アシェル&シメオン

(47)  
最終更新日時:

【キャラ一覧(無印 / AIR / STAR)】【スキル一覧】【マップ一覧

通常裂かれし者達
交錯する刃新世界の礎
Illustrator:MAYA

名前アシェル
年齢5200周期
職業ネメシス代理構成体

名前シメオン
年齢8030周期
職業メインフレーム代理構成体
  • 2017年11月2日追加
  • 天下一音ゲ祭マップ1(5マス)完走で入手。
    ※現在、該当マップは第四回 天下一音ゲ祭対象店舗でなければ進行できないが、入手したキャラやスキルは非対象店舗でも使用可能。
  • 専用スキルを装備することで名前とグラフィックが変化する。
専用スキル名前
嘆きの戦陣アシェル&シメオン/裂かれし者達
双極の一閃アシェル&シメオン/交錯する刃
たましいの場所アシェル&シメオン/新世界の礎

メタヴァースのどこかにある孤児院で兄弟のように育った二人。
いがみ合いつつも穏やかな日々を送っていたが……?
スキル
RANKスキル
1エクストラストーム
5嘆きの戦陣
10双極の一閃
15
25限界突破の証
※以降は天下一音ゲ祭マップで入手
-たましいの場所

  • エクストラストーム [TECHNICAL]
    • CHUNITHM初のゲージ稼ぎが主目的ではないスキル
    • SKILL RESULTがbeatmaniaIIDXにおけるEX SCOREの再現になる*1という性質を利用し、対戦や大会でSKILL RESULTを競い合うのに使用する(公式も明言している)。
    • ゲージ稼ぎとしては10000ノーツ(現時点では存在しない)無いとゲージ5本にすら届かないため、はっきり言って使えないと言っていい。
GRADE効果
初期値J-CRITICAL数 x2
JUSTICE数 x1
ゲーム終了時にボーナス
参考理論値:67200(4本+7200/20k)
[条件:Kattobi KEIKYU Rider[MASTER]]
参考理論値Ω:74532(4本+14532/20k)
[条件:The ether[WORLD'S END「割」]]

  • 嘆きの戦陣 [MANIAC] ※専用スキル
    ※高確率でスコアにマイナスの影響を与えます。
    • 上記エクストラストームに判定難化まで付けたもの。CHUNITHMは音ゲー全体でも判定受付時間が易しい方だと言われているので、エクストラストームでは差がつきにくい状況で使用するのだろうか。
    • 全種類のノート判定が難化するスキルは意外にもこれが初めて。
    • ゲージ稼ぎにはエクストラストームに輪をかけて使えない。MANIACのマップボーナス狙いにしても、専用スキルなので微妙。
GRADE効果
初期値判定が非常に厳しくなる
J-CRITICAL数 x2
JUSTICE数 x1
ゲーム終了時にボーナス
参考理論値:67200(4本+7200/20k)
[条件:Kattobi KEIKYU Rider[MASTER]]
参考理論値Ω:74532(4本+14532/20k)
[条件:The ether[WORLD'S END「割」]]

  • 双極の一閃 [TECHNICAL] ※専用スキル
    • ボーダーエッジが多段階になったようなスキル。ボーダージャッジと比べてMISSにシビアではあるが、JUSTICEはボーナス量に影響しない。FULL COMBOし損ねの保険にもなる。ボーダージャッジ系とは使い分けになるだろうか。FULL COMBO以上が安定するのであれば使いやすいかもしれない。+1における最大ゲージ本数は、MISS1~4回で7本、FULL COMBOで8本、ALL JUSTICEで9本となる。
GRADE効果
初期値達成条件に応じて終了時にボーナス
MISS5回以下 +66000
FULL COMBO +92000
ALL JUSTICE +120000
+1
〃 +67500
〃 +93500
〃 +121500
理論値:181500(9本+1500/30k)

  • たましいの場所 [HARD] ※専用スキル
    • 入手方法:天下一音ゲ祭マップ2を完走
    • 即死系にしてはローリスクローリターンな効果となっている。高い精度でようやくゲージ6本。他に5本用スキルが無い場合のつなぎとして使えなくはない。
GRADE効果
初期値ゲージ上昇UP (175%)
MISS判定50回で強制終了
理論値:105000(6本+3000/24k)
ランクテーブル
12345
スキルスキル
678910
スキル
1112131415
スキル
1617181920
 
2122232425
スキル
STORY
EPISODE1 楽園の緩やかな終焉「人類のゆりかごメタヴァース。楽園は穏やかな統合と終焉を迎えつつあり、管理者たちは選別を始めた」
 人類のゆりかごメタヴァース。かつて人類の窮地を救った電脳の楽園は、自身の拡張と『ネメシス』という侵略者の台頭により、緩やかに終焉へと歩みを進めた。
 メタヴァースの秩序の象徴であり、人類救済を第一の目的とするメインフレームは、拡張による混乱期、そして中央演算機『ORB』破損により、その機能を大幅に縮小させた氷河期を経て、やがて統合を果たし最適化に成功する。
 しかし、その頃メインフレームは長い時を経て、既に管理者としての力を失いつつあった。
 そこへ長らく観測されていなかったネメシスが再び姿を現す。かつての彼らは破壊と暴力、そして世界への憎悪の権化として、メタヴァースを幾度となく破滅に追いやろうとしていた。
 だが統合された世界に現れた彼らは明らかにそれまでとは異なっていた。人と同じ自由な発想、感情、そして葛藤を持つ高次の存在となった彼らは、メタヴァースの一部を自分たちの支配領域とし、もう一つの管理者として君臨した。
 彼らの中で唯一変わらなかったのは、メインフレームにとって相容れることのない敵であるという事実だけだった。
 『秩序』と『自由』。どちらも人類には欠かせない。人類という『種』を守り、育てるのはいったいどちらのゆりかごの護り手なのか?
EPISODE2 アシェルとシメオン「強がりで寂しがり屋のアシェル。穏やかで聡明なシメオン。2人は兄弟のように常に寄り添っていた」
 『アシェル』と『シメオン』。2人は統合されたメタヴァースのある世界で生きる普通の少年たちだった。
 艶やかな黒髪に透きとおるような白い肌のアシェルは、見た目こそ少女に間違えられるような美しさだが、性格は負けん気が強く、そして寂しがり屋の少年だった。
 それに対してシメオンは、アシェルよりも少し年上で、穢れを知らぬ白銀の髪、全てを慈しむ優しさを称え、潤むサファイアの瞳が特徴的な穏やかな少年である。
 アシェルとシメオンには両親はなく、2人は同じ孤児院で兄弟のように育てられた。
 優しく落ち着いたシメオンは、誰からも尊敬され愛されていたが、強がってばかりのアシェルは同じ境遇の子供たちの中でも浮いた存在で、彼はいつも喧嘩ばかりしていた。
 「アシェル……また他の子を殴ったんだって?」
 「アイツらが悪いんだ!僕のことを『女みたい』だなんて言うから!」
 「それはそれは……でもね、アシェル。本当に強くなりたければ力を振りかざすのではなく、優しさで相手を許すことが必要なんだよ」
 シメオンは子供の頃から聡い少年だった。そんな彼をアシェルは慕うのと同時反発もしていた。
 「……優しくなれって、どうすればいいんだよ」
 「簡単なことさ。相手を殴るんじゃなく、抱きしめればいいんだよ……さ、帰ろう?俺も一緒に謝るから」
 「……僕をいつまでも子供扱いすんなよ!」
 アシェルはシメオンに噛みつくが、彼の差し出した手を拒むことは決してなかった。
 2人は昔からこのような関係で、それはこれからもずっと変わらないように思えたのだが……。
EPISODE3 世界崩壊・無慈悲な選定「穏やかな日々は突然崩れた。アシェルは混沌の神に選別され、シメオンと敵対する運命を告げられる」
 アシェルとシメオンは互いに青年となり、孤児院を卒業して小さなアパートで一緒に暮らしていた。
 「アシェル、昨日は随分とうなされていたようだけど? どうしたんだい?」
 「……変な夢を見た」
 アシェルが見た夢というのは真っ暗な闇の中で、謎の声に導かれるというものだった。
 悪夢でうなされるなんて子供のようで普段のアシェルなら、いくらシメオンであっても黙っていただろう。
 だが今日のアシェルは、珍しく素直に兄であるシメオンにこの夢を告げなければという気分だったのだ。
 「……何者かの声に導かれるだって? ……俺もだよ。俺も最近、似たような夢ばかりみるんだ。俺の場合、闇じゃなくて、清浄な光に包まれているんだけど」
 「2人で、似たような夢を見るなんて……あまりいい気分じゃないな」
 何気ない日常の会話。いつも通りのアシェルとシメオン。しかし、次の瞬間彼らの日常は一変する。
 ため息と共に閉じられた双眸が、再び世界の光を捕えようと重い瞼を持ち上げたその時、それまであった穏やかな光を纏った世界は消え失せ、無機質な黒がどこまでも広がる闇だけが広がっていた。
 何が起こったのか、理解できないアシェルへ声が聞こえてくる。
 「選ばれし胞衣の子……種の自由と混沌を取り戻す我らが見初めし進化の象徴……私はネメシス……遠い闇に沈みし滅びの記憶……剣を取るのだ」
 (なっ!? なんだ、この声!? ネメシス? 滅びの記憶? 剣って……いったい何のことだ!)
 しかし闇の中の声はアシェルの質問には答えない。そしてそのまま彼の意識は遠くなっていった……。
 アシェルが目を覚ますと、そこは自分のアパートではなかった。
 「ここは……いったいどこなんだ?」
EPISODE4 変容したシメオン「運命を信じられないアシェルはシメオンの元へ向かう……しかしそこで待っていたのは悲しい現実だった」
 アシェルはなぜか真っ暗な空間に漂っていた。瞬く光は宇宙を彷彿とさせる無限の闇を照らしている。
 「なんだここは……それにこの格好は!?」
 アシェルの服はいつの間にか、漆黒の軍服のような物に変化していて、手には武器が握られていた。
 そして身体の中には、今まで感じたことのない力が溢れているのだった。再び声がアシェルの中へ響き渡る。
 『お前は私たちが選びし代理構成体。この世界と人々の自由を導く最後の希望の欠片。偽りの秩序と、望まぬ進化を司るメインフレームから人々を解放するのだ……』と。
 しかし、アシェルには何のことか理解できなかった。
 「シメオン! どこいる!? 返事をしてくれ」
 「アシェル……」
 「シメオン! 良かった。無事だったんだな!」
 シメオンの声が聞こえ、無事を喜ぶアシェルだったが、ようやくそこで異変に気が付いた。
 闇を照らす眩い光、世界の持つ色が白く染まっていく。
 その中心に、天使のような白い鎧を纏い、手には細身の剣を握っているシメオンがこちらを見据えていた。
 彼の目はいつも春の湖のように優しかったはずだ。だが、目の前にいるその男の瞳は氷のように冷たくアシェルを見つめている。
 「シメオン……どうした? 気分でも悪いのか?」
 アシェルはシメオンの傍に寄る。すると……。
 「……えっ?」
 いきなりシメオンは手にしていた剣でアシェルの右足を切り落としたのだ。
 「うわああああぁぁぁーーッ!?」
 アシェルの悲鳴で、シメオンの瞳が揺らぐ。
 「アシェル!? あ、ああ……どうして! どうして俺がアシェルのことを!? そ、そんな! 馬鹿な!」
 痛みと出血で気が遠くなるアシェルが最後に見たのは、絶叫しながら自分に手を伸ばすシメオンの姿だった。
EPISODE5 シメオンの苦悩「シメオンは自分の精神が侵食されていくことに苦悩した。このままでは彼を殺してしまうだろう……」
 次にアシェルが目を覚ましたのは、見知らぬ天井の建物だった。
 「お、新入りが目を覚ましたようだな!」
 そこは彼の『仲間』だというネメシスプログラムと呼ばれる者たちが活動の拠点とする領域だった。
 「危ないところだったな。メインフレームの代理構成体に襲われているところを何とか助けたんだ」
 「ネメシス……代理構成体……訳が分からない!シメオンはどうして僕を攻撃したんだッ!?」
 アシェルは青年たちから衝撃的な事実を聞かされた。
 メタヴァースと呼ばれるこの世界の歴史……ここは、遥か昔に作られ、種として限界を迎えた人を守護し、進化へと導く超巨大演算回路の中の世界であるということ。
 そしてメタヴァースを司ってきたメインフレームと過去の人類の記憶を引き継ぐネメシス。2つの絶対的な力を持つ者はメタヴァースと人類の未来を賭けて戦争をしているということ。
 また……自分のいた世界は滅び、自分はネメシスの代理構成体、シメオンはメインフレームの代理構成体として選ばれ、共に殺し合う宿命なのだと……。
 (そんな……そんなこと! 信じられるか! 仮に僕とシメオンが共に敵対する管理者に選ばれた存在だとしても、シメオンが僕を殺すはずなんてない!)
 アシェルは優しい兄の思い出を振り返る。だが自分の足を切り落としたのは紛れもなく、兄その人だ。
 「……シメオン」
 アシェルの心は激しく揺れた。

 一方でシメオンは再び訪れるであろう恐れと戦っていた。
 メインフレーム代理構成体として高い適正値を持つシメオン。しかし彼の持つアシェルへの思いは、メインフレームにとって邪魔なものでしかない。
 故に管理者はシメオンの自我を乗っ取りその意識を支配し、冷血な駒の1つへと変えようとしていた。
 このままでは愛しい弟への愛も奪われてしまうのではないか? そしていつか弟をこの手で……。
 「アシェル……俺はどうすれば……!」
EPISODE6 兄の慟哭・弟の悲哀「シメオンとの戦闘を拒否し、アシェルは『元に戻って欲しい』と伝える。弟の言葉にシメオンは涙を流す」
 アシェルを救ったネメシスプログラムたちの言う通り、アシェルはメインフレーム勢力との戦闘を強いられるようになっていた。
 そして戦闘の度にアシェルは自分の中の力が強まっていくのを感じる。
 それも自分がネメシス代理構成体の1人であるということの証拠にも思えた。
 (シメオン……お前もそうだというのか?)
 戦場でシメオンと鉢合わせることはまだなかったが、もしそうなった時に自分はどうするのか?未だアシェルの中で答えは出ていなかった。
 アシェルは迷う心のままに、ネメシスを飛び出し暗い電子の世界を駆ける。そして、いつの間にかシメオンに右足を切り落とされた領域まで来ていた。
 そこで彼は半分は会いたくて、もう半分は会いたくなかった男の姿を発見する。
 「シメオン……」
 シメオンの瞳は、懐かしい春の湖色をしていた。
 「アシェル、この間はごめん。足は、大丈夫かい?……痛かっただろう。本当にごめん」
 「痛かったに決まってるだろう。いきなり足を切り落とされたんだからな……でも、シメオン。最後に見たお前の方が僕よりもずっと痛そうな顔をしていたよ」
 「アシェル……」
 「なあ、シメオン。どうして僕たちはこんなことになってしまったんだ? ……僕は嫌だ。シメオンと戦うなんて……殺し合うなんて、絶対に嫌だ!」
 「俺だって大事な君と戦いたくない。これ以上君を傷つけるなんて恐ろしいことはしたくないんだ!」
 「シメオン……僕たち、もう元には戻れないの?」
 「アシェル……」
 シメオンは震える弟に何か言葉をかけようとしたが、結局何も言えず、ただ彼の肩を抱くしかなかった。
EPISODE7 消えゆく想い「シメオンは管理者からの解放を訴えるが、激怒した管理者は彼の感情を抹消し純粋な兵器へと改造する」
 メタヴァースの中心領域を司る白亜の宇宙、完全を誇る巨大な構造体へ戻ったシメオンは、メインフレームを管理するプログラムたちの元を訪れ懇願する。
 「……お願いします! 俺を代理構成体の立場から解放してください!」
 無機質な顔を浮かべる白亜の天使たちは語りかける。
 「選ばれし人の子よ、心を鎮めるのです。人類の未来を守護する我らメインフレームの代理人としてあなたは混沌の使者を討たなくてはなりません……」
 「俺には力なんていらないんです。それに、人類を守るために戦えだなんて……俺には守りたいものがあるんです!」
 白亜の天使は代わる代わる話を続ける。
 「……引き裂かれしもの。ネメシスはお前が最も傷つくものを選び、我らへの刃とした……滅びの記憶を紡ぐ不完全な過去の記憶の残滓よ」
 「……アシェルのことですか? なぜあの子と会っていたことを……監視していたんですね?」
 1体の天使がゆっくりとシメオンの前へ降りてくる。
 「もはやその身体はお前だけのものではない。この世界に生きるヒト、その全ては我ら秩序の管理者が預かり、楽園へ帰すもの……」
 「シメオン、お前は我らと1つ……過去の残滓は全て討たれなくてはならない」
 天使は右手をシメオンへ向けると、眩い光が視界を覆った。
 シメオンの四肢には輝く光環が現れ、四肢の自由を奪う。
 「な、何を……ッ!」
 「求められし秩序の剣、それは揺れ動く心なき完全無欠の存在……美しいその心、今はしばし眠りにつくがよい……」
 「い、嫌だッ! 俺はアシェルと戦いたくはないッ!……あの子への想いを忘れたくないッ!」
 シメオンは叫んだ。だが、自分の気持ちとは裏腹に、1つ1つ思い出が現れては消えていく。
 心がメインフレームの意志によって乗っ取られていった。
 (……アシェルッ!! 俺はッ!!)
EPISODE8 断ち切る想い「シメオンは容赦なくアシェルを攻撃する。弟は優しい兄はもういないことを身をもって知ることとなった」
 その日、アシェルはネメシス側の仲間と共に、シメオンと約束した場所に向かっていた。
 「……なぁ、アシェル? そのシメオンって奴は、本当に信頼できるのか?」
 「シメオンは僕を裏切らない……絶対に!」
 アシェルはシメオンからメインフレームを脱退すると聞いていた。その彼を仲間として迎えるためにやってきたのだ。
 「シメオンは絶対に約束は守る!」
 「まあ、アシェルがそこまで言うのなら信じるよ」

 アシェルたちが約束の地に辿り着くと、そこには天使のような白亜の鎧を纏ったシメオンの姿があった。
 「やあ、アシェル……よく来てくれたね」
 「シメオン! 無事にメインフレームから抜けることができたんだな! さあ、僕と一緒に行こう!」
 アシェルはシメオンに手を差し伸べる。シメオンは穏やかな笑みを浮かべながらアシェルの手を握ると……。
 「そのことだが……」
 次の瞬間アシェルの片腕は胴から切り離され宙を舞った。
 「――ッ!! ……シメオンッ!?」
 青く輝くその双眸は人ならざる意思を宿しているということがすぐに理解できた。
 「答えは『No』だ……アシェル。『我ら』はメタヴァースの絶対的秩序!混沌をもたらす滅びの使徒よ!貴様らは不要な存在、消えろッ! アシェル!」
 「正気かッ! シ、シメオン……! ぐ、腕が……!」
 「正気だとも。アシェル……せめてお前の命は兄であるこの私がここで絶ってやろう!」
 シメオンは傷つき身動きの取れないアシェルの息を止めるために再び剣を掲げる!
EPISODE9 激化する闘い「過去と自己を失い妄執の従僕と化したシメオン。過去と未練を断ち切ったアシェル。戦いは激化した」
 「アシェル! 危ないッ!」
 シメオンの振り下ろした刃はアシェルを庇った仲間をいとも容易く引き裂き消滅させる。
 「ぐわあああぁっ!?」
 「プログラム風情が私の邪魔をするな!」
 アシェルの仲間を次々と切り捨てたシメオンは、再び彼に向かって剣を構えた。
 「フフフ……お待たせ、アシェル。さあ、私の手によって、終焉を与えてあげよう」
 「シ、シメオン!」
 アシェルの瞳に映る、薄く笑みを浮かべ、自分に刃を振り下ろそうとする目の前の男。それは、かつて自分が最も信頼した愛おしい兄ではないと、彼はようやく実感する。
 「……シメオンッ! 貴様は――ッ!」
 「……さようなら。アシェル」
 その時、シメオンは激しい頭痛に襲われ、細身の剣を取り落とす。
 「ぐ、ぐうう……ア、アシェル……俺は!」
 突如苦しむシメオン。アシェルはこの隙を見逃さず、すかさずその場から撤退する。
 裏切られた想い、瞳から零れ落ちる涙が全ての思い出を否定していくようで、最後に残ったのはただ1つの憎しみだけだった。

 これより長きに渡り、光と闇の兄弟は争い、殺し合うことになる。
 弟は過去と兄への想いを断ち切り、憎悪を得た。
 兄は過去と弟への想いを失い、妄執を得た。

 皮肉なことに2人は戦いを重ねるごとに力を欲し、より互いに強く結びついていく。
 メタヴァースを二分した戦争はより激しさを増し、残されていた数多くの命が失われていくこととなる。
EPISODE10 最終戦争勃発「アシェルとシメオンは最後の戦いへ。それはこの世界の神の座をかけた管理者たちの代理戦争でもあった」
 心を持たぬ完全な兵器でありながらも、アシェルへの歪んだ偏愛の虜囚シメオン。多くを奪いしシメオンへの復讐心を胸に秘め、不完全であるが故に進化を続けた可能性の体現者アシェル。
 2人の兄弟の戦いは、いよいよ最終局面を迎えようとしていた。2人は互いに感じ取っていた……今日がどちらかの終わりの日となることを……。

 2人の戦いが始まった場所、その足が刃を受け、最初の血が流れた地でアシェルはシメオンを待っていた。
 あの時と同じように、目の前を包む光が世界を一瞬だけ照らす。そして、そこにシメオンの姿が浮かび上がる。
 「やあ……アシェル。お前ならきっとここに来ると思っていたよ」
 シメオンを見据え剣を構えるアシェル。
 「ああ、今日が最後だ……シメオンッ!」
 交わす言葉も少なく、劇的な合図もなく、アシェルとシメオンは互いの刃を合わせた。
 あの時とは比べ物にならない力が、その領域を満たすエネルギーを振動させる。
 速度に優れるアシェルがシメオンの防御の及ばぬ攻撃を展開する。しかし、段々とアシェルの勢いは無くなっていく。
 (くそっ! こんな時に、どうして!)
 アシェルの頭の中には、シメオンと過ごした優しい日々がまるで古い映画のように流れていた。
 (忘れたはずだ。そんなものは幻、全て偽りの世界ッ!)
 いつの間にかアシェルの瞳からは涙が流れていた。
 「……シメオンッ!」
 一瞬の隙を逃さぬシメオンの重たい一撃は、アシェルの身体を徐々に蝕んでいく。アシェルの身体にはいくつもの傷が生まれる。
 「――ぐぁッ!」
 シメオンの剣閃がアシェルの剣を宙へと弾く。
 「アシェル……安らかに眠れ!」
 青く光るその剣はアシェルに向かって放たれた。
EPISODE11 シメオンの面影「アシェルの刀を受けたシメオンは心を取り戻す。弟は愛した兄が最期に戻ったと亡骸を抱きながら涙した」
 死を覚悟したアシェルは思わず目を閉じてしまう。そんなアシェルの頬に冷たい何かが落ちてくる。目を開けると、そこには剣を構えたままの姿勢で固まり、血の涙を流すシメオンの姿があった。
 「ア、アアア、アシェル……ワ、われわれ、イや、俺は! 君を、傷つける……力など……!」
 シメオンの震えた手から剣が落ちる。そしてその両手を大きく開いた。その姿を見たアシェルは幼き日の一場面を思い出す。
 『――簡単なことさ。相手を殴るんじゃなく、抱きしめればいいんだよ』
 「アシェル……頼む……もう……終わらせて……」
 その瞳は、懐かしい記憶の底で生き続けるシメオンそのものだった。
 アシェルは覚悟を決め再び剣を構える。
 「……シメオンッ! うわぁぁぁーーッ!!」
 アシェルの剣は真っ直ぐにシメオンの胸を貫いた。
 零れ落ちる吐息、崩れ落ちるシメオンの身体をアシェルは気が付けば抱き止めていた。
 「アシェル……今まですまない。俺は、なんて……情けない……兄だったんだろう」
 「馬鹿を言うな! シメオンは最後まで強かった。昔言ってたじゃないか。強くなるためには優しくなれ、力を振るうのではなくて、抱きしめろって」
 そう、シメオンは愛する弟を救うため、自分の命を捨てた。最後の抱擁はシメオンの強さの証だ。
 「……シメオンは僕の最高の兄さんだよ」
 「ありがとう……アシェル……俺の大切な弟……」
 アシェルの言葉を聞いたシメオンは、穏やかに微笑むと目を閉じた。そうして二度と目を開かなかった。
 「兄さん。一緒に帰ろう、あの頃へ……」
 アシェルは泣きながら兄の亡骸をきつく抱きしめた。
 ――この戦いにより、戦局は大きくネメシス優勢となる。世界は変革の時へと向かって行くのだった。




*1 J-CRITICAL=+2・赤JUSTICE=+1という配点はEX SCOREのPGREAT=+2・GREAT=+1と同じ。

コメント(47)
Twitter

コメント

  • チュウニズムな名無し No.101528486 2017/11/12 (日) 19:40 通報
    何回見ても女にしか見えなくて困惑している
    0
  • チュウニズムな名無し No.101516509 2017/11/11 (土) 00:38 通報
    絵だけ見てたら最初はおねショタかと思った
    返信数 (1)
    2
    • × チュウニズムな名無し No.101517718 2017/11/11 (土) 09:02 通報
      分からなくもない
      2
  • チュウニズムな名無し No.101511313 2017/11/10 (金) 10:30 通報
    まホ壊
    0
  • チュウニズムな名無し No.101506051 2017/11/09 (木) 15:22 通報
    チュウニって判定易しい方なのか…
    返信数 (2)
    0
    • × チュウニズムな名無し No.101507328 2017/11/09 (木) 19:16 通報
      理論値が割と出るくらいには易しい
      3
    • × チュウニズムな名無し No.101519891 2017/11/11 (土) 15:35 通報
      理論値の報告は指とかmaimaiとかグルコスほど多くないけど、割と易しい方だと思う
      判定範囲は金J:赤J:緑:白=33ms:50ms:100ms:見逃し
      らしいから緑が少し厳しいかもしれないけど、コンボ自体は繋がる
      昔のDDRとかこのゲームのレミフラに比べたらまだマシ
      0
  • チュウニズムな名無し No.101493689 2017/11/07 (火) 23:12 通報
    この絵師の絵の感じ、どっかで見たような・・・って思ってたけどアルマの人か!
    返信数 (2)
    0
    • × チュウニズムな名無し No.101493876 2017/11/07 (火) 23:24 通報
      グレン「…」
      0
      • × チュウニズムな名無し No.101498825 2017/11/08 (水) 13:59 通報
        シラー「…」
        0
  • チュウニズムな名無し No.101486995 2017/11/07 (火) 11:16 通報
    弐寺のexscoreとやらに寄せてるってのは分かったが
    わざわざ競うのに使う意味って何?
    普通にスコア競うんじゃあかんのか?
    返信数 (4)
    1
    • × チュウニズムな名無し No.101494760 2017/11/08 (水) 00:41 通報
      スコアだとアタック出してもスコアが少しは入るから、少し余裕があるため緊張感がそこまでない感じ
      それに対してスキルのだとアタック以下全てお断りで、ちょっとのミスも許されない為に緊張感マシマシ
      判定難化で更にマジマシ
      4
    • × チュウニズムな名無し No.101497126 2017/11/08 (水) 10:19 通報
      通常スコアだったらJC:赤J:A=101:100:50なので、ほぼA以下の数によってスコアの優劣が決まります
      それに対してEXスコアだとJC:赤J:A=2:1:0なので、JCを出すことが重要になります
      3
      • × チュウニズムな名無し No.101497165 2017/11/08 (水) 10:26 通報
        例えば1000ノートの譜面で
        P君が赤J10のAJ、Q君が赤J0A1のFCの場合、通常スコアではP君:1,009,900に対しQ君:1,009,490とP君が勝っているのですが、EXスコアではP君:1990に対してQ君:1998とQ君が勝ちます
        このように、通常スコアではまずA以下を減らすことが高得点に繋がるのに対して、EXスコアでは赤Jも減らさないと高得点が出せないことがわかります
        4
    • × 木主 No.101503804 2017/11/09 (木) 02:19 通報
      なるほど。
      つまり精度により重点を置いた競争方法になるってことやな。
      ありがとう。
      0
  • チュウニズムな名無し No.101464748 2017/11/04 (土) 20:46 通報
    ゲージ稼ぎが主目的ではないスキル、ってペンギンのスキルは?
    あれ14予告だよね?
    返信数 (1)
    4
    • × チュウニズムな名無し No.101516757 2017/11/11 (土) 01:26 通報
      それ言ったらスカーレット姉妹のオニ判定スキルもネタだし、やっぱそういうのは例外でしょ
      0
  • チュウニズムな名無し No.101456481 2017/11/03 (金) 20:17 通報
    ストーリーの事全く触れてない人が多くて草
    8
  • チュウニズムな名無し No.101455131 2017/11/03 (金) 16:57 通報
    この人達、男だったのか……
    返信数 (1)
    6
    • × チュウニズムな名無し No.101518912 2017/11/11 (土) 13:03 通報
      同作者のキャラにリヒトっていう中性的なピンク長髪がいるけどやっぱり男
      0
  • チュウニズムな名無し No.101453705 2017/11/03 (金) 12:52 通報
    1
 1 2 次へ ≫ 

削除すると元に戻すことは出来ません。
よろしいですか?

今後表示しない

名前
コメント(必須)
(300文字まで)

必ず「Gamerch ガイドライン」をご覧の上、書き込みをお願いします。
画像
sage機能

対象コメント

選択項目

詳細

※上記の内容はWiki管理者へ通報されます。

通報完了

通報内容を送信しました

エラー

エラーが発生しました

削除しました。
 このWikiに関するツイート  閉じる
1件の新しいツイートがあります
  • 関連するツイートはありません
 古いTweetをもっと見る   閉じる

このページをシェアしよう!

メニュー  

基本メニュー

設置店舗 (32)

イベント等

お知らせ
10/19楽曲追加 (38)
東方コラボ
風神録 (76)
紅魔郷復刻 (266)
妖々夢復刻 (654)
永夜抄復刻 (292)
東方Ex復刻 (136)
クエスト追加 (34)
11/2楽曲追加+課題曲解放 (28)
11/9ゆゆゆコラボ (50)
とらドラ!コラボ (80)

開催中
11/21まで 終了間近(最終日=火曜日)
東方風神録コラボ (76)
東方紅魔郷コラボ復刻 (266)
東方妖々夢コラボ復刻 (654)
東方永夜抄コラボ復刻 (292)
東方Extraコラボ復刻 (136)
11/18~11/26 予選
第四回 天下一音ゲ祭 (110) 
12/6まで
ゆゆゆコラボ (50)
とらドラ!コラボ (80)
2018/1まで毎月
銅像抽選キャンペーン
(関連サイトへ移動)
2018/11/5 23:59まで
シリアルコード(イロドリライブ) (70)

楽曲情報・攻略

楽曲一覧 (0)
追加順 (13)
┗ Lv順
 ┗11以上 (26)
 ┗7~10+ (1)
 ┗6以下 (0)

WORLD’S END (1049)
コースモード (170)

譜面情報ランキング (10)
┗ノーツが偏った譜面譜面の長さ (9)
課題曲 (0)
長さが偏った譜面 (1)

キャラクター

 キャラ一覧 
無印 (4)
AIR (101)
STAR (9)

 個別ページ ※STARからのキャラ
ep.I ep.II イロドリミドリ (0) 言ノ葉Project (0) 特定条件(上記以外) コラボキャラ

スキル

スキル一覧 (62)
期間限定スキル (5)
┗ 理論値比較
 ┗ ゲージ4~5本 (0)
 ┗ ゲージ6~7本 (25)
 ┗ ゲージ8~10本 (0)
 ┗ 番外/青天井 (8)
 ┗ 評価不能 (0)
類似スキル比較 (6)
スキル評価
性能重視 (126)
手間重視 (4)
期間限定 (0)
スキル分類別

称号・マップ・その他

称号一覧 (398)
曲別 (18)
ネームプレート (65)

マップ一覧 (61)
マップボーナス・限界突破 (147)


掲示板

外部リンク

チュウニズム公式サイト
▼ 譜面定数参考元
chunithmfanclub’s diary
▼ 譜面画像参考元
CHUNITHM譜面保管所

wikiメンバー

編集テンプレ スキルincludeリンク (0)
キャラincludeリンク (0)
イベントincludeリンク (0)
wikiガイド
左サイドメニューの編集

サイト内ランキング
雑談 掲示板
結城友奈は勇者であるコラボイベント
CHUNITHM STAR 楽曲一覧(Lv順)
4 天下一音ゲ祭
5 CHUNITHM STAR キャラクター一覧
6 八咫烏 鋼太郎
7 CHUNITHM STAR マップ一覧
8 とらドラ!コラボイベント
9 混沌を越えし我らが神聖なる調律主を讃えよ
10 よくある質問
goodランキング
プリウス(シジョウノコエ)の鳥Sの乗せ方いた.. 67
今日からこれだけどな! 66
筺体にAimeと百円玉をそっと置く 43
4 そんな屁理屈投稿する暇があるならお前こそ1.. 42
5 4台の店でひとりでやってて、曲選んでたら、.. 36
6 今日久しぶりにゲーセン行って、「久しぶりだ.. 33
7 なぜ24時間年中無休でチュウニズムし続けて.. 31
8 そのあとはちゃんと走らせないとな 30
9 スキル名ここまで一回も出てないのにv(゜∀。).. 29
10 はみ出てるじゃないか! 27
もっと見る
最近の更新

15分まえ

1時間まえ

2時間まえ

3時間まえ

11時間まえ

12時間まえ

16時間まえ

18時間まえ

20時間まえ

22時間まえ

新規作成

2017/11/15 (水) 00:11

2017/11/11 (土) 09:51

2017/11/10 (金) 10:29

2017/11/09 (木) 23:59

2017/11/09 (木) 19:23

2017/11/09 (木) 19:21

2017/11/09 (木) 19:09

2017/11/09 (木) 18:58

2017/11/07 (火) 13:45

2017/11/07 (火) 13:42

Wikiランキング
【速報】ミラクルニキ攻略アンテナ
DBZ ドッカンバトル攻略Wikiまとめ【ドラゴンボールZドカバト】
消滅都市2 攻略まとめWiki
4 白猫プロジェクトwiki【白猫攻略wiki】
5 アイマス デレステ攻略まとめwiki【アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ】
6 ブレソル攻略Wikiまとめ【BLEACH Brave Souls】
7 ジョジョの奇妙な冒険 スターダストシューターズ攻略Wiki【ジョジョSS】
8 ポケットモンスターウルトラサン・ムーン攻略Wikiまとめ【ポケモンUSUM】
9 チェインクロニクル攻略・交流Wiki チェンクロ3
10 コトダマ勇者攻略Wiki
注目記事
ドッカンバトル リセマラランキング ドラゴンボールZドッカンバトル
ポケモン ウルトラサンムーン 違い ポケットモンスターウルトラサン/ムーン
白猫 オーバードライブ紅蓮2 白猫プロジェクト
忍ボル リセマラランキング NARUTO X BORUTO 忍者ボルテージ
アズールレーン 明石のお願い 暗号の場所 アズールレーン
ウイコレ フレンドリーマッチ募集掲示板 ウイニングイレブン カードコレクション
オルサガ 魔女の追憶 攻略 オルタンシアサーガ
ミラクルニキ コーデコロッセオ 高得点 ミラクルニキ
FGO おすすめストーリーサーヴァント Fate/Grand Order
モンスト LINE掲示板 モンスト
ページ編集 トップへ