前では空気
    2

削除すると元に戻すことは出来ません。
よろしいですか?

今後表示しない

名前
コメント(必須)
(300文字まで)

必ず「Gamerch ガイドライン」をご覧の上、書き込みをお願いします。
画像
sage機能

対象コメント

選択項目

詳細

※上記の内容はWiki管理者へ通報されます。

通報完了

通報内容を送信しました

エラー

エラーが発生しました

削除しました。

このページをシェアしよう!

メニュー  

基本メニュー

これからCHUNITHMを始める人へ (119コメ)
ゲームシステム【1 (365コメ)/2 (1コメ)
レーティング・OVER POWER (224コメ)
よくある質問 (1410コメ)
#コハDに質問 シリーズ (8コメ)

用語集 (166コメ)
┣ 関連アーティスト
 ┣ あ行 (57コメ)
 ┣ か行~さ行 (3コメ)
 ┣ た行~は行 (31コメ)
 ┗ ま行~わ行 (1コメ)
使用VOCALOID一覧 (16コメ)
用語集:イベント (4コメ)

初級者・中級者指南 (2940コメ)

設置店舗 (85コメ)

イベント等

お知らせ
(イベントは下記参照)
2022
4/14
CHUNITHM NEW PLUS (106コメ)
5/12楽曲追加
5/26楽曲追加 (6コメ)

開催中
6/8まで 終了間近
魔法科コラボ(復刻) (35コメ)
グルコスコラボ(復刻) (29コメ)
暁月城TASデュエル
犬虎激突ガチャ
6/22まで
東方Extra4コラボ (8コメ)
7/6まで
D4DJ(グルミク)コラボ (3コメ) 
シンセ研クエスト (6コメ)

楽曲情報・攻略

楽曲一覧 CHUNITHM NEW PLUS
┣ ジャンル順(1/2)
追加順 (1コメ)
┣ 定数順
Lv13+以上 (21コメ)
 ┣ Lv12~Lv13 (2コメ)
 ┗ Lv10~Lv11+ (1コメ)
┗ Lv順
 ┣ Lv13+以上
 ┣ Lv12~Lv13
 ┣ Lv11~Lv11+
 ┣ Lv7~Lv10+
 ┣ Lv4~Lv6
 ┗ Lv3以下
┗ デュエル用(1 (4コメ)/2)

CHUNITHM NEW
┣ ジャンル順(1 (3コメ)/2)
追加順
┣ 定数順
 ┣ Lv13+以上 (75コメ)
 ┣ Lv12~Lv13 (19コメ)
 ┗ Lv10~Lv11+ (4コメ)
┗ Lv順
 ┣ Lv13+以上
 ┣ Lv12~Lv13
 ┣ Lv11~Lv11+ (1コメ)
 ┣ Lv7~Lv10+
 ┣ Lv4~Lv6
 ┗ Lv3以下 (1コメ)

理論値未達成 (747コメ)
配信終了 (54コメ)
オフライン筐体楽曲一覧 (1コメ)

WORLD'S END (1291コメ)

譜面情報ランキング (22コメ)
ノーツが偏った譜面
譜面の長さ (15コメ)
課題曲
長さが偏った譜面 (6コメ)
■譜面作者別曲一覧
┗ (1 (226コメ)/2 (1コメ)/3 (44コメ)/4 (14コメ)/5 (3コメ)/)

他モード

クラス認定 (93コメ)
全国対戦 (1540コメ)

キャラクター

 キャラ一覧 
無印 (4コメ)
AIR (103コメ)
STAR (24コメ)
AMAZON (6コメ)
CRYSTAL (17コメ)
PARADISE (1コメ)
NEW (2コメ)

 個別ページ ※NEWからのキャラ
ep.I-Side:A ep.I-Side:B ep.Ⅱ ep.Ⅲ ep.Ⅳ 条件解禁 イロドリミドリ maimai オンゲキ カードメイカー コラボキャラ

スキル

CHUNITHM NEW以降
スキル比較(NEW~) (15コメ)

PARADISE LOST以前

称号・マップ

称号一覧(1 (638コメ)/2 (18コメ))
┣ 曲別(1 (27コメ)/2 (4コメ))
楽曲プレイ称号一覧 (16コメ)
マッチング称号一覧 (1コメ)
進行度・他ゲーム連動称号一覧 (11コメ)
新規取得不可称号一覧 (16コメ)

ネームプレート (77コメ) 
マップアイコン (1コメ)

マップ一覧
NEW / ゲキチュウマイ (34コメ)
PARADISE / ep.∞ (4コメ)
マップボーナス・限界突破 (233コメ)

アバター・チャット (78コメ)

その他情報

掲示板

雑談 掲示板 (172276コメ) 
質問 掲示板(レート・伸び悩みetc) (2940コメ)
※「初級者・中級者指南」のページに飛びます
フレンド募集掲示板 (3313コメ)
マッチング募集板 (115コメ)

編集者への連絡板 (671コメ)
情報提供 連絡板 (136コメ)
編集者用掲示板 (556コメ)
手動削除ログ・議論 (125コメ)

外部リンク

チュウニズム公式サイト
他wikiリンク ▼ 譜面定数参考元
chunithmfanclub’s diary
▼ 譜面画像参考元
CHUNITHM譜面保管所

wikiメンバー

編集テンプレ wikiガイド

左サイドメニューの編集

サイト内ランキング
雑談 掲示板
全国対戦
楽曲追加のお知らせ(2022.5.26)
4 CHUNITHM NEW PLUS 楽曲一覧(定数順)1
5 CHUNITHM NEW 楽曲一覧(定数順)1
6 初級者・中級者指南
7 D4DJ Groovy Mixコラボイベント
8 A Man In The Mirror
9 理論値未陥落楽曲一覧
10 レーティング・OVER POWER
goodランキング
はえ〜強すぎ。いつまで経っても俺∞無理やわ.. 64
順番待ちのベンチ座って休憩してたらペンギン.. 57
よくわからんけど木主はそのプラレ以下の雑魚.. 55
4       ₍₍⁽⁽🐧₎₎⁾⁾見て!ペ.. 54
5 みんながお前のために対戦やってんじゃねーん.. 43
6 そりゃあボカロ特化のゲームだからなぁ 42
7 実はもうピノキオピーが絵・作曲・歌唱全てを.. 37
8 どっかの木で砂漠光はクソ譜面!って意見に「.. 31
9 プラレでFR鳥は強すぎる 30
10 かわいい 26
もっと見る
最近の更新

26分まえ

30分まえ

1時間まえ

2時間まえ

3時間まえ

4時間まえ

5時間まえ

6時間まえ

7時間まえ

8時間まえ

新規作成

8時間まえ

9時間まえ

2022/05/26 (木) 15:00

2022/05/26 (木) 14:35

2022/05/26 (木) 14:05

2022/05/26 (木) 13:38

2022/05/24 (火) 12:47

2022/05/24 (火) 12:46

注目記事
【ウマ娘】メジロパーマーの育成論|URAシナリオ ウマ娘攻略Wiki
【ポケカ】ポケモンGOの当たりカードと買取価格【ポケモンカード】 ポケモンカード攻略Wiki
【ポケカ】格安(低価格)デッキレシピ一覧と立ち回り【ポケモンカード】 ポケモンカード(ポケカ)攻略Wiki
【ロススト】遠征イベントの攻略とおすすめキャラ【ロストストーリーズ】 ロストストーリーズ攻略Wiki
【ロマサガRS】超メカ祭ガチャ(T260G&メカ編)は引くべき? ロマサガRS攻略Wiki
ページ編集 トップへ
コメント 1