アーリア・ネージュ

(16コメント)  
最終更新日時:

【キャラ一覧(無印 / AIR / STAR / AMAZON)】【スキル一覧】【マップ一覧
※AMAZONから、スキルのGRADE UPによる数値の変化量が途中で変わるケースが出ています。

通常Brilliant for you
Illustrator:さいね

名前アーリア・ネージュ
年齢18歳
職業DJ
出身青森県
  • 2018年10月25日追加
  • AMAZON ep.Iマップ4(AMAZON時点で65マス/累計120マス)課題曲「FRIDAY FRIDAY」クリアで入手。
  • 専用スキル「Next Standard」を装備することで「アーリア・ネージュ/Brilliant for you」へと名前とグラフィックが変化する。

アマチュアのDJとして活動する少女。
一人のプロデューサーとの出会いが彼女の人生を変えてゆく。
スキル
RANKスキル
1ゲージブースト
5
10Next Standard
15
25限界突破の証

  • ゲージブースト [NORMAL]
    • 純粋にゲージ上昇率が増えるスキル。新規プレイヤーの場合、5本狙いはゲージブースト・スターの方が良い。
    • 過去バージョンのプレイヤーにとっては、ゲージ5本狙いの中では特にシンプルな効果のスキル。長らく6本には届かない状態が続いていたが、AMAZONで6本も不可能ではなくなった。ただし、+9における増加分は1%なので、AJレベルの精度が必要。おそらく限界突破の証との兼ね合いだと思われる。
    • AIRバージョンで仕様変更はされていない。PLUS以前からゲージ5本狙いでよく使われるスキルだった。
GRADE効果
初期値ゲージ上昇UP (130%)
+1〃 (135%)
+2〃 (140%)
+3〃 (145%)
+4〃 (150%)
+5〃 (155%)
+6〃 (160%)
+7〃 (165%)
+8〃 (170%)
+9(171%)
理論値:81000(5本+1000/22k)[+1]
理論値:102600(6本+600/24k)[+9]
所有キャラ【 シズマ(1,5) / フィーネ(1,5) / ディース / アーリア(1,5) 】

GRADE効果
初期値ゲージが上昇しない
100コンボごとにボーナス +6000
+1
〃 +7000
ゲージ10本必要条件:3000ノーツ
ランクテーブル
12345
スキルEp.1Ep.2Ep.3スキル
678910
Ep.4Ep.5Ep.6Ep.7スキル
1112131415
Ep.8Ep.9Ep.10Ep.11スキル
1617181920
 
2122232425
スキル
STORY
EPISODE1 川崎のレぺゼンDJ「アーリア・ネージュ! 彼女こそHIPHOPの新時代を切り開くDIVAだ!  ユノンセーン?」
 「ふぅ~~~ん」

 ヂューーーと音を立ててジュースを飲み干し、開いたノートPCの前でニヤけ顔の少女がいた。

 DJたちのネットコミュニティに書かれた自身のプロフィールを見ている彼女の名は『アーリア・ネージュ』。

 「新時代のDIVA、つまり歌姫ってかぁ~~」

 彼女の本名は『八戸 アリア』だが、DJとして活動する際はアーリア・ネージュを名乗る。
 そんな彼女は今、母親と共に川崎にある家から都内某所のクラブへ向かっている途中だった。

 「はぁ、ママってば、トイレ長いんだから……」

 小休止で入ったカフェで溜息をつくアーリア。しかし、態度とは裏腹に胸の高鳴りは大きくなる一方だった。
 なぜなら、彼女がこれから向かうのは自分よりも凄いDJたちの集まる、未知のステージ。
 つまり、とびきりのパーティー会場なのだから。
EPISODE2 アーリアfeat.AK「アーリアは名プロデューサーAKINOと出会う。そしてメジャーデビューを目指すことに!」
 それは、太陽の光にも等しかった。
 母親に連れてこられたクラブでは、激しい人混み、身体の奥にまで響く轟音、踊り狂う人々。
 全てが未知の世界だった。
 その中で、アーリアにとって、ひときわ輝いて見えたものがひとつ。
 自分が普段からずっと、それこそ幼いころからやっていたこと、触れていたもの。
 ステージに立ち、光と称賛を浴びるDJの姿だ。
 そこから先は、まるで光速のように過ぎていき――気付くと、アーリアは母親と共にレストランにいた。
 前の席には、どこかで見たことのある謎の女性。
 手元にあった名刺には『AKINO』という名前、そして職業は『プロデューサー』と書かれている。

 「プロデューサー……」
 「AKINOは、ベテランのコンポーザー。あなたが好きなゲームの曲だって彼女が書いてるのよ」
 「もしかして、あの音ゲーの……!」
 「あらっ、知っててくれたんやね、嬉しいなぁ」

 知っているも何も、業界のトップである。知らない人間を探すほうが難しいだろう。

 「アタシ、こう見えてもDJの端くれですから!」
 「……せやったらあなた、端くれやなくてトップ目指してみるってのはどない?」

 AKINOは真剣に、アーリアの目を見据える。冗談で言っている様子は微塵もない。
 であれば、アーリアの言葉はもう決まっていた。

 レストランから出て、空気を思いっきり吸う。
 たった数時間でなんだか世界が変わった、アーリアはそんな気がしていた。

 「ごはんありがとうございました! とてもおいしかったです!」
 「ここの料理は誰が食べてもおいしいんよ、まぁ、これからがんばりや!」

 AKINOはグッと親指を立ててアーリアにエールを送る。
 そう、これからアーリアの人生は変わっていく。
 トップの光を目指す、DJとして。
EPISODE3 今回もOKはだせへんなぁ「アーリアは曲作りに励むがAKINOのドープなクリエイティビティに中々ついていけず、苦戦する」
 AKINOのもとでの活動が始まって1ヶ月。
 アーリアの曲作りは、難航していた。

 「うーん、ちょっとズレとるねぇ……」
 「気持ちが熱いのはええことや。けど、それだけじゃいかんこともある」
 「今回もOKはだせへんなぁ……」

 曲を突き返されたのは、この日で4度目。
 アーリアにとっては、初めての経験だった。
 そもそも、今までは自分の感性のままに作っていればよかった。
 そうしていれば、周りは喜び認めてくれた。
 けれど。

 「このままじゃ……うーん」

 スタジオのソファーでアーリアが唸っていると、スマホから通知の連絡が。
 それは、AKINOからだった。

 『才能っちゅうもんは、初めはただの石ころや。フィールドに出て、他のやつを見て色々な感性に触れてみ? 初心を忘れずにな』
 「……フィールド?」

 いささか抽象的な内容だが、アーリアはどことなく思い当たる場所があった。
 自分で頬をピシピシと叩き、気合充填。
 カバンを持って勢いよく立ち上がる。
 向かう先は東京、六本木だ。
EPISODE4 ネクストスタンダード「六本木のクラブに連れていかれたアーリア。遂にネクストスタンダードの感触を掴む!」
 やって来たのは六本木、某クラブハウス。
 以前からAKINOにこのクラブハウスの話をよく聞かされていたのを思い出し、ドアを開ける。
 ――ズシン。
 最初に飛び込んできた音は、アーリアの心臓を鷲掴みにしていく。
 まるで、巨大なタカに狙われているような重圧だ。

 「これが、六本木のスタンダードなんだ……」
 「ちゃうなぁ……その先を私は見たいんや……新時代を定義する音楽、それを作って欲しい」

 そう言って横から出てきたのは、AKINO。

 「うわっ! なんでいるんですか……」
 「あんたならきっとここに来る、そう思ぅてね!」

 全てお見通しだとでも言うのだろうか。
 アーリアは大きく溜息を吐き、得意げにしているAKINOに問いただしていく。

 「……それで、新時代を定義する音楽っていったいなんなんですか?」
 「うん、つまりやな……次の時代の常識、ネクストスタンダードになる音を創らんといかんのよ。
今のフィールドの常識では使われてへんような……」
 「ネクストスタンダード……?」
 「おっ、ほら、あんたの番が回ってきたで。思いっきりやって、色んなもの掴んできぃや」

 背中を押されるように、アーリアはミキサーの前に立たされる。完全にアウェイだ。
 だが、止まるわけにはいかなかった。
 マイクを手に取り、うねる客衆に向かって叫ぶ。

 「ほわっつあっぷ! アタシはアーリア! 新時代を切り開く天才DIVA! ついてきな!」

 賽は投げられた。熱気は呑んでも呑まれるな。
 ――いいじゃん、いいじゃん、スゲーじゃん。この場を最も盛り上げられるのは、アタシだ!
 流れるように身を任せ、客をコントロールする。
 バックヤードで見ているAKINOと目が合う。

 『なかなか、やるやん』

 声は聞こえなくとも確かに、アーリアにはそう言ってくれたように感じられた。
EPISODE5 六本木を制圧せよ!「アーリアは名実ともにフライなDJになるために、六本木でNo.1を目指す。DJバトルの開始だ!」
 六本木での一件から、ひと月。
 行き詰っていた曲制作は、アーリアが一皮むけ、既存の常識に捕らわれなくなったことと、AKINOの指導が合わさり、順調そのものだった。
 元々曲作りを楽しんでいたこともあり、進化したアーリアの曲は、瞬く間にネットで再生数を稼ぎ、話題になっていった。
 そんなアーリアのもとに、AKINOはある提案を持ち掛けようとしていたのだった。

 「DJバトル?」
 「そうや、名前も売れてきたし、曲の掴みも上手くなってきた。これからあんたには、名実ともにNo.1を目指して欲しい」
 「いちばんかぁ……えへへ……」

 普段から自己評価の高いアーリアも、これまでになく褒められ、気持ちは有頂天に昂ぶる。

 「今のあんたの実力なら、あの戦いに参加してもええ頃合いや」
 「おお……! って、“あの戦い”……?」
 「そいつは行ってみてのお楽しみ。それじゃ、覚悟はえぇね?」
 「お、お~!」

 はぐらかされる内容に若干の緊張を抱きながらも、アーリアの目は輝きの光を灯す。

 「えぇかアーリア、まずは六本木を制圧や!」
EPISODE6 アーリアVS『ウゼン』「六本木のレぺゼンはアーリアとタメの少女ウゼン! 白熱したバトルの結果、勝者はアーリアだ!」
 アーリアは、再び六本木のクラブへ舞い戻った。
 今日こそが、六本木のNo.1を賭けてのDJバトル。だが、アーリアの前に現れたのは……。

 「アンタが挑戦者のアーリア? いいわよ、かかってきなさいな」

 なんと、アーリアと同い年の少女なのであった。
 『ウゼン』、と名乗る彼女とはお互いに近いものを感じ取ったのだろう、すぐさまDJバトルが始まった。
 先行、ウゼンによる得意のゴリゴリな重低音プレイ。
 決してフロアを置き去りにはせず、むしろどこまでも導いていくかのようなウゼンのプレイに場がコントロールされていく。

 「六本木のレペゼンは伊達じゃないのよ!」

 不敵な笑みを浮かべるウゼン。一方、フロアで観戦していたAKINOは彼女に面影を見出す。

 「懐かしい感じがするわ……。これ犯人は……ヤスやな!」

 アーリアはというと、場に呑まれまいと必死でプレイを続けながら、AKINOに言われたある言葉を思い出していた。

 『相手をよく観察するんや。必ず道はあるで』

 ――ガチン。
 アーリアの中で、何かがハマる音がした。

 「な、何が起きているの!?」

 フロアの歓声は、すでに逆転していた。
 アーリアはウゼンのプレイを吸収し、フロアに合わせてリフレクトしていたのだ。

 「そ、そんな……!」

 フロアの歓声が、アーリアの勝利を示していた。
 そうしてDJブースから戻ってきたアーリアは、かなり汗だくで疲弊しきっていた。

 「お疲れさん。でもまだまだ、限界まで出し切ってもらわなあかん。今回どうやった? あいつめっちゃ強かったやろ? でもまだ先があるんや。それをあんたなら分かってもらえると思ってる」

 アーリアは、うなずくのが精一杯だった。
 こうして、アーリア激動の冬は幕を下ろした。
EPISODE7 VS神戸のレぺゼン兄妹「神戸のレぺゼンDJはなんと兄妹! 兄の一郎丸のミクスチャーはイルってるが負けられない!」
 「おはようさん、新しい朝やで」

 そう言ってスタジオに現れたAKINO。
 あの六本木のDJバトルからすでに、ひと月近くの時間が流れていた。

 「六本木はなんとかなったし、次は向こうの島にいこか?」
 「向こうの島……?」
 「これこれ、エキサイティングやで?」

 AKINOが差し出したのは、大阪行きの新幹線切符。

 「えぇー! 関西!? 大阪ですか?」
 「残念、神戸や神戸」

 AKINOはそう言って地図を取り出すと、あるクラブハウスを指さしたのだった。
 かくして、アーリアは神戸へ向かった。
 そこで待っていたのは、神戸No.1のレペゼンとして君臨する兄妹のユニットである。
 先に勝負を仕掛けてきたのは、兄のDJ『一郎丸』。

 「王道は東にあり、西はそれに忍ぶ……そんな毎日もようやく終わりを告げる。輝く俺たちの振音がお前を叩っ斬るでござる!」

 天才ミクスチャーとしての力を遺憾なく発揮し、アーリアからフロアの歓声ウェイトを奪っていく。
 特に和楽器の取り入れ方が絶妙で、アーリア自身すらも気圧されかけるほどであった。
 だが……。

 「私も私なりのミクスチャーにチャレンジしたい!」

 咄嗟にアーリアが行ったのは、曲中にアニメやゲームの台詞を挟むというサブカルミクスチャー。
 予想外の一手で場を沸かせたアーリアは見事、一郎丸相手に大金星を上げる。
 流石にフロアで観戦していたAKINOも

 「これは、勉強になったわ……」

 ……と自分で煽っておきながらも驚きを隠せない。

 「悔しいが……完敗でござる……!」

 アーリアは一郎丸の差し出した手を握り、お互いがお互いをリスペクトし合っていた。
 しかし、そんなアーリアを舞台袖から睨む少女が。

 「兄さんを倒したくらいでいい気にならないでよね」
EPISODE8 アーリアVS『AYA』「一郎丸の妹のAYAはフロウはまるで流れる水だ! だが、アーリアの華麗な繋ぎはそれを上回る!」
 「兄さんを倒したくらいでいい気にならないでよね」

 一郎丸を倒したアーリアの前に現れたのは、一郎丸の妹、DJ『AYA』。

 「本当のNo.1は私。アンタなんかけちょんけちょんにしてあげるんだから」
 「私はここでは止まれないの……終着駅はもっと先よ! 煌めく轟響、見せてあげるわ!」

 神戸DJバトル、第二ラウンドの幕が上がる。
 AYAは非常に精密で繊細なプレイスタイルだった。
 兄の一郎丸が『和』なら、妹のAYAは『洋』。
 クラシックをMIXしたフロウは流麗で、恐ろしく正確で早い音は、会場を沸かせる素晴らしい音楽とパフォーマンスへと変わる。

 「なるほどなぁ……ッ! うん、なるほど……!」

 フロアにいたAKINOと全く同じタイミングで、アーリアはそうつぶやいていた。
 その瞬間、アーリアにはAYAの存在が、まるで自分と被っているかのように見えたのだ。
 一見クールに見える態度とは裏腹に、彼女のサウンドには秘められた熱情が見える。

 「私と同じ、いやそれ以上の熱……!」

 だけど……。
 「私も、負けられない! アナタが熱い心で戦うなら、私はみんなの心まで熱くしてみせる!」

 アーリアは即座に自分が今まで作った曲を繋ぎ合わせると同時に、変拍子にすることでオーディエンスの感情を湧きたてていく!
 結果は……アーリアの勝利!
 湧き立つフロアの中、悔しそうに下唇を噛んでいるAYAの姿が見えた。

 「馬鹿にするならすればええやろ!」

 アーリアを突き放すように睨むAYAだが、その震える手を取り、アーリアは微笑んだ。

 「AYAちゃん! 大事なことを教えてくれてありがとう!」

 呆気にとられるAYA。
 それでも、心は伝わっていたようで。

 「こいつ、な、なにを言うてんねん!」

 AYAは赤面しながらも、アーリアの手を振り払おうとはしなかった。
 こうして、アーリアの名は西日本でも知れ渡っていくこととなった。
EPISODE9 アーリアVS『サマー』「名古屋のレぺゼンDJサマーの音はギャラクシー! デフった相手のトラックにどうするアーリア!? 」
 神戸での激闘から季節も下り、いよいよ夏に。
 西と東でNo.1になったアーリアは、各地で人気も順調に上がりつつあった。
 その結果、同時期にデビューを飾ったあるDJアイドルと人気を二分する状況になったのだ。

 「あの子とDJバトルしてみたいんです、アタシ」

 アーリアは前から考えていたそのDJアイドルについて、AKINOに切り出した。

 「あんたやる気なんやな……。そういうこだわり、えぇよ!」

 AKINOはグッとサムズアップすると、どこからともなく名古屋行きの切符を取り出した。
 アーリアの考えは全てお見通し、という顔である。
 かくして2人は、アーリアにとって最大の壁となるDJ『サマー』のもとへ向かうのだった。
 そして……。

 「サマーはいつでもトリッピン! 日本のレペゼン賭けダンシン! Yeah!」

 名古屋のクラブハウスに入った瞬間、“それ”は夏の台風のようにアーリアに襲い掛かってきた。
 襲い掛かって来たのはもちろんDJサマー。テンション1000%の不思議系天才DJアイドルだ。
 無論、アーリアがサマーのことを把握しているということは、向こうもアーリアを把握している。故に、一触即発。
 いきなり始まったDJバトル。先行のサマーの音は様々な感情が入り乱れ、宇宙のように広大だった。
 おまけにサマーはアーリアの戦い方と瓜二つ、相手の特徴をコピーして上回る天才DJだったのだ。
 次々にコピーされ、サマーの繰り出す広大な宇宙にアーリアが組み込まれていく。
 これでは、為す術も……。

 「……いや、まだだ」

 アーリアとサマー、戦い方は瓜二つだが、全く同じというわけではない。
 アーリアにあって、サマーにないもの、それは。
 サマーの広大な宇宙の中で、アーリアはAKINOの声を聴き取った。

 「音は心を表す、相手に飲まれたらアカン、無我の境地やで! 心を宇宙にするんや!」

 まだ終わりじゃない。
 アーリアは、宇宙空間に足をつけた。
EPISODE10 無我の境地!「完全にゾーンに入ったアーリア! それを見たAKINOは思わず『GOD!』とコールで称える!」
 ――宇宙に、立っていた。
 周りには無数の星屑が散らばり、見渡す限り無限の暗黒空間が広がっている。
 暗い。寒い。怖い。
 けれど。
 声が、聞こえたのである。
 アーリアにとって、とても聞き慣れた声。
 そして、アーリアの道と心を示す声だった。

 「なっ! こいつはジョイント! ここまでドープな宇宙を持ってるなんて……!」

 サマーが創り出した宇宙の法則が乱れていく。
 アーリアは、ひたすらに無心で溢れ出る音の数々を繋ぎ合わせ、会場に立ち込めるオーラを機敏に感じ取り、いつしか彼女の目の前には、自身の生み出す音と心の宇宙が広がっていた。

 「……そうだ。いつしかアタシはプレイスタイルを磨くことに一生懸命になり過ぎていて、大事なことを忘れていた……音楽は『音』を『楽しむ』もの……アタシ自身が楽しまないと!」

 完全にゾーンに入ったアーリアを見て、フロアにいたAKINOは深く拳を握った。

 「来たな、これは確実にGODやね!」

 プレイが終わる頃には会場は熱狂を飛び越え、不思議な一体感に包まれ、むしろ暖かく心地よい空気に包まれていた。
 アーリアの宇宙によって、今このクラブハウスは、このフロアは、完全に1つの集合意識となった。

 「これがアーリア、あなたのユニバース……!」

 サマーは感嘆の息を漏らし、膝をついた。
 アーリアの、完全勝利であった。
EPISODE11 SEE YOU!「アーリアの成長を見届けたAKINOは日本を去る。そして2人は未来のエボルヴを誓ったのだった」
 あれからひと月。
 サマーを打ち破ったアーリアの噂は、ネットを通してたちまち広がっていった。
 三都市の強豪を踏破したアーリアに比肩するプレイヤーはすでにいなくなっていた。

 「プロデューサー、おはようございま~す!」

 今日も彼女は曲を作るためにスタジオにやってくる。
 だが、AKINOの返事はなく、スタジオスタッフもきょとんとした顔でアーリアを見つめている。
 不思議に思ったアーリアはスタジオを見渡し、テーブルの上に置かれた1通の置手紙を見つけた。

 『アーリアへ。改めて、サマーとのDJバトル、お疲れ様。今のあなたはきっと、誰から見ても一人前のSTAR DJね。夢に向かって進むあなたとの日々、自分もたくさんのエネルギーもらいました。これからは自分の道をまた一歩ずつ歩んで、もっと大きくなった姿を見せて欲しい』

 そう、AKINO自身もまた、アーリアの姿を見て大いに奮い立たされていたのだ。

 「プロデューサー……ありがとう」

 そして、手紙の裏をめくると続きのメッセージが。

 『SEE YOU AGAIN! 次会う時はライバルやな。そん時は世界、ニューヨークでエボルヴや!』

 AKINOはまだ、アーリアに負けじと自分を磨き続けている。
 であれば、アーリアがすることはただひとつ。
 故に。
 アーリアは世界を目指して腕を磨いている。
 今、この瞬間も――。



コメント(16)
Twitter

コメント

  • チュウニズムな名無し No.103237248 2018/10/30 (火) 14:39 通報
    最後の最後、「ニューヨークでエボルヴや!」で全部持ってかれた
    5
  • チュウニズムな名無し No.103223382 2018/10/28 (日) 21:43 通報
    普通にキャラが好み
    1
  • チュウニズムな名無し No.103223036 2018/10/28 (日) 21:19 通報
    専用スキル+1でボーナス+7000に増加
    通常譜面じゃ実用性は薄いな…
    返信数 (5)
    0
    • × チュウニズムな名無し No.103225852 2018/10/29 (月) 00:07 通報
      薄いのか…イラスト好みだから専用つけて使いたかった…
      0
      • × チュウニズムな名無し No.103229633 2018/10/29 (月) 14:55 通報
        コースモードオススメします
        0
    • × チュウニズムな名無し No.103225904 2018/10/29 (月) 00:13 通報
      1/2/3/…本を狙う際の最低限必要発動回数
      2/4/6/9/12/15/18/22/26/30
      …あんまり悪くはないと思うんだけどな…
      0
    • × チュウニズムな名無し No.103225928 2018/10/29 (月) 00:15 通報
      ボーナスが下がった代わりに回数制限のなくなったミスディレクションってとこやね
      ミスさえ出さなければ精度に影響されないのが強み
      0
    • × チュウニズムな名無し No.103226393 2018/10/29 (月) 01:05 通報
      +1で+7000なのか。高ノーツ曲を繋げるくらいの腕があれば、ワンチャンありそうだけど、それなりの腕で安定6~7本狙いならミスディレクションとかゼロから、とかの方が使いやすい感じがする。
      0
  • チュウニズムな名無し No.103211996 2018/10/28 (日) 01:58 通報
    えもーいの効果を考えると限界突破との兼ね合いが真実なのかわからなくなりますね🤔
    返信数 (1)
    0
    • × チュウニズムな名無し No.103221801 2018/10/28 (日) 19:42 通報
      アレをまともに使うならRANK25必須だし…
      4
  • チュウニズムな名無し No.103210997 2018/10/28 (日) 00:27 通報
    世界違うけどスザクさんとDJBattleさせてみたい
    6
  • チュウニズムな名無し No.103196135 2018/10/27 (土) 11:28 通報
    唐突な「犯人はヤス」で草
    5
  • チュウニズムな名無し No.103172690 2018/10/25 (木) 22:35 通報
    ゲジブ+9で175%?
    限突+5と並ぶのか?
    返信数 (2)
    1
    • × チュウニズムな名無し No.103172713 2018/10/25 (木) 22:38 通報
      ゲジブは170%の後は+1%だったので現状171%が最大のようです
      2
      • × チュウニズムな名無し No.103173407 2018/10/26 (金) 01:32 通報
        なるほど一定レベル以上のボーナス増加を極端に少なくする代わりに同名スキルを入れられるのか...これならオバジャやジャッジメントの追加もありえるのね
        12
  • チュウニズムな名無し No.103172566 2018/10/25 (木) 22:10 通報
    他のキャラのストーリーに出張し始めたNAOKI
    24

削除すると元に戻すことは出来ません。
よろしいですか?

今後表示しない

名前
コメント(必須)
(300文字まで)

必ず「Gamerch ガイドライン」をご覧の上、書き込みをお願いします。
画像
sage機能

対象コメント

選択項目

詳細

※上記の内容はWiki管理者へ通報されます。

通報完了

通報内容を送信しました

エラー

エラーが発生しました

削除しました。
 このWikiに関するツイート  閉じる
1件の新しいツイートがあります
  • 関連するツイートはありません
 古いTweetをもっと見る   閉じる

このページをシェアしよう!

メニュー  

基本メニュー

設置店舗 (38コメ)

イベント等

お知らせ
10/11楽曲追加 (2コメ)
10/25CHUNITHM AMAZON (335コメ)
11/8課題曲追加
(楽曲公募結果発表) (33コメ)

最終候補曲はこちら

開催中
先着順
ピアノコンサート vol.1
チケット先行販売
11/21 まで 終了間近
超電磁砲コラボ (50コメ)
ポプテピコラボ (95コメ)
君の名は。復刻 (89コメ)
12/05 まで
クエスト「KING OF BAND '18」 (335コメ)
デュエル「煉獄の悪神」 (335コメ)
ガチャ「ぽかぽか温泉いい湯だな♪」 (335コメ)
終了時期不明
音ゲ祭マップ (3コメ)
シリアルコード(イロドリライブ'18) (83コメ)
開催予定
11/21 振替公演
イロドリミドリ2ndライブ
振替公演 (83コメ)

ライブ限定or先行入手キャラ4人

"卒業"も販売(キャラ1人付き)
10月25日 楽曲先行配信
第五回 天下一音ゲ祭 (148コメ)

楽曲情報・攻略

楽曲一覧
追加順
定数順(11以上) (10コメ)
┗ Lv順
 ┗11以上 (1コメ)
 ┗7~10+
 ┗6以下
配信終了 (7コメ)

WORLD’S END (1175コメ)
コースモード (373コメ)

譜面情報ランキング (12コメ)
ノーツが偏った譜面
譜面の長さ (10コメ)
課題曲
長さが偏った譜面 (5コメ)

キャラクター

 キャラ一覧 
無印 (4コメ)
AIR (103コメ)
STAR (21コメ)
AMAZON (1コメ)

 個別ページ ※AMAZONからのキャラ
ep.I ep.EX イロドリミドリ 特定条件(上記以外) コラボキャラ

スキル

スキル一覧 (85コメ)
期間限定スキル (5コメ)
┗ 理論値比較
 ┗ ゲージ4~5本
 ┗ ゲージ6本 (27コメ)
 ┗ ゲージ7本 (1コメ)
 ┗ ゲージ8~10本 (5コメ)
 ┗ 番外 (11コメ)
 ┗ 青天井 (8コメ)
 ┗ 未評価
類似スキル比較 (8コメ)
スキル評価
性能重視 (139コメ)
手間重視 (11コメ)
期間限定 (7コメ)
スキル分類別

称号・マップ・その他

称号一覧 (470コメ)
曲別 (20コメ)
楽曲プレイ称号一覧 (1コメ)
マッチング称号一覧
進行度・他ゲーム連動称号一覧
新規取得不可称号一覧 (10コメ)

ネームプレート (73コメ)

マップ一覧
AMAZON / イロドリ / 言ノ葉 (18コメ)
STAR / ep.∞ (16コメ)
マップボーナス・限界突破 (186コメ)

掲示板

外部リンク

チュウニズム公式サイト
▼ 譜面定数参考元
chunithmfanclub’s diary
▼ 譜面画像参考元
CHUNITHM譜面保管所

wikiメンバー

編集テンプレ スキルincludeリンク
キャラincludeリンク
イベントincludeリンク
wikiガイド
左サイドメニューの編集

サイト内ランキング
雑談 掲示板
CHUNITHM AMAZON情報まとめ
CHUNITHM AMAZON 楽曲一覧(Lv順)
4 足立オウフwwww
5 八咫烏 鋼太郎/慰めの天使
6 八咫烏 鋼太郎
7 称号一覧
8 ポプテピピックコラボイベント
9 CHUNITHM AMAZON マップ一覧
10 CHUNITHM AMAZON キャラクター一覧
goodランキング
ただ、同時に記録出せた時の達成感が半端ない.. 62
本日、[今日もゲーセンに異常はありませんで.. 60
薬要ります? 60
4 今日なんだかんだCHUNITHMやり出してから初め.. 53
5 待ち無しと思って連コした瞬間に人が来たとき.. 52
6 スコアレート自慢警察だ!👮&.. 50
7 待ち無しと思い連コをした瞬間人が来たりて申.. 48
8 店員に報告しとけよ?てか出禁にしてもらえ 37
9 寝ろありがとうな 36
10 混沌をAJしました。異論は認めません。 34
もっと見る
最近の更新

1分まえ

25分まえ

37分まえ

2時間まえ

3時間まえ

4時間まえ

11時間まえ

13時間まえ

14時間まえ

16時間まえ

17時間まえ

新規作成

2018/11/06 (火) 19:54

2018/11/06 (火) 13:15

2018/11/06 (火) 13:13

2018/11/06 (火) 13:11

2018/11/06 (火) 13:09

2018/11/06 (火) 13:07

2018/11/06 (火) 12:57

2018/11/06 (火) 12:54

2018/11/06 (火) 12:51

2018/11/06 (火) 12:43

注目記事
【ましろウィッチ】リセマラ当たりランキング ましろウィッチ攻略wiki
【ブラッククローバー】リセマラ当たりランキング【ブラクロ夢幻の騎士団】 ブラッククローバー夢幻の騎士団攻略wiki
【アサシンクリード】リセマラ当たりランキング【11/21配信】 アサシンクリード リベリオン攻略wiki
【ゆるゲゲ】リセマラ当たりランキング ゆる~いゲゲゲの鬼太郎妖怪ドタバタ大戦争攻略wiki
【アルテイルNEO】最新おすすめデッキレシピ アルテイルNEO攻略wiki
ページ編集 トップへ
コメント 16